このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000202227
事例作成日
(Creation date)
20220419登録日時
(Registration date)
2022年06月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年07月16日 10時32分
質問
(Question)
1.藩校弘道館での生徒のきまりごと
2.会読の具体的方法
について知りたい。
回答
(Answer)
御質問の件について、以下のとおり回答いたします。

1.「藩校弘道館での生徒のきまりごと」については、次の資料に記載がありました。
(1)『勧興読本』 佐賀市立勧興小学校 2014
  p.91-92 また、生活のきまりとしては、内生寮では、早朝一番の板木をたたく音で起床、二番の板木
       で年長順に講堂に集合、あいさつをすませたら、口すすぎ、かみけずり、そうじをしまし
       た。寝すごしておくれると、三十日間禁足、~
  p.92 ・登下校の途中、目上の人に無礼のないようにする。
      ・家から学館にいくといって、わき道にいかない。
      ・けんかは、いうまでもなくどんなことをいわれても、相手にならない。
      ・わけなく館外へ出ない。・見物など人の多く集まる場所には、行ってはいけない。
      ・休みは、毎月一日・十五日。
      ・冬休みは、十二月二十六日から正月十三日まで。ぼんは、七月十二日から十六日までとす
       る。

(2)『佐賀県史 中巻』 佐賀県史編さん委員会/編 佐賀県 1968
  p.409-410 弘道館における生活は次のようであった。毎朝、卯上刻(午前六時)司堂が警板を鳴ら
        すと館中生は起きて中堂に集まる。司堂が点呼し、都検に挨拶して解散し、口を漱いだ
        り、髪をけずったり、館内の掃除をする。そののち、~
  p.411-412 次に入学後の生徒心得は、天明元年(一七八一)に稽古場の心得として企画されている
        が、『旧藩学校調』によって完成期のものをあげれば次の通りである。
        一、朔望(朔日と十五日)及び五節句には内外生とも礼服を着用し、登校する。~

(3)『佐賀県教育史 第1巻』 佐賀県教育史編さん委員会/編 佐賀県教育委員会 1989
  p.16-17 學則
       一 毎朝卯上刻司堂警板を鳴し館中生員皆中堂ニ集 司堂各生姓名を呼當直の都檢出席の
         上拜して退各盥嗽衣服櫛掃業を習ふ~
  p.18-19 雜式
       ~○門内女出入酒禁制之事 年始五月六日間生徒何も聖堂詣拝仕帳面に姓名相記置候事~
  p.41-42 規則(生徒心得)
       一 出席の面々局長の指揮被相背間敷候事~   

(4)『佐賀市史 第2巻』 佐賀市史編さん委員会/編 佐賀市 1977
  p.457-458 弘道館における生活は次のようであった。毎朝、卯上刻(午前六時)司堂が警板を鳴ら
        すと~
  p.458-459 次に入学後の生徒心得として天明元年(一七八一)九月に「稽古場の心得」として企画
        されたものに
        一、朝六ツ時(午前六時)より五ツ時(午前八時)は経書の講義があるので、~

2.「会読の具体的方法」については、次の資料に記載がありました。
(5)『江戸の読書会』 前田 勉/著 平凡社 2012
  p.46-49 会読にはテキストを読む会読と講ずる会読があるが、ここでは、藩校で一般的に行われてい
       た、講ずる会読である論講について見ておこう。論講は七、八人、多くて一〇人程度の生徒
       が一グループとなり、その日の順番を籤などで決め、~
  p.214-215 佐賀弘道館の難問・奇問

(6)『大隈重信』 大園 隆二郎/著 西日本新聞社 2005
  p.44-45 「返読」までも大半を終了した生徒には複数の人数で読み合う「会読」のグループを作らせ
       た。「会読」のテキストは『小学』から『孟子』『論語』と進むものであった。
       ~「会読」ではこれらについて討論したり、自分の考えを述べたり、先生の話を聴いたりし
       て学習した。今の中学生くらいの年齢のとき、こうした段階に入っていた。人間のあり方に
       ついてよく考えることが行われていた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
九州地方  (219)
教育史.事情  (372)
参考資料
(Reference materials)
(1)『勧興読本』 佐賀市立勧興小学校 2014
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I070835830-00
(2)『佐賀県史 中巻』 佐賀県史編さん委員会/編 佐賀県 1968
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001288295-00
(3)『佐賀県教育史 第1巻』 佐賀県教育史編さん委員会/編 佐賀県教育委員会 1989
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I023428169-00
(4)『佐賀市史 第2巻』 佐賀市史編さん委員会/編 佐賀市 1977
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000040-I001276706-00
(5)『江戸の読書会』 前田 勉/著 平凡社 2012
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023978663-00 , ISBN 9784582842326
(6)『大隈重信』 大園 隆二郎/著 西日本新聞社 2005
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007697397-00 , ISBN 4816706283
キーワード
(Keywords)
弘道館
会読
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000317616解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!