このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
奈良県立図書情報館 (2110012)管理番号
(Control number)
奈県図情22-014
事例作成日
(Creation date)
2022年04月24日登録日時
(Registration date)
2022年06月10日 10時05分更新日時
(Last update)
2022年07月07日 17時23分
質問
(Question)
奈良市中町の葛上神社について。昔の葛上神社には天保時代に建設された籠り所、籠家などと呼ばれる施設のみあり、現代的な拝殿はなかったようだ。そして明治以降、いつからか籠り所を拝殿とするようになったものと思われる。昭和4年ごろ、拝殿新築に合わせて籠り所は移築され、座小屋として再利用され、後に破棄されたようだ。神社に残る図や二つに分割移築したこと等から、籠り所は割り拝殿のような形であったと思われる。
籠り所、籠家とはどのようなもので、どう使われたのか知りたく、資料等あれば教えてほしい。
回答
(Answer)
『神道事典』には、該当項目はございませんでした。

『神道大辞典』には、「籠堂(こもりだう)」という項目があり、「神社又は仏閣に於て信者が参籠するために建てた堂舎をいふ。」と記載がございました。

オンラインデータベース『ジャパンナレッジ』を確認しましたところ、『国史大辞典』の「祭」の項目に「参籠の場所は多くは神祠の拝殿があてられるけれども、特別に建てた精進の籠家(こもりや)に入り、世俗との交流を遮断して潔斎の実をあげようとする。この物忌みは前斎ともいわれ、令制では斎忌を散斎(あらいみ)と致斎(まいみ)とに分け、前者を一ヵ月、後者を三日間と決め、服すべき重要な制戒と定めている。本祭の翌日に施行される裏祭は後祭とも後宴ともよばれる。緊張に明け暮れる本祭から解放された翌日は、祭場をはじめ一切の祭器祭具を神庫へ収納し跡仕末をする。それが済むと、老幼男女こぞって無礼講の祝宴が開かれる。」(抜粋)と記載がございました。(2022/6/10 最終確認)

また、『日本の名随筆 44』には、柳田国男の「祭のさまざま」が収録されており、25~26頁に「それ故に祭の日の前になると、家々は皆外から来る人を断つて、厳重な物忌を守つたのであるが、人が多く集まるとどうしても故障が起りやすい。それで祭に是非働かねばならぬ人だけは、別に離れて住んで何日かの間、謹慎してゐたのであつた。其謹慎の場所を精進屋又は御籠り所とも謂つた。御籠り所は臨時に仮屋を作ることもあれば、特に一軒の民家を清めて使ふこともあり、社務所や帳屋ちやうやといふものを、その為に建てゝ置く所もあるが、此頃ではお宮の拝殿に行つて籠る村が多くなつた。人の職業の為に働く用がふえて来て、おこもりの時間は段々と短くなつてゐる。しかし青年たちが昔の通りに、祭の前夜又は前々夜から、蒲団を持つておこもりに行く村は今でも多い。それは皆祭の物忌を厳重にせんが為である。老人や女たちは、祭の当日の朝のうちから参つて来る。それを日籠ひごもりといふのは、御籠りがもとは夜のものだつたからである。御籠りの人々は皆食物をきれいにこしらへ、神酒を持つて来て、先づ初穂を神に上げて後に、それをめい/\がいたゞき、且つ隣の人々と交換して食べる。つまりは神と人との共同の食事であつて、それが何物にもたとへられない楽しみであり、又いつまでも忘れ難い思ひ出であつたことは、決して私たち少年少女ばかりでは無かつたのである。」(抜粋)との記載がございました。この図書はインターネットの青空文庫(無料の電子図書)で全文を読むことができます。URLは以下のとおりです。
https://www.aozora.gr.jp/cards/001566/files/54830_49770.html (2022/6/10 最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170)
近畿地方  (216)
参考資料
(Reference materials)
平凡社 編 , 平凡社. 神道大辞典 第2巻. 平凡社, 1940.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001644296-00
日本の名随筆 44. 作品社, 1986.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001803138-00 , ISBN 4878939443
キーワード
(Keywords)
葛上神社
御籠り所
籠家
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000317147解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!