このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐川町立図書館 (2400033)管理番号
(Control number)
2022-5
事例作成日
(Creation date)
20170516登録日時
(Registration date)
2022年05月19日 09時24分更新日時
(Last update)
2022年05月19日 16時52分
質問
(Question)
(高知県高岡郡)佐川町出身の歌手・楠木繁夫について。書籍にて「歌手・楠木繁夫は本名・黒田進、生まれは高知県佐川町」とあったが、佐川町のどのあたりの生まれなのか知りたい。※依頼者は「くすきしげお」で問い合わせ
回答
(Answer)
佐川町西町の生まれ

①『緑の地平線に消えた男ー悲劇の歌手 楠木繁夫とその時代』(戸梶良著/講談社出版サービスセンター発行)22Pにあり
②『わが町の人びと』(明神健太郎著/佐川町発行)13Pにあり
③『佐川史談 霧生関』第38号(佐川史談会発行)1P「歌手 楠木繁夫」にあり(②の文章を引用)
回答プロセス
(Answering process)
図書館システムでは「くすきしげお」はヒットせず
インターネットで検索「楠木繁夫(くすのきしげお)」でヒット
ウィキペデイアには、出身・高知県佐川町と記載
県立図書館ホームページにて「楠木繁夫(くすのきしげお)」で検索したところ
「佐川史談 霧生関」38号・39号がヒット
→38号に『わが町の人びと』の引用で「佐川町西町医師黒田龍起の四男として生まれ~」(1P )との記述を確認、
佐川町の図書館システムで「楠木繁夫」を検索『緑の地平線に消えた男ー悲劇の歌手 楠木繁夫とその時代』がヒット
→「高知県高岡郡佐川町西町に、医師黒田龍起、母安の四男として生まれた。」の記述あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『佐川史談 霧生関』第38号
『緑の地平線に消えた男ー悲劇の歌手 楠木繁夫とその時代』(戸梶良著/講談社出版サービスセンター発行), ISBN 487601759X
『わが町の人びと』(明神健太郎著/佐川町発行)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
楠木繁夫 郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000316371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!