このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-22-024
事例作成日
(Creation date)
2022年05月04日登録日時
(Registration date)
2022年05月14日 15時11分更新日時
(Last update)
2022年06月17日 13時59分
質問
(Question)
北海道の土産品でよく見かける木彫りの熊について調べている。長野県には、木彫りの熊の人形はあるのか。
回答
(Answer)
 『松本白樺工芸品業界の歩み』 業界史編纂委員会編 松本白樺工芸連合会 1991 【N750/17】p.3-5に白樺細工の始まりについての記述があり、白樺細工は上高地からの登山者が増えた大正期に、白樺の杖が土産品として人気が出たところが発端とわかる。昭和になって、白樺の丸木を刻んだ登山人形が商品化された。大正8年の農民美術運動で数多くつくられた風俗人形である「木片(こっぱ)人形」の影響を受けたようなことも書かれている。
 p.6-8には、昭和に入って、松本での土産品としてだけでなく、東京の百貨店や文具店などに売り込みをしたり、全国各地の温泉、名所での土産品としての製造を考えていたことが記されている。また、昭和6年ごろには、北海道から台湾までの販売網があったとも書かれている。この頃の販売見本の中に「熊」もあったようだ。また、p.18の昭和10年ごろの白樺細工の写真中に、「北海道向けの白樺木彫品」の写真があり、クマが5種類ほど写っている。
 p.28の戦時下である昭和17年に発行された商品カタログに、木彫動物として、熊16種があげられているという記述があった。p.46には、戦後の様子が書かれており、進駐軍向けの土産として木彫動物も人気があったようで、東京や横須賀で露店販売をしていた記述がある。p.81に、昭和39年度の商品カタログがあり、木彫人形・動物に、熊が26種上っている。p.133の年表昭和8年に、日本アルプス農美販売購買組合により「木彫熊」が米国に初輸出される、とある。

 長野県内の他の地域の木彫には、山本鼎の提唱による農民美術運動で普及した人型の「木片(こっぱ)人形」「ライチョウ」などが多く、熊を取り上げたものは確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 木彫りの熊の人形とのことから、郷土分類N710(長野県の芸術 木彫)の書棚から資料を探す。山本鼎の提唱による農民美術運動に関する記述が多く、特に、古くから伝わる木彫のものというイメージのものはなかった。

2 郷土分類N380(長野県の民俗学)の書棚で探す。

3 郷土分類N750(長野県の伝統工芸)の書棚で探す。『手づくりと郷土玩具』信州郷土史研究会解説・写真 信濃毎日新聞社 1982 【N750/14】には、大正から昭和にかけて、山本鼎の提唱による農民美術運動で普及した人型の「木片人形」「ライチョウ」「ライチョウ鈴」「木曽馬」などが収録されている。このような農民美術関係の資料が多い中、『松本白樺工芸品業界の歩み』に木彫の熊をはじめとする動物があることがわかる。

4 「長野県市町村誌目次情報データベース」【最終確認2022.5.15】で、収録されている県内市町村の誌史類の目次を、「木彫」で検索する。ここでヒットした『長野県史』『上田史誌』『小諸市誌』『茅野市史』『天龍村史』『「白馬の歩み」 白馬村誌』に、「熊」の事例の記載を確認することはできなかった。

5 同じように「農民美術」でも、検索調査する。扱っている題材は「木片人形」「木製小皿」「木製菓子鉢」「木製盆」が主。

6 当館契約の「信濃毎日新聞データベース」で「木彫」「熊」(くま、クマと表記を変えて検索)等を検索すると、2010年11月27日夕刊7面、2013年5月31日夕刊7面ともに、チェーンソーによる木彫の熊の記事があった。どちらも同じ作家の手によるもの。

7 当館の蔵書検索システムで、郷土史を扱う雑誌の記事を「熊」(くま、クマと表記を変えて検索)「美術」「芸術」などで検索したが、関係記事は確認できなかった。

<調査資料>
・『信州の木彫り 農民美術とともに』 中村実著 信濃毎日新聞社2006 【N713/8】
・『白馬の木彫りと農民美術』 丸山庄司編 白馬・山とスキーの総合資料館 2014 【N784/70/4】
・『長野県史 通史編 第8巻』 長野県編 長野県史刊行会 1989 【N209/11-4/8】
・『上田市誌 別巻1総説上田の歴史』 上田市誌編さん委員会編 上田市 2004 【N221/175/29】
・『上田市誌 人物編』 上田市誌編さん委員会編 上田市 2003 【N221/175/28】
・『松本市史 第2巻 歴史編4』 松本市編・刊 1997 【N233/106/2-4】
・川添航.王嘉瑶著 「長野県上田市における『農民美術』の変容と存立構造」
    『地域研究年報』 第43号 2021 筑波大学人文地理学・地誌学研究会 【N290/207/43】
・『信濃民芸風土記』 郷土出版編・刊 1977 【N750/10】
・『信州の木彫り』 尾沢千春著 千春工房 1975【N713/1】
・『信州の伝統工芸』 信濃毎日新聞編・刊 1979 【N750/13】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
木竹工芸  (754 10版)
木彫  (713 10版)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 10版)
参考資料
(Reference materials)
業界史編纂委員会 編 , 松本白樺工芸連合会. 松本白樺工芸品業界の歩み : 長野県指定「伝統的工芸品」に輝く. 松本白樺工芸連合会, 1991.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002173739-00  (【N750/17】)
キーワード
(Keywords)
木彫りの熊
動物人形
白樺細工
土産品
工芸品
信州学
産業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000316189解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!