このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢柳瀬-2022-002
事例作成日
(Creation date)
2021/04/16登録日時
(Registration date)
2022年05月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年05月17日 12時05分
質問
(Question)
ぜんまいの下処理の仕方が載っている本を探している。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
 〇『農家が教えるわが家の農産加工』 農文協/編 農山漁村文化協会 2010年
 〇『おいしく食べる山菜・野草』 高野昭人/監修 世界文化社 2006年
 〇『おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ』 五十嵐透/監修 ナツメ社 2019年
 〇『山菜・野草の食いしん坊図鑑』 松本則行/編著 農山漁村文化協会 2014年
 〇『四季の山菜採り方と食べ方』 成美堂出版 1998年
 〇『山菜&きのこ採り入門』 大作晃一/著 山と溪谷社 2005年
 〇『日本の山菜』 高橋秀男/監修 学研 2003年
 〇『野菜・山菜ハンドブック』 戸澤英男/著 誠文堂新光社 2014年
 〇『よくわかる山菜大図鑑』 今井國勝/著 永岡書店 2007年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『農家が教えるわが家の農産加工』 農文協/編 農山漁村文化協会 2010年
  p.177「山菜の下処理の方法」「山菜の乾燥(ゼンマイ)」の項目に「ゼンマイの乾燥法」についてイラスト付きで記載があります。
 〇『おいしく食べる山菜・野草』 高野昭人/監修 世界文化社 2006年
  p.48「ぜんまい」の項目の「下ごしらえ」に、「あくが強いので、木灰や重曹を用いてあく抜きをします。」と記載があります。
  p.51「ゼンマイのあく抜きと天日干し」に、あく抜きと天日干しの方法について、手順ごとに写真付きで解説されています。
 〇『おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ』 五十嵐透/監修 ナツメ社 2019年
  p.209「ゼンマイ」の項目の「収穫時の処理&保存」に、干しゼンマイの作り方について、手順ごとに写真付きで解説があります。また「干しゼンマイの戻し方と活用」に干しゼンマイの戻し方に関する記載があります。 
 〇『山菜・野草の食いしん坊図鑑』 松本則行/編著 農山漁村文化協会 2014年
  p.56「ゼンマイ」の項目の「食べる部位と食べ方」に「新芽を茹でた後、もみながら干して、それを戻して煮ものや炒めもの、味噌汁の具などにする。また、採取したものを重曹などであく抜きして、ひたしや和えものなどにもできる。」と記載があります。
  p.56「乾燥方法(赤干し)」に干しゼンマイの作り方の手順に関する記載があります。
  p.57「戻し方」に干しゼンマイの戻し方に関する記載があります。
 〇『四季の山菜採り方と食べ方』 成美堂出版 1998年
  p.77「ゼンマイ類」の項目の「山菜グルメ」に、「綿毛をとり、重曹か木灰を加えた熱湯に一晩つけ、さらにゆでて水にさらす。(中略)干す場合は、ゆでたものをもみほぐしながら乾燥させる。」と記載があります。
 〇『山菜&きのこ採り入門』 大作晃一/著 山と溪谷社 2005年
  p.32「ゼンマイ」の項目に「(前略)重曹や木灰を入れた湯でゆで、ふたをしてひと晩置き、流水で洗ってアクを抜く。」と記載があります。 
 〇『日本の山菜』 高橋秀男/監修 学研 2003年
  p.114-115「ゼンマイ」の項目の「食べ方」に「(前略)綿毛を取り除いたあと、熱湯でゆでてあく抜きをし、3日ほど天日干しにする。夕方に取り込むときには繊維を柔らかくするために手でよく揉む。(中略)干しゼンマイは水で洗った後に一晩水に浸け、その後弱火でゆでてもどして利用する。干さないで利用する場合は、灰汁や重曹を使ってあくを抜き、和えものや煮ものにする。」と記載があります。
 〇『野菜・山菜ハンドブック』 戸澤英男/著 誠文堂新光社 2014年
  p.71「33. ゼンマイ」の項目の「保存法」に「長期保存には綿毛やゴミなどを取り除いて洗い、重曹や木灰等を入れ茹でてアク抜きし、数度の手もみをしながら十分に乾燥する。(中略)また、生を塩蔵しても良い。」と記載があります。
 〇『よくわかる山菜大図鑑』 今井國勝/著 永岡書店 2007年
  p.14「ゼンマイ」の項目の「下ごしらえ」に「白色の苞を取って水からゆで、沸騰したら湯を捨てて水を替える。これを繰り返して、3度目は熱いうちにふたをして1晩おく」と記載があります。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
蔬菜園芸  (626 9版)
森林利用.林産物.木材学  (657 9版)
参考資料
(Reference materials)
農家が教えるわが家の農産加工 農文協/編 農山漁村文化協会 2010.9 596 978-4-540-10265-3
おいしく食べる山菜・野草 高野昭人/監修 世界文化社 2006.4 657.86 4-418-06111-8
おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ 五十嵐透/監修 ナツメ社 2019.8 626.9 978-4-8163-6700-7
山菜・野草の食いしん坊図鑑 松本則行/編著 農山漁村文化協会 2014.4 596.37 978-4-540-13157-8
四季の山菜採り方と食べ方 成美堂出版 1998.8 657.86 4-415-00656-6
山菜&きのこ採り入門 大作晃一/著 山と溪谷社 2005.9 657.86 4-635-00755-3
日本の山菜 高橋秀男/監修 学研 2003.4 657.86 4-05-401881-5
野菜・山菜ハンドブック 戸澤英男/著 誠文堂新光社 2014.7 626.036 978-4-416-61467-9
よくわかる山菜大図鑑 今井國勝/著 永岡書店 2007.3 657.86 978-4-522-42435-3
キーワード
(Keywords)
ぜんまい
山菜
下処理
天日干し
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000316172解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!