このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-22-015
事例作成日
(Creation date)
2022年4月9日登録日時
(Registration date)
2022年05月10日 14時43分更新日時
(Last update)
2022年05月20日 20時25分
質問
(Question)
明治11年5月に千曲川の難所を巡視するため、当県を訪れたというアンリードメリルについて書かれた資料はあるか。地域史料に長野県からの「達」の写しがある。
回答
(Answer)
当館所蔵の下記資料を調べたが、明治11年5月に当県を訪れたという、アンリードメリルについて書かれた資料は確認できなかった。
 なお、『長野県史 近代史料編 第7巻 交通・通信』 長野県編 長野県史刊行会 【N209/11-1/7】の
p.716-717 521「明治十一年六月 内務卿宛県権令千曲川開鑿場所測量につき官員派遣方等伺」に、アンレートメルク氏という記述がみられ、問い合わせの人物と思われる。
   (-前略-)神奈川県下横浜港今村松五郎成モノト約定シ、同人ヨリ仏国人同港寄留地百三十拾七番
  館アンレートメルク氏相雇、実地ニ望ミ監視候処果シテ成巧可相成見込ヲ以測量之儀出願セリ(-後
  略-)
とあるように、土木測量関係の技師もしくは、河川改修にかかわる技師かもしれないが、詳細は不明。
長野県立歴史館へも照会したが、関係資料は得られなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 明治11年に来県とあることから、信濃毎日新聞データベースで「アンリードメリル」「外国人」などで検索するがヒットしない。当時、外国人名について表記が現在と異なることも多いと思われたので、「アンリ」もしくは「ヘンリ」、「メリル」などを個々に検索するがヒットしない。

2 明治11年4月25日-6月5日(収録されていた日: 4/25,28,5/1,4,7,10,13,19,22,25,28,6/1,4)の新聞記事の紙面をすべて見ていく。「アンリードメリル」もしくはそれに近い外国人の記事はない。

3 明治初期にお雇い外国人が多く来日していたことから、『資料 御雇外国人』『幕末明治人物研究文献目録』 などを見る。

4 『お雇い外国人 概説』などの参考文献から、政府だけでなく、府県や私的に雇用する外国人がいたことがわかった。これらの参考文献を所蔵資料、国立国会図書館デジタルコレクションなどを活用して確認する。

5 県からの「達」かあったとのことから、長野県報で明治11年5月を中心に布達を調べる。当館所蔵分には、当該資料はない。

6 千曲川の難所見分とのことから、技師と思われたので、千曲川の歴史に関する資料(郷土分類N517)を調べる。

7 利用者に地域を問い合わせ、千曲川下流域とわかる。当該地域だけでなく、その付近も立ち寄っている可能性があるので、県史を含め市町村史誌を調査する。

8 長野県立歴史館に明治期の行政文書を照会するが、関係資料はないとのこと。

<調査資料>
・『資料 御雇外国人』 ユネスコ東アジア文化研究センター編 小学館 1975【210.6/ユネ】
・『幕末明治人物研究文献目録』 日外アソシエーツ編・刊 2010 【281.03/ニチ】
・『お雇い外国人 概説』 梅渓昇著 鹿島研究所出版会 1968 【210.6/132/1】
    p.224-227「府県御雇外国人姓名一覧」
    p.228-236「公私傭入外国人明細表1 明治7年7月-8年6月」
    p.236-253「公私傭入外国人明細表2 明治8年7月-9年6月」
・『お雇い外国人 建築・土木』 梅渓昇著 鹿島出版会 1976 【210.6/132/15】
・「明治文化関係欧米人名録」
   『お雇い外国人 地方文化』重久篤太郎著 鹿島出版会 1976 【210.6/132/14】p.214-261
・「明治文化に寄與せる歐米外人の略歴 総覧表」『明治文化発祥記念誌』大日本文明協会編・刊 1924
    p.3-30(国立国会図書館デジタルコレクション インターネット公開)
・「来日外人一覧表」『近代日本産業技術の西欧化』三枝博音[ほか]著 東洋経済新報社 1960
    p.275 (146コマ)(国立国会図書館デジタルコレクション 参加館公開)
・『明治以後本邦土木と外人』 中村孫一編 土木学会 1942 【510/6】
・『経済主体性講座 第6巻』 有沢広已[ほか]編 中央公論社 1960 【330.8/9/6】
・『日本経済史辞典 下巻』 経済史研究会編 日本評論社 1954 【332.1/19/2】
・『明治文化全集 第16巻』 吉野作造編 日本評論社 1928 【081/20/16】
・『下水内郡誌』 明治文献 1974
      (下水内郡教育会編・刊 1915の復刻)(日本郡誌史料集成 中部地方)【N211/1】
・『長野県史 通史編 第7巻 近代1』 長野県編 長野県史刊行会 1988【N209/11-4/7】
・『栄村史 水内編』 栄村史水内編編集委員会著 栄村 1960 【N211/13/1】
・『栄村誌 歴史編』 栄村誌編纂委員会著 栄村 2022 【N211/91/1】
・『村史ときわ』 宝月圭吾編 常盤村史刊行委員会 1968 【N211/21】
・『歴史の道調査報告書31 千曲川』 長野県教育委員会編
      長野県文化財保護協会 1992(長野県教育委員会編・刊 1991の復刊) 【591.52/ナガ】
・『千曲川の今昔』
      国土交通省北陸地方整備局千曲川工事事務所監修 北陸建設弘済会 2001 【N517/166】
・『信濃の巨流 千曲川』 建設省北陸地方建設局千曲川工事事務所 1993 【N517/106】
・『長野県行政文書目録 行政簿冊1 明治・大正編』 長野県立歴史館編・刊 1994 【N317/183/1】
・『中野市誌 歴史編(後編)』 中野市誌編纂委員会 中野市 1981 【N213/59/3】
・『長野県史通史編 第8巻近代2』 長野県編 長野県史刊行会 1989 【N209/11-4/8】
・『長野市誌 第5巻 歴史編近代1』 長野市誌編さん委員会編 長野市 1997【N212/318/5】
・『豊野町誌 2豊野町の歴史』 豊野町誌刊行委員会編・刊 2000 【N212/18a/2】
・『須坂市史』 須坂市史編纂委員会編 須坂市 1981 【N214/50】
・『須坂市誌 第5巻』 須坂市誌編さん室 須坂市 2016 【N214/119/5】
・『豊田村誌』 江口善次著 豊田村誌刊行会 1963 【N211/19】
・『飯山市誌歴史編 下』飯山市誌編纂専門委員会 飯山市誌編纂委員会1995 【N211/48/2-2】
・『長野県報』明治10年4月から12年4月(欠:多数)
・「信濃毎日新聞データベース」 明治11年(1878年)4月25日-6月5日
(収録されていた日: 4/25, 28, 5/1, 4, 7, 10, 13, 19, 22, 25, 28, 6/1, 4)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 10版)
日本史  (210 10版)
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
長野県/編集 , 長野県. 長野県史 近代史料編 第7巻. 長野県史刊行会, 1981.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005949779-00  (『』 長野県編 長野県史刊行会 【N209/11-1/7】)
キーワード
(Keywords)
アンリードメリル
お雇い外国人
歴史--明治時代
長野県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000316055解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!