このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
春日部市立中央図書館 (2310048)管理番号
(Control number)
中央0057-220508
事例作成日
(Creation date)
2022.5.8登録日時
(Registration date)
2022年05月08日 09時34分更新日時
(Last update)
2022年08月13日 16時27分
質問
(Question)
春日部に昔、競馬場があったのか知りたい。
回答
(Answer)
 春日部史が発行する広報誌『広報かすかべ 2020年10月号』に、
  「身近な歴史ネタ」の一つとして「春日部に競馬場があった!?」との題で説明あり。
市教育委員会文化財保護課・郷土資料館の公式ブログに「広報補足 その2」として、
利用者の質問に回答できる詳述あり。
(1)いつからいつまであったのか
  1940(昭和15)年9月から1947(昭和22)年まで
(2)どこにあったのか
  幸松地区小渕に存在していた
(3)なぜなくなってしまったのか
  売り上げが悪く、熱心に誘致していた浦和に移転された(現在の浦和競馬場)

 当時の状況については所蔵資料『埼玉事始』にも記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1)自館資料を確認。
 「埼玉県史」「春日部史」で地方競馬が始まった昭和初期を中心に確認したが、
 競馬に関する記述は見つからず。「競馬」「埼玉」をキーワードに検索したところ、
 『埼玉事始 さいたまいちばんものがたり』に競馬についての章立てがあり、
 昭和22年に春日部で地方競馬法の裏付けのない所謂「ヤミ競馬」が行われた旨の記述あり(p.133)

2)インターネットで検索。
 「地方競馬」「春日部」をキーワードに検索。市教育委員会文化財保護課・郷土資料館の公式ブログに
 2020年10月21日付で「春日部にあった競馬場(広報補足 その2)」という記事があり、
 春日部市幸松地区小渕にあった競馬場について詳述されている。
 この記事の参考資料『埼玉県競馬史』は自館所蔵なし、県内他図書館にはあり。
https://schit.net/kasukabe/center/blogs/blog_entries/view/220/8f271edf5101cb216e70cb6acb6da694?frame_id=392&msclkid=3537c86ace6811ecbeb37f09061d49ab[ 最終確認日2022.05.08]

3)自館資料(過去の広報誌)を確認。
 上記ブログにて触れられていた『広報かすかべ2020年10月号』のバックナンバーを確認。
 15周年特集記事に「春日部に競馬場があった!?」という記述あり。

 以上を電話にて質問者に回答。ブログに辿りつけるように、
 検索エンジンにキーワード「春日部 競馬」と入力すれば検索結果上位に表示されることを説明。
 『埼玉県競馬史』については、自身で所蔵館(県立図書館など)に問い合わせてみるとのことで、
 いったん終了でよいとのことだった。
 
追記)回答後補足。自館資料をブラウジング。
 『ふるさとさんぽ春日部市』(須賀芳郎/著 1994年)
  幸松編のp6「観音院の裏側で現在の雪印工場辺りまでが、粕壁競馬場として戦前・戦中
  軍馬育成を目的とした競馬が行われていた。」という記述あり。
『春日部市史 第4巻 近現代資料編Ⅱ』(春日部市史編さん室/編 1992年)5030310881
  p104 「61.公認第1回春日部競馬開催」として昭和21年12月11日の埼玉新聞の記事あり
 『新編埼玉県史 資料編26』(埼玉県 1990年)5030089345
  p999「浦和競馬場誕生」の項に春日部競馬場が経営不振に陥り移転に至った経緯の記載あり
 『春日部市史資料 1 新聞資料』(春日部市教育委員会社会教育課文化財係/編 2001年)5030239353
  p73 埼玉新聞の記事あり
  「1.新競馬場は粕壁に本極り」埼玉新聞/昭和18年5月15日 
  「2.復活する競馬 大宮から春日部に移る」同/昭和21年7月7日
  「3.春日部競馬 大宮に移転 馬主代表会議で決議」同/昭和21年12月30日
 『かすかべ豆知識』(春日部市シティセールス広報課/編 春日部市 2014年)
   競馬場について紹介あり
事前調査事項
(Preliminary research)
自身でインターネットで浦和競馬場について調べていたところ、かつて春日部に競馬場が存在していたらしい、という情報を目にした。(浦和競馬場の前進だったのか?地方競馬場の先駆けてだったのか…。)もし存在していたのであれば、①いつからいつまで存在していたのか②場所はどこだったのか③なぜなくなってしまったのかを知りたい。
NDC
相撲.拳闘.競馬  (788)
関東地方  (213)
参考資料
(Reference materials)
東京新聞浦和支局編 , 東京新聞. 埼玉事始 : さいたまいちばんものがたり. さきたま出版会, 1987. (さきたま双書,)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I002930949-00 , ISBN 487891033X (自館請求記号:K049、自館資料番号:5030054786)
田辺一夫 編 , 田辺, 一夫. 埼玉県競馬史. 埼玉県競馬主催者協議会, 1965.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001348009-00
須賀芳郎 著,ふるさとさんぽ春日部市,1994. (当館請求記号 K71.291, 当館資料番号 5030150477)
春日部市シティセールス広報課/編. かすかべ豆知識. 春日部市. (当館請求記号 K71.049, 当館資料番号 5030424393)
キーワード
(Keywords)
競馬
埼玉県
粕壁
春日部
地方競馬
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000315990解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!