このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪総合保育大学・大阪城南女子短期大学附属図書館 (3300038)管理番号
(Control number)
L-2
事例作成日
(Creation date)
2021年10月01日登録日時
(Registration date)
2022年04月22日 18時26分更新日時
(Last update)
2022年05月30日 12時46分
質問
(Question)
東住吉区の湯里は、昔、温泉が出たのか?
回答
(Answer)
以下の文献等により、往古当地は温泉が湧出したとの記述が見つかる。 
■「大阪史蹟辞典」三善貞司編  清文堂出版, 1986年 619ページ <本学資料ID:100001979> 
湯里の項目「・・・湯谷島とも書かれているので、温泉があったとみられる・・」
■「大阪府の地名Ⅰ」(日本歴史地名体系28)平凡社 1986年刊 710ページ <本学資料ID:100001701> より、
「湯屋島村:現東住吉区湯里1-6丁目 ・・往古温泉が噴出したので、村名が生じたという(大阪府全志)・・」
■「角川日本地名大辞典 大阪府」角川日本地名大辞典編纂委員会編 角川書店 1983年 1246ページ<本学資料ID:100000022>より、
「湯里」の項で、「[近代]湯里町:大正14年~昭和53年の町名、はじめ住吉区、昭和18年からは東住吉区の町名。もとは南百済村湯谷島。・・
[近代]湯里:昭和55年~現在の東住吉区の町名・・・」との記載あり。
「湯屋島」の項では、「大和川の右岸に位置する。往古当地は温泉が湧出したと伝え、このことが地名の由来かと記す(全志3)[近世]湯谷島町:江戸期~明治22年の村名・・」[近代]湯谷島:明治22年~大正14年の南百済村の大字名・・大正14年住吉区湯里町になる。」との記載あり。
■「大阪府全志 巻之3」井上正雄著 大阪府全志発行所 大正11年 154ページに以下の記述あり
「大字湯谷島  ・・湯屋島村と呼び、後湯谷島村に作れり。傳へいふ、往古温泉の湧出せし所なりと、盖し村名の起源なるべし。」(本学所蔵なし→国立国会図書館デジタルコレクションで確認)
回答プロセス
(Answering process)
1.NDLサーチで、”湯里”でキーワード検索 → 多数ヒット、うち、JapanKnowledgeの角川日本地名大辞典 ゆざと【湯里】の項目が有用か。
2.本学所蔵の「角川日本地名大辞典」などの二次資料で、”湯里”の事項を確認する。
3.上記の辞典で出典に明記されていた「大阪府全志3」については、本学未所蔵につき、国立国会図書館デジタルコレクションにて、該当ページの記述を確認する。(事後)
事前調査事項
(Preliminary research)
Googleで検索したが、不明とのこと
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
三善 貞司/編. 大阪史蹟辞典. 清文堂, 1986-07.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I053125759-00 , ISBN 9784792423414
日本歴史地名大系 第28巻 (大阪府の地名). 平凡社, 1986.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001777845-00
「角川日本地名大辞典」編纂委員会. 大阪府. 角川書店, 1983. (角川日本地名大辞典 ; 27)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I077725449-00
キーワード
(Keywords)
湯里
大阪市東住吉区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000315358解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!