このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
0001003612
事例作成日
(Creation date)
2021年03月25日登録日時
(Registration date)
2022年03月30日 15時59分更新日時
(Last update)
2022年04月28日 13時18分
質問
(Question)
明治期の漁業で、沖縄の人が台湾方面へ出稼ぎのような形で漁に出ていたというような記録はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料を案内した。


『大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾 これからの東アジアを平和的に生きる道』(又吉 盛清/著 初版 同時代社 2018.1)
pp. 337-389 「第一一章 台湾の沖縄人集落跡を訪ねて」の中に以下の記載がある。
p337 「日本統治時代に形成された沖縄人集落は昭和一〇年代で台湾全島に一三カ所が確認されている。…沖縄人漁民が漁獲時期に来て一定期間滞在して漁撈した馬武窟(現東河)や火焼島(現緑島)・紅頭嶼(現蘭嶼)・小琉球(現琉球嶼)等の四カ所があった。」
p339 「社寮島の沖縄人集落跡は、島の南西側に位置し、…最盛期には、五〇〇余人の沖縄人が居住し、一漁村を形成していた。」
p340 「始めて台湾人に漁撈を教えたのも、この社寮島沖縄人集落の漁民であった。指導に当たったのは、沖縄知念村久高島の内間長三(一九〇一~一九五三)である。」
p341 「久高漁民がこの社寮島に定住するようになったのは、一九〇五年(明治三八)頃である。…その後、台湾の様子が徐々に明らかになってくると、沖縄の糸満・宮古・八重山・平安座から漁民が入ってきて定住するようになったのである。…糸満漁民は久高漁民より早くから台湾近海で漁業を続けていたが、当初は定住することがなく、行き来をしていたのである。」


『沖縄の海人 糸満漁民の歴史と生活』(上田 不二夫/著 沖縄タイムス社 1991.7)
p42-43 「二 台湾出漁と糸満漁業」の中で、「簡単に記せば明治二十八年(一八九五)に台湾が日本の領土になる以前から、台湾北部の基隆地方には糸満・八重山の漁民達がクリ舟で渡ってきて天草を採りにきており、毎年旧正月より六月まで滞在し…」とある。


『糸満市史 資料編12 民俗資料』(糸満市史編集委員会/編 糸満市役所 1991.10)
pp. 88-90 「4)海外の漁場 (1)海外出漁前史」に下記の記載がある。
p88 「現在の台湾(中華民国)方面への出漁は、明治も中期以降に既に記録されている。」
p89 「その上、生産が不安定で、漁業労働の内容が女子向きではないことなど、単身出稼ぎ者が主流で、しかも渡航費の安い南方に集中することになる。」
→台湾方面への出稼ぎについては記載を確認できなかった。


『沖縄県農林水産行政史 水産業資料編I 第17巻』(沖縄県農林水産行政史編集委員会/編 農林統計協会 1983.3
pp. 18-24 「第八 漁村の状態」に下記の記載がある。
p20 「久高島」の項目に「…明治八年以来支那通交の断絶せられるより遂に漁業に転したるものにして常に八重山群島台湾及大島列島に出稼し偏に潜水業をなし…而して本島民は所々に出稼をなすを以て旧正月を終れば島内に一人の男子の残存するなく或は台湾に採藻業をなし…」。


『地割制度残存の島[抜刷] 沖縄県島尻郡知念村久高島からの移民』(石川 友紀/[著] 福武書店 1982.3)
pp. 164-166 「(1)久高島からの漁業移住」に下記の記載がある。
p164 「第2表 行先地方別男女別久高島からの移住者数(1935年)」が掲載されている。表中に地方別の項目で台湾があり、その人数と備考には「孝夫・基隆・南方澳・花蓮港・新港・台東・馬武窟」。
p165 「久高島から遠い所では、…台湾へ出かけた者が相当数見られた。…台湾への移住者は48人で19.8%をも占めた。…台湾は高雄・基隆・花蓮港・台東など漁港に居住していた。」「1935年度の島の人口動態について「男子は老年少年のほか、出漁のために春から秋にかけて、八重山・台湾へ行く。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾 これからの東アジアを平和的に生きる道 又吉盛清/著 初版 同時代社 2018.1, ISBN 978-4-88683-831-5
沖縄の海人 糸満漁民の歴史と生活 上田 不二夫/著 沖縄タイムス社 1991.7(タイムス選書2 7) (p42-43)
糸満市史 資料編12 民俗資料 糸満市史編集委員会/編 糸満市役所 1991.10 (p88-90)
沖縄県農林水産行政史 水産業資料編I 第17巻 沖縄県農林水産行政史編集委員会/編 農林統計協会 1983.3 (p20)
地割制度残存の島[抜刷] 沖縄県島尻郡知念村久高島からの移民 石川 友紀/[著] 福武書店 1982.3 [抜刷] (p164-165)
キーワード
(Keywords)
漁業
台湾
出稼ぎ
漁民
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000314337解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!