このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr796
事例作成日
(Creation date)
2022年3月8日登録日時
(Registration date)
2022年03月26日 16時47分更新日時
(Last update)
2022年11月30日 11時08分
質問
(Question)
幕末の宇都宮で活躍した絵師・菊地愛山の紹介を知りたい。
回答
(Answer)
菩提寺である一向寺(宇都宮市)の碑文に生涯が記されているそうです。
以下の資料に記述を確認しました。

・『行餘芸談 創刊号』(喫茶芸談会幹事・事務局員/編、発行 1984)
p.97-102 木村光男/著「宇都宮の画人-菊地愛山の生いたち-」
一向寺にある菊地愛山翁寿碣碑銘についての記述があります。碑文に記されている愛山の生い立ち、画技、嗜好等についてまとめられています。

・『行餘芸談 第15号 野中退蔵先生論文・随想集』(喫茶芸談会/編、発行 1998)
p.60-61「(六)菊地愛山」の項があります。
一向寺の過去帳や、戸田香園の記した上記寿碑の内容についての記述があります。

・『栃木県歴史人物事典』(栃木県歴史人物事典編纂委員会/編 下野新聞社 1995)
p.218「菊地 愛山」(上野 憲示/著)の項があります。
菊地愛山の略歴がまとめられており、前出2点の資料が出典とされています。

・『宇都宮市史』(田代善吉/著 下野史談会 1928)
p.329-330「第六編 著名碑文  〇菊地愛山翁寿碣碑」の項があり、碑文の翻刻が掲載されています。

・『下野の画人とその代表作』(野中退蔵/著、発行 1965)
p.133「菊地愛山略伝」に生まれから没するまでの略歴があります。『行餘藝談第15号』と同内容です。
p.137-151「愛山の代表作」の項には代表作の解説と作品(モノクロ)があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
菊地愛山
菊池愛山
絵師
画家
画人
文人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000314115解決/未解決
(Resolved / Unresolved)

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!