このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2021-084
事例作成日
(Creation date)
2021年07月04日登録日時
(Registration date)
2022年02月18日 16時00分更新日時
(Last update)
2022年06月29日 16時16分
質問
(Question)
死亡診断書の歴史について知りたい。
回答
(Answer)
以下の情報を紹介した。

《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構)
 内ヶ崎西作[ほか]著「死亡診断書(死体検案書)について」(『日大医学雑誌 78巻2号』p65-70 日本大学医学会 2019.4  https://doi.org/10.4264/numa.78.2_65
 p66「死亡診断書(死体検案書)の歴史」に、「明治7(1874)年に治療中の患者の死と死因やその経過を医師が「患者死去届」という証明書を作成して届け出る制度が施行された(医制第45条)」とあり、その後の歴史についても記述あり。

《インナビネット》( https://www.innervision.co.jp/  株式会社インナービジョン)
 江崎治朗著「2 わが国の死因究明制度の沿革」(『月刊インナービジョン 2018年1月号』 インナービジョン 2018.1  https://www.innervision.co.jp/ressources/pdf/innervision2018/iv201801_004.pdf
 「医師が患者の死を書類で証明するという概念は明治7(1874)年の医制に遡る。その後、明治30年代までに、現行制度を構成する基本的な要素が順次整備された。」とあり、死亡診断書の歴史について記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を調べる。

2 自館目録を〈フルテキスト:診断書 & NDC分類〈49〉〉で検索する。

3 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈診断書 & 歴史〉〈医制 & 診断書〉〈江戸時代 & 診断書〉で検索する。

4 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈診断書 & 歴史〉〈診断書 & 沿革〉〈診断書 & 医制〉〈医師法 & 診断書〉で検索する。

5 医事法制資料を調べる。

6 医学史関係資料を調べる。

7 自館目録を〈医制〉で検索する。


ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2022年2月18日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
医学-日本-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000312232解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!