このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
0000002117
事例作成日
(Creation date)
2021年07月29日登録日時
(Registration date)
2022年01月26日 16時06分更新日時
(Last update)
2022年01月26日 17時33分
質問
(Question)
『木地師制度の研究』等を著した杉本壽(あるいは杉本寿)の経歴を知りたい。福井新聞社関連での文化賞等は授賞はしていない模様。
回答
(Answer)
当館蔵書等により、下記経歴が判明しましたが、まとまった経歴がわかる資料は確認できませんでした。

1909年(明治42年)3月28日生
(年不詳)、立命館大卒業
1937年(昭和12)頃、福井県庁林務課勤務
1938年(昭和13)頃~1939年(昭和14)頃、陸軍所属
1949年(昭和24)頃~1974年(昭和49)頃まで、福井大学勤務(助教授)
1965年、農学博士(京都大学)
1977年(昭和52)6月~(終期不明)、織田町文化研究会会長
1978年頃、文部省文化財保護委員会主任調査員(轆轤師担当)、織田町文化財保護委員会委員長
1991年頃、日本木地師学会会長
1997年歿


人物評や没年(1997年)、役職等がわかる資料は下記の通りです。

『福井県人物・人材情報リスト 1998』日外アソシエーツ 1998年 p138に項あり。(なお、本書2000年版以降には「杉本寿(壽)」なし。)
『現代日本執筆者大事典 第3巻』日外アソシエーツ 1978年 p29に項あり。(なお、他年度版の「現代日本執筆者大事典」には「杉本寿(壽)」なし。)
上記2冊とも、著作以外の記載はほぼ下記の通り。ほか、住所記載もあり。”杉本 寿 すぎもと・ひさし 法経済学 明治42年3月28日生 京都大学大学院農学修了 仏教大学教授”
ただし、上記2冊に記載のある”仏教大学教授”ですが、「全国大学職員録」には記載がありませんでした。

『轆轤師と落人伝説』平野治和∥著 新人物往来社 1995年 p11-29
・・・「序章」に杉本壽の人物評等多数記載あり。p13”林野庁で山の仕事をしていた”、昭和29年当時”45歳、気鋭の民族学者で福井大学教授であった杉本は、文部省文化財保護委員会調査委員としての仕事を兼ねて(中略)この村まで調査に来た”、「あとがき」p387より84歳(生年より1993年頃と推測)当時健在である旨記載あり。
ただし、”林野庁で山の仕事をしていた”ことを裏付ける資料は確認できませんでした。

『木地師支配制度の研究』杉本壽∥著 ミネルヴァ書房 2008年 奥付に”杉本壽(すぎもと・ひさし) 1909年生まれ。農学博士(1965年.京都大学)。元福井大学教育学部助教授。1997年歿。”と記載あり。経歴について、前述以上の記載は無し。

『現代につながる「太平記」の世界』山地悠一郎∥著 清水光文堂 1991年 p7に”日本木地師学会会長 経済学博士”と記載あり。

●1937年(昭和12)頃、福井県庁林務課勤務を明記した論文あり。本論文は、J-STAGEで公開。
杉本壽,山村經濟に於ける「出作制度」の位置,日本林學會誌 19(9) 1937 p.370-380

●1938年(昭和13)頃~1939年(昭和14)頃、陸軍の所属部隊名等を明記した論文3点あり。すべてJ-STAGEで公開。

●1940年(昭和15)~1948年(昭和23)頃、所在地名(国外→国内)と著者名、あるいは著者名のみ記載の論文複数あり。すべてJ-STAGEで公開。

●1949年(昭和24)頃~1974年(昭和49)頃まで、福井大学勤務(助教授)/根拠資料は以下の通り
 論文「越前古窯の研究(国立福井大学学芸学部・農林経済研究室叢書 第20輯)」(1949.11)
 ・・・「全国大学職員録」昭和37年版~昭和49年版では、福井大学勤務時すべて”助教授”と記載されていました。昭和50年版~平成9年版までの人名索引をみましたが、”杉本壽”の記載はありませんでした。なお、「全国短大・高専職員録」は未調査です。

●1977年(昭和52)6月~(終期不明)、織田町文化研究会会長/根拠資料は以下の通り
 『越前』杉本寿∥著 保育社 1978年 奥付に、”文部省文化財保護委員会主任調査員(轆轤師担当)、織田町文化財保護委員会委員長、織田町文化研究会会長”と記載あり。
 『延喜式内社剣神社と織田甕』杉本壽∥編 織田町文化研究会 1980年 序より、昭和52年「古窯の里づくり」指定後、3年にわたり織田焼の調査研究事業を行ってきた旨記載あり。
 『織田町50年のあゆみ』織田町企画振興課∥編 織田町2002年 p75,78より、1977年(昭和52)6月に、織田に古窯の里を作ろうと織田町文化研究会(杉本寿会長)が発足した旨記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1)人物事典やOPACをざっとしらべて2資料紹介。2冊とも、著作以外の経歴記載はほぼ同じ。デジタルアーカイブ福井(福井新聞記事)もなし。
『福井県人物・人材情報リスト 1998』日外アソシエーツ∥編 日外アソシエーツ 1998年p138
『現代日本執筆者大事典 第3巻』日外アソシエーツ 1978年 p29

(2)大学職員録や著作、関連資料を再調査
『轆轤師と落人伝説』平野治和∥著 新人物往来社 1995年・・・人物評等の記載あり。

『木地師支配制度の研究』杉本壽∥著 ミネルヴァ書房 2008年 奥付に没年(1997年)と博士学位の取得年(1965年)記載あり。

↑没年が分かったので、「若越郷土研究」に多数寄稿されていた縁で、1997-1997年編集後記で追悼文がないかと見てみるが、見当たらず。

『越前』杉本寿∥著 保育社 1978年 ・・・奥付に、”文部省文化財保護委員会主任調査員(轆轤師担当)、織田町文化財保護委員会委員長、織田町文化研究会会長”と記載あり。

『越前国織田荘剱大明神誌』杉本寿∥編 安田書店 1988年 p13序文末尾に”昭和63年3月20日 織田町文化財保護委員会委員長 杉本壽”と記載あり。

『延喜式内社剣神社と織田甕』杉本壽∥編 織田町文化研究会 1980年・・・序文より、昭和52年「古窯の里づくり」指定後、3年にわたり織田焼の調査研究事業を行ってきた旨記載あり。

『織田町50年のあゆみ』織田町企画振興課∥編 織田町2002年 p75,78より、1977年(昭和52)6月に”織田に古窯の里を作ろうと織田町文化研究会が発足しました”と記載あり。

『全国大学職員録. 昭和29年度版』(広潤社 1954年)”福井大学学芸学部欄に”杉本寿”は無いが、p145”助教 文 橋本壽 立命大 農業”と記載あり。誤字の可能性大。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9577305

『全国大学職員録. 昭和34年版』(広潤社 1959年)p159”福井大学学芸学部”欄に、”助教授 文学士 杉本寿 立命館大 林学・農業経済学”と記載あり。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9577307

『全国大学職員録. 昭和42年版』(広潤社 1967年)p273”福井大学教育学部”欄に、”助教授 京大農博 杉本寿 明42 立命館大 農業”と記載あり。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9577313

『全国大学職員録』昭和37年版~昭和49年版では、福井大学奉職時すべて”助教授”と記載されていた。昭和50年版~平成9年版までの人名索引をみるが”杉本壽”の記載はなし。

「越前古窯の研究(国立福井大学学芸学部・農林経済研究室叢書 第20輯)」(1949.11)福井大学勤務と明記はされていない。

(3)国会サーチ・J-STAGE論文を調査
杉本壽,山村經濟に於ける「出作制度」の位置,日本林學會誌 19(9) 1937 p.370-380・・・”福井懸廳林務課 杉本壽”と記載あり。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjf ■934/19/9/19_9_370/_pdf/-char/ja
↑上記資料をうけて、福井県職員録を調べるが、昭和12年前後の職員録の所蔵なし(デジタルアーカイブ福井含む)。「福井県職員録 昭和15年8月1日現在」の林務課欄に”杉本壽の記載なし。

杉本 壽,華北林業概論[第一稿],日本林學會誌 20(11) 1938 p.637-644・・・”大阪金岡陸軍病院病棟内 杉本壽”と記載あり。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs1934/20/11/20_11_637/_pdf/-char/ja

杉本 壽,華北林業概論(第2報),日本林學會誌 21(1) 1939-01-10 p.13-26・・・”鯖江歩兵第三六聯隊第三中隊 杉本壽””昭和13年11月22日(おそらく論文受理日)””11月7日附を以て原隊復歸”と記載あり。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs1934/21/1/21_1_13/_pdf/-char/ja

杉本 壽,河南地方林業概観と其の建設的林業政策攷,日本林學會誌 21(8) 1939-08-10 p.458-465・・・”北支派遣軍杉山部隊 杉山壽”と記載あり。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfs1934/21/8/21_8_458/_pdf/-char/ja

以降、1940-1948年発表の論文・著作は、著者名と所在地名(国外→国内)、あるいは著者名のみの記載。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000311199解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!