このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000202161
事例作成日
(Creation date)
20211120登録日時
(Registration date)
2022年01月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年01月23日 15時10分
質問
(Question)
江戸時代、佐賀藩が東京に設置した品川台場の地図(古地図含む)や絵図が見たい。
回答
(Answer)
次の資料に記載がありました。
(1)『品川台場史考』 佐藤 正夫/著 理工学社 1997
 p.34 図1・42 江戸湾に築造された台場・砲台
 p.80 図2・26 内海五箇所御臺場石垣直箇所絵図面(港区立みなと図書館蔵)
 p.82 図2・28 『東京府志料』(明治5年刊)から作成した東京湾の澪筋
 p.84 図2・31 品川台場付近の東京湾平面図(昭和33年7月当時)
     図2・32 内海御台場本芝ヨリ品川宿マデ海岸圖(『陸軍歴史』より)※(4)と同じ
 p.85 図2・33 明治13年頃の品川台場周辺実測図
 p.86 図2・36 「江戸品川御臺場仕様図」(東京都立中央図書館東京文庫所蔵)にみる台場の配置
 p.87 図2・37 資料にみる品川台場の辺延長比較
 p.89-91 図2・39(その1)-(その3)『陸軍歴史』所蔵の品川台場平面図

(2)『江戸のなりたち 3』 追川 吉生/著 新泉社 2008
 p.135 図80 内海御台場の位置

(3)『東京湾・台場』 石田 進/著 批評社 2013
 p.55 図2 品川台場当初計画
 p.59 図3 品川台場の明治25年現況図

(4)『江戸湾海防史』 淺川 道夫/著 錦正社 2010
 p.105 図21 品川台場の配列図

(5)『江戸湾防備と品川御台場』 品川区立品川歴史館/編 岩田書院 2014
 p.99 品川御台場配置図
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されている『安政改正御江戸大絵図』に載っていると個人ブログ・サイトで見たが、確認できなかった。
NDC
九州地方  (219)
参考資料
(Reference materials)
(1)佐藤正夫 著 , 佐藤, 正夫, 1933-. 品川台場史考 : 幕末から現代まで. 理工学社, 1997.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002652031-00 , ISBN 4844591088
(2)追川吉生 著 , 追川, 吉生, 1971-. 江戸のなりたち 3(江戸のライフライン). 新泉社, 2008.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009314009-00 , ISBN 9784787708014
(3)石田進 著 , 石田, 進, 1933-. 東京湾・台場 : その歴史と現認レポート. 批評社, 2013.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024999016-00 , ISBN 9784826505871
(4)淺川道夫 著 , 淺川, 道夫. 江戸湾海防史. 錦正社, 2010.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011059446-00 , ISBN 9784764603325
(5)品川区立品川歴史館 編 , 品川歴史館 (東京都品川区立). 江戸湾防備と品川御台場. 岩田書院, 2014. (岩田書院ブックレット ; 歴史考古学系 H-17)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025363450-00 , ISBN 9784872948462
キーワード
(Keywords)
品川台場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000311045解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!