このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
地-210018
事例作成日
(Creation date)
2021年11月9日登録日時
(Registration date)
2022年01月20日 14時13分更新日時
(Last update)
2022年01月20日 16時11分
質問
(Question)
明治18年、横浜海岸通り16番のデッケンス兄弟商会に雇われた日本人の一団が神奈川県人・大沢延太郎に引率されて「手芸博覧会」として米国各地を巡業し翌19年11月に帰国している。

(1)デッケンス兄弟商会とはどういう会社なのか
(2)「手芸博覧会」とその一行のことについて
(3)当時の海岸通り16番とは現在の住所でどこに当るのか

この一行の中に秋田三七がおり、彼は『江戸名所図会』で有名な斎藤月岑の実子(斎藤松之助)の義兄にあたる。明治30年に三七と松之助は再度渡米している。

(4)明治末か大正初めに斎藤松之助だけ帰国して横浜で陶器商を始めたというがヒントになる資料はないか

以上、4点について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

(1)デッケンス兄弟商会とはどういう会社なのか
・『幕末明治在日外国人・機関名鑑』(全48巻)』ゆまに書房 1997 
戦前に横浜などの開港場で発行された「ジャパン・ディレクトリー」と呼ばれる在日外国人・機関について英文で書かれた年鑑で、1861年~1912年版の復刻。
「Deakin Brothers & Co.」については、下記の巻に記載がある。
・第6巻(1884年) 
「Yokohama Directory」中、p.29「16 Jiu-roku-ban. Deakin Brothers & Co. Curio Dealers.」
・第7巻(1885年)
「Yokohama Directory」中、p.29「16 Jiu-roku-ban. Deakin Brothers & Co. Curio Dealers.」
・第8巻(1886年)
「Yokohama Directory」中、p.105「16 Jiu-roku-ban. DEAKIN BROTHERS & CO. Curio Dealers.」
・第9巻(1887年)
「Yokohama Directory」中、p.66「16 Jiu-roku-ban. (中略) DEAKIN BROTHERS & CO. Curio Dealers.」
・第10巻(1888年)
「Yokohama Directory」中、p.68-69「16 Jiu-roku-ban. (中略) DEAKIN BROTHERS & CO. Curio Dealers.」
・第11巻(1889年)
「Yokohama Directory」中、p.77「16 Jiu-roku-ban. (中略) DEAKIN BROTHERS & CO. Curio Dealers.」
・第12巻(1890年)
「Yokohama Directory」中、p.87「16(Bund) Jiu-roku-ban. DEAKIN BROTHERS & CO. Curio Dealers.」
・第13巻(1891年)
「Yokohama Directory」中、p.82「Jiu-roku-ban. 16(Bund) and the Grand Hotel,Limited. DEAKIN BROTHERS & CO.,LIMITED. Fine Art Goods.」
・第14巻(1892年)
「Yokohama Directory」中、p.82「Jiu-roku-ban. 16(Bund) and the Grand Hotel,Limited. DEAKIN BROTHERS & CO.,LIMITED. Fine Art Goods.」
・第15巻(1893年)
「Yokohama Directory」中、p.86「38,Water Street DEAKIN BROTHERS & CO.,LIMITED. Fine Art Goods.」
・第16巻(1894年)
「Yokohama Directory」中、p.85「38 San-jiu-hachi-ban. DEAKIN BROTHERS & CO.,LIMITED. Fine Art Goods.」
・第17巻(1895年)
「Yokohama Directory」中、p.88「38 DEAKIN BROS. & CO.,LIMITED,IN LIQUIDATION. Fine Art Goods.」
これらにより、骨董商(美術商)を営み、1895年には清算に入っていたことがわかる。

・『横濱貿易捷徑』横浜郷土研究会 1995 
明治26(1893)年11月に横浜貿易新聞社より発行されたものの影印復刻。
p.101-185に「外国商館之部」が立項されており、p.118に「三十八番館 デキン商会 日本美術工芸品販売業」と記載されている。

また、国立国会図書館デジタルコレクションにてインターネット公開されている『日本紳士録 第1版』交詢社 明22(1889)によると、「THE TOKYO AND YOKOHAMA  DIRECTORY」の「D」の項に、「デーキン兄弟商会 横浜十六」とあるのが確認できる。(コマ番号:406)

質問の表記とは異なるが、地番は一致するため、「デッケンス」のほか「デキン」「デーキン」「ディーキン」等でも調査したところ、下記の資料が見つかった。

・『近代横浜の輸出陶磁器 日本文化を絵付けの技で伝えた人々』近藤裕美著 里文出版 2018 
p.190-191に「ディーキン兄弟商会」が立項されており、p.191に「ディーキン兄弟は1871年、サクラメント通り638、後にサンフランシスコ、NO4モンゴメリー、アンダー、パレスホテルにて会社(?)を設立。1884年に横浜にディーキン兄弟商会を設立した。」、「1892年1月26日、ニューヨークのアメリカン・アートギャラリーにおいて、ディーキン兄弟商会が所有していた日本の陶器(真葛香山、並河靖之)、ブロンズ、エナメル、漆器、象牙の彫刻、刀、刀剣拵、キャビネット、刺繍、屏風などを展示、販売した。」などの記述がある。

(2)「手芸博覧会」とその一行のことについて
・『近代横浜の輸出陶磁器 日本文化を絵付けの技で伝えた人々』近藤裕美著 里文出版 2018 
ディーキン兄弟商会に関連して、p.191に「後に加わったハリー・ディーキンは有名な劇場のマネージャーであり、ビジネスと広告を担当し、1886年にはボストンのフォティカルチュアル・ホールにおいて日本人数十人から百人規模で、日本の工芸、陶磁器の型作りや絵付、織物、彫刻などを実演し、製品を販売した。また和服の女性がお茶を出したり、曲芸を見せたりする「日本村」という移動式博覧会を米国の各州で開催した。」、「この「日本村」一行に参加していた白山谷喜太郎は後に陶芸家としてシンシナティのロックウッド窯で仕事をし、画家のトシオ・アオキ(1854年横浜生まれ1912年サンディエゴで死去)は米国サンフランシスコに移住した。」との記述がある。

(3)当時の海岸通り16番とは現在の住所でどこに当るのか
・『ワイド版横浜今昔散歩 彩色絵はがき・古地図から眺める』原島広至著 KADOKAWA 2014 
p.43-64に「第3章 海岸通り 山下公園」が立章されており、p.43に「横浜港の外国人居留地の海岸通りは、バンドと呼ばれた。バンド(Bund)とは「海岸通り、船着場、埠頭、外灘」を指す(以下略)」との記述がある。
p.44-45に、1865年(慶応元)と現代の地図が比較できる形で掲載されている。(慶応元年の地図は、「「横浜絵図面」〔クリぺ作〕等を参考に作成」との注記あり)
海岸通りが現在の山下公園通りにあたること、海岸通り16番は、明治期に20番にあった「グランド・ホテル」(現在の「横浜人形の家」付近)の西北西、4区画隣の角地にあたることがわかる。
・『ゼンリン住宅地図 横浜市中区 202107』ゼンリン 2021 
該当の箇所を確認したところ、18図左「横浜市中区」中、山下町16となっており、その場所は「ホテルメルパルク横浜」となっている。

(4)明治末か大正初めに斎藤松之助だけ帰国して横浜で陶器商を始めたというがヒントになる資料はないか

「斎藤松之助」についての資料は見つけることができなかった。
確認した資料は下記のとおり。

・『東京・横浜職業別電話名簿 大正9年用』日本商工通信社 1920
「横浜之部」p.24に「陶磁器商」が立項されているが、「斎藤松之助」の掲載はなかった。
また、「横浜の部」p.116-126「輸出入商」、p.127「輸出雑貨商」、p.139の「美術品商(象牙工芸品商 書画骨董商 七宝商)」、にも、「斎藤松之助」の掲載はなかった。

・『京濱實業家名鑒』京濱實業新報社 1907 

下記は国立国会図書館デジタルコレクションにてインターネット公開されている。
・『横浜市商工名鑑』横浜市 大正7(1918)( https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/958682
大正6年度の営業納税額30円以上の者が職業別に掲載されている。「陶磁器」(コマ番号:26-27)、「雑貨」(コマ番号:99-104)の項を確認したが、「斎藤松之助」の掲載はなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
デッケンス兄弟商会
ディーキン兄弟商会
デーキン兄弟商会
外国商館
美術品商
手芸博覧会
デキン兄弟商会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000310957解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!