このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-203
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2022年01月06日 15時52分更新日時
(Last update)
2022年01月18日 12時41分
質問
(Question)
国鉄長野工場の名称が長野工機部(1942年からの名)から長野工場に戻ったのは1950年8月1日で良いか。
『長野工場百年の軌跡 東日本旅客鉄道株式会社長野工場史』に書かれていると思われる。
回答
(Answer)
 『長野工場百年の軌跡 東日本旅客鉄道株式会社長野工場史』 東日本旅客鉄道株式会社長野工場編・刊 1990【N686/72】を調査したところ、p.343-378の「年表」中p.364-365に以下の記述が確認できた。

  昭和25年<1950>
  8.1 国有鉄道地方組織改正
    ・工機部を工場と改称し、長野鉄道管理局の新設により、長野鉄道管理局工場となる
    ・長野鉄道診療所が分離して、長野鉄道管理局の所属機関となる
    ・塩尻機械工事区が浜松工場から移管され、長野工場工機職場直江津派出場を新津工場へ移管
    ・課長、係長制度が廃止され、課長を主任と改称し、係長を主席(工場限り)と呼称する

 また、同資料p.201に以下の記述も確認できた。

   昭和25年8月1日塩尻機械工事区は長野工場に、また工場職場の直江津派出所は新津工場に移管さ
  れ、翌26年4月1日には工場の所管から切り離され長野・新潟のそれぞれの管理局に編入され、機械区
  として独立した。(『日本国有鉄道百年史』第11巻、『新潟支社30年史』、『長鉄局20年史』)

 出典としている資料で当館が所蔵する『長鉄局二十年史』 長野鉄道管理局編・刊 1971【N686/27】を確認したところ、p.567-633の「略年表」内p.602の昭和25(1950)年8月1日の欄に「長野鉄道管理局長野工場設置(鉄道管理局の所属機関となる)」との記述があった。
回答プロセス
(Answering process)
1 質問者指定の『長野工場百年の軌跡 東日本旅客鉄道株式会社長野工場史』を調査。
2 1の出典として記載のあったもののうち、当館が所蔵している『長鉄局二十年史』を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本国有鉄道百年史』日本国有鉄道編 1973
NDC 
参考資料
(Reference materials)
東日本旅客鉄道株式会社長野工場/編 , 東日本旅客鉄道株式会社長野工場. 長野工場百年の軌跡 東日本旅客鉄道株式会社長野工場史. 東日本旅客鉄道株式会社長野工場.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059318553-00  (【N686/72】)
長野鉄道管理局/編 , 長野鉄道管理局. 長鉄局二十年史. 長野鉄道管理局, 1971-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059397203-00  (【N686/27】)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000310153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!