このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2021-04
事例作成日
(Creation date)
2021年04月09日登録日時
(Registration date)
2021年12月07日 13時06分更新日時
(Last update)
2021年12月23日 13時23分
質問
(Question)
リンドグレーン児童文学賞について知りたい。
荒井良二さんのプロフィールに「2005年には児童文学賞の最高峰アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞」とあった(『山のヨーナ』2018刊の巻末)。これはどのような賞か。作品に対する賞なのだとしたら、受賞作品が読みたい。
回答
(Answer)
リンドグレーン記念文学賞(Astrid Lindgren Memorial Award)について、【資料1】~【資料4】に記載があった。子どもや青少年の文学・読書に関連し、個人や団体に与えられる賞である。
荒井良二氏の受賞に関しては、【資料5】~【資料7】があった。

【資料1】国立国会図書館国際子ども図書館「海外の主な児童文学賞」内「リンドグレーン記念文学賞(Astrid Lindgren Memorial Award)」( https://www.kodomo.go.jp/info/award/foreign.html#lindgren)
創設年は2002年、スウェーデン政府による創設とある。
受賞対象については「リンドグレーンにつながる、ヒューマニズムの精神に満ちた、優れた作品を生んだ者、あるいは児童・青少年の読書推進に貢献した者・団体」とある。

【資料2】Astrid Lindgren Memorial Award「The award」( https://alma.se/en/the-award/)
公式サイト(英語・スウェーデン語)。受賞対象については、次のようにある。
「This global award is given annually to a person or organisation for their outstanding contribution to children’s and young adult literature.」

【資料3】日本国際児童図書評議会(JBBY)「アストリッド・リンドグレーン記念児童文学賞」( https://jbby.org/lindgren-award)
受賞対象については「子どもの本の作家、画家、読書活動のプロモーターなど、子どもの本に関わる広い範囲」とある。「JBBYは、日本で推薦権をもつ4団体のうちのひとつです」との記載あり。

【資料4】やまねこ翻訳クラブ「速報(海外児童文学賞)」( http://www.yamaneko.org/cgi-bin/sc-board/c-board.cgi?id=award)
掲示板形式で情報が集積されている。
「検索」ボタンから「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を検索すると、毎年の候補者と受賞者の情報あり。
候補者発表のスレッドには、日本からの候補者が掲載されている。

【資料5】『ぼくの絵本じゃあにぃ』(荒井良二著 NHK出版 2014)p14-17
荒井氏自身が、受賞についての経緯や体験を語っている。

【資料6】「Prize Winners アストリッド・リンドグレーン記念文学賞 “独自の発光力を持つ画家”荒井良二さんが日本人初の受賞」(『MOE』2005年6月)p97
受賞理由について触れられている。

【資料7】荒井良二・広松健児「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞記念 荒井良二 スウェーデン受賞旅日記」(『MOE』2005年9月)p88-91
受賞者紹介のパンフレットの抜粋がある。
(インターネット最終アクセス:2021年8月31日)
回答プロセス
(Answering process)
1 賞について
Googleにて「リンドグレーン児童文学賞」を検索。【資料3】のほか、国立国会図書館国際子ども図書館のニュースページ(「2020年リンドグレーン記念文学賞受賞者決定」 https://www.kodomo.go.jp/info/child/2020/2020-056.html )文中リンクより【資料1】を参照した。
また、【資料1】のリンクから【資料2】を参照した。

「やまねこ翻訳クラブ」には「文学賞受賞作リスト」( http://www.yamaneko.org/bookdb/award/index.htm )があるが、作品への賞ではないため掲載なし(「世界の児童文学賞カレンダー」( http://www.yamaneko.org/bookdb/award/calendar.htm )には言及がある)。サイト内を「リンドグレーン記念」で検索したところ、【資料4】が見つかった。

このほか、NDLサーチで「レファレンス情報」を選択し「リンドグレーン 賞」を検索すると、契約データベースジャパンナレッジ内に、「アストリッド・リンドグレーン記念賞(デジタル大辞泉プラス)」が立項されている。

当館作成のパスファインダー(調べ方案内)( https://www.library.pref.chiba.lg.jp/reference/pathfinder/index.html )の「児童書の受賞情報について調べる」を参照したが、当館所蔵の次の資料には記載がなかった。
『児童の賞事典』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ 2009)
『賞をとった子どもの本 70の賞とその歴史』(ルース・アレン著 玉川大学出版部 2009)※英語圏の作品

2 荒井良二氏の受賞について
蔵書検索で件名「荒井良二」を検索し、【資料5】を確認した。

当館契約データベース「Web OYA-bunko」を利用し、「荒井良二」と「リンドグレーン」を掛け合わせて検索。【資料6】【資料7】が見つかった。このほかに次の記事があったが、本文には受賞についてタイトル以上の言及が見られなかった。
ヨゼフ・パレチェク・荒井良二「東欧の絵本と雑貨 チェコの絵本対談 パレチェク×荒井良二 「リンドグレーン賞を受賞して何かかわりましたか?」「うーん。何も変わらないかな」」(『MOE』
2008年5月)p77-81
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
児童文学研究  (909 9版)
漫画.挿絵.児童画  (726 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】国立国会図書館国際子ども図書館「海外の主な児童文学賞」内「リンドグレーン記念文学賞(Astrid Lindgren Memorial Award)」( https://www.kodomo.go.jp/info/award/foreign.html#lindgren)
【資料2】Astrid Lindgren Memorial Award「The award」( https://alma.se/en/the-award/)
【資料3】JBBY「アストリッド・リンドグレーン記念児童文学賞」( https://jbby.org/lindgren-award)
【資料4】やまねこ翻訳クラブ「速報(海外児童文学賞)」( http://www.yamaneko.org/cgi-bin/sc-board/c-board.cgi?id=award)
【資料5】『ぼくの絵本じゃあにぃ』(荒井良二著 NHK出版 2014)(0106452161)
【資料6】「Prize Winners アストリッド・リンドグレーン記念文学賞 “独自の発光力を持つ画家”荒井良二さんが日本人初の受賞」(『MOE』2005年6月)p97(0501648650)
【資料7】荒井良二・広松健児「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞記念 荒井良二 スウェーデン受賞旅日記」(『MOE』2005年9月)p88-91(0501648702)
キーワード
(Keywords)
アストリッド・リンドグレーン記念文学賞(アストリッドリンドグレーンキネンブンガクショウ)
児童文学(ジドウブンガク)
荒井良二(アライリョウジ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000308663解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!