このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢椿峰-2021-008
事例作成日
(Creation date)
2020/10/31登録日時
(Registration date)
2021年12月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年12月01日 18時09分
質問
(Question)
サンタクロースがクリスマス前夜に靴下の中へプレゼントを入れる由来を知りたい。
子どもに教えたいので、子ども向けの本もあるといい。
回答
(Answer)
現トルコの司教であった聖ニコラウスは守護聖人として崇められ多くの伝説を残しています。その一つに、3人の娘を結婚させるにもお金の無い嘆きを聖ニコラウスが聞き、夜になりその家に金塊を3つ投げ入れたところ娘の靴に入ったという伝説があります。
聖ニコラウスはサンタクロースのモデルとなった人物で、プレゼントを靴又は靴下に入れるのもこの伝説に由来すると謂われています。
(参考:『クリスマスの文化史』 若林ひとみ/著 白水社 2004年より)
 
下記資料に記載があります。
 〇『クリスマスの文化史』 若林ひとみ/著 白水社 2004年 
 〇『クリスマスの歴史』 ジュディス・フランダーズ/著 原書房 2018年
 〇『サンタクロース公式ブック』 パラダイス山元/著監修 小学館 2007年
 〇『よくわかるクリスマス』 嶺重淑/編 教文館 2014年
 〇『クリスマスにくつしたをさげるわけ』 間所ひさこ/作 教育画劇 2000年
 〇『クリスマス事典』 国際機関日本サンタピア委員会/監修 あすなろ書房  2001年
 〇『サンタクロースって、だあれ?』 ロビン・クリクトン/著 教文館 1988年
 〇『イエスとサンタクロースの秘密』 北嶋廣敏/著 太陽企画出版 2005年
 〇『Xmasアドベント★ブック』 本庄ひさ子/作 世界文化社 2011年
 〇『誰も知らないクリスマス』 舟田詠子/著 朝日新聞社 1999年
 〇『サンタクロース物語』 ジョゼフ・A.マカラー/著 原書房 2015年
 〇『クリスマス・ウォッチング』 デズモンド・モリス/著 扶桑社 1994年
 〇『クリスマスおもしろ事典』 クリスマスおもしろ事典刊行委員会/編 日本キリスト教団出版局 2003年
回答プロセス
(Answering process)
1.聖ニコラウスの伝説について
ヨーロッパの聖人や殉教者の言行を神話化した伝説が『黄金伝説』に記載されています。本書は後にサンタクロースのモデルとされた聖ニコラウスの伝説についても収められています。
 
p66-67「三 聖ニコラウス」に、隣人が困窮のあまり娘を身売りしなければならないと考えていたところ聖ニコラウスが金貨を布に包んで夜隣家へ投げ込み、隣人一家を救ったという伝説が収められています。
(参考:『黄金伝説 1』 ヤコブス・デ・ウォラギネ/著 平凡社 2006年より)
 
2.所蔵資料の内容確認
 〇『クリスマスの文化史』 若林ひとみ/著 白水社 2004年
  p74-75「第四章 聖ニコラウスからサンタクロースへ」「聖ニコラウス祭」にサンタクロース像とされるニコラウスが3人の娘を結婚させるにもお金の無い家に金塊を投げ入れその金貨が娘の靴の中に入ったという伝説が、プレゼントを靴又は靴下に入れることに由来すると記載されている。
 〇『クリスマスの歴史』 ジュディス・フランダーズ/著 原書房 2018年
  p114-115「第6章 サンタクロース クリスマスツリー 18世紀から19世紀のクリスマス」に1260年頃にジェノバ大司教が聖人達の生涯を書き記した『黄金伝説』によると、聖ニコラウスは貧しい未亡人の三人娘が娼婦として売られていく運命から救うため、3回に渡り金貨の袋を家に投げ入れたという伝説が収められていると記載されている。
 〇『サンタクロース公式ブック』 パラダイス山元/著監修 小学館 2007年
  p84-85「サンタクロースってどこからきたの?」に、サンタクロースのモデルとされているセント・ニコラスがある夜貧しくて娘を嫁がせることができないと嘆いていた一家の窓の隙間から金貨を投げ入れたところ、暖炉の近くに干していた靴下に入り、一家は幸せになったという逸話が記載されている。
 〇『よくわかるクリスマス』 嶺重淑/編 教文館 2014年
  p45-46「第Ⅰ部 クリスマスの起源」「第3章 サンタクロースの起源を求めて」の「3 『黄金伝説』の聖ニコラオス伝」にニコラオスの隣人で没落した貴族が、困窮のあまり娘を売ろうとしている話を聞き夜にこの家の窓から布に包んだ金塊を投げ入れ助けたという伝説が収められていると記載されている。
 〇『クリスマスにくつしたをさげるわけ』 間所ひさこ/作 教育画劇 2000年
  クリスマス前夜に枕元に靴下を下げて眠る理由について、聖ニコラスが貧しい没落した貴族の娘のために金貨を窓から投げ入れた逸話が描かれている。奥付に聖ニコラスがサンタクロースのモデルとされた由来について記載されている。幼児から小学生向け。
 〇『クリスマス事典』 国際機関日本サンタピア委員会/監修 あすなろ書房 2001年
  p12「なぜ、くつしたをつるすの?」に、貧乏な父を持つ3人娘が結婚するにもお金が無く、父が娘を売ってお金に換えようとしていることを知ったニコラスが、お金の入った袋を家に投げ込み靴下の中に入ったことから、靴下をつり下げてプレゼントを待つようになったという逸話が収められている。小学生から中高生向け。
 〇『サンタクロースって、だあれ?』 ロビン・クリクトン/著 教文館 1988年
  p17-18にニコラスの近隣に住む貧しい一家の3人娘が結婚の持参金を用意できないことを憐み、ニコラスが真夜中に金貨を入れた袋を家に投げ入れ、その袋が娘の靴下に入ったという逸話が収められている。小学生から中高生向け。
 
3.後日調査の追加事項
 〇『イエスとサンタクロースの秘密』 北嶋廣敏/著 太陽企画出版 2005年
  p195-198「Ⅲサンタクロースの秘密」「プレゼントをする聖ニコラウス」に『黄金伝説』に収められ、サンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスが贈りものや施しをする伝説が記載されている。
  飢饉が起こった際に船の小麦を民に与えるよう計らい人々を救った伝説や、隣人が生活苦のあまり3人の娘を身売りして生計を立てようとしていた所、聖ニコラウスが金塊を布に包み夜窓から投げ入れて隣人を救った伝説、金塊は娘が窓際に干していた靴下に入ったという伝説が記載されている。
 〇『Xmasアドベント★ブック』 本庄ひさ子/作 世界文化社 2011年
  p26「クリスマスまであと……15日 贈り物の話」にクリスマスにサンタクロースがプレゼントを靴下の中に入れる習慣のもとになったのは聖ニコラスの伝説によると記載されている。
貧しい家族が3人の娘を結婚させることができず、長女の身売りで得たお金で下の姉妹を結婚させようとしていることを知った聖ニコラスが、夜に金貨を窓から投げ入れ金貨は暖炉で乾かしていた靴下の中に落ちそのお金で3人の娘は結婚でき幸せに暮らしたという逸話が記載されている。
 〇『誰も知らないクリスマス』 舟田詠子/著 朝日新聞社 1999年
  p76-77「第四章 こっそりやって来る聖ニコラウス」「実在した司教ニコラウスの人気」に3人の娘を持つ貧しい父親が嫁入り資金に困り娘を身売りさせて資金を得ようとしていることを知った聖ニコラウスが、3日間続けて金塊を投げ入れ、煙突のそばで乾かしていた靴下に入ったという伝説について記載されている。
 〇『サンタクロース物語』 ジョゼフ・A.マカラー/著 原書房 2015年
  p11-14「第1章 ミラの司教、ニコラス」に両親亡き後のニコラスが、お金に困っている善良な男が飢えをしのぐため娘を奴隷として売ろうとするのではと考え、金貨を入れた革袋を夜に窓から投げ入れ、金貨は靴の中に入ったという逸話について記載されている。
 〇『クリスマス・ウォッチング』 デズモンド・モリス/著 扶桑社 1994年
  p35-38「6 子どもたちはなぜクリスマスに靴下を吊るすのか?」に全財産を失った男が3人の娘を身売りして金銭を得ようとしていることを聞いたニコラウスは、夜に娘の窓から黄金の包みを投げ入れ、包みは窓際に干していた靴下の中に入ったという逸話について記載されている。
 〇『クリスマスおもしろ事典』 クリスマスおもしろ事典刊行委員会/編 日本キリスト教団出版局 2003年
  p81-82「第二部 クリスマスあれこれ事典」「第6章 クリスマス事典- 一般編 -」にサンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスが、貧しい父娘を助けるため窓から黄金の袋を投げ入れ、暖炉に干していた靴下に入ったという伝説について記載されている。
  また、この伝説が元でサンタクロースにプレゼントをもらうため暖炉やベッドに靴下をぶら下げる習わしになったと記載されている。
 
4.記載のなかった資料
 ×『火あぶりにされたサンタクロース』 クロード・レヴィ=ストロース/著 KADOKAWA 2016年
 ×『サンタの友だちバージニア』 村上ゆみ子/著 偕成社 1994年
 ×『8つの小さなクリスマス』 芳賀日出男/著 小峰書店 1986年
 ×『サンタの博物誌』 葛岡博/絵 アートデイズ 1995年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
キリスト教史.迫害史  (192 9版)
典礼.祭式.礼拝  (196 9版)
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
クリスマスの文化史 若林ひとみ/著 白水社 2004.12 386 4-560-04075-3
クリスマスの歴史 ジュディス・フランダーズ/著 原書房 2018.11 386 978-4-562-05609-5
サンタクロース公式ブック パラダイス山元/著監修 小学館 2007.10 386 978-4-09-387748-0
よくわかるクリスマス 嶺重淑/編 教文館 2014.9 196.3 978-4-7642-7387-0
クリスマスにくつしたをさげるわけ 間所ひさこ/作 教育画劇 2000.10 E 4-7746-0501-8
クリスマス事典 国際機関日本サンタピア委員会/監修 あすなろ書房 2001.11 386 4-7515-1987-5
サンタクロースって、だあれ? ロビン・クリクトン/著 教文館 1988.11 386 4-7642-0906-3
イエスとサンタクロースの秘密 北嶋廣敏/著 太陽企画出版 2005.12 192.8 4-88466-423-X
Xmasアドベント★ブック 本庄ひさ子/作 世界文化社 2011.11 196.3 978-4-418-11815-1
誰も知らないクリスマス 舟田詠子/著 朝日新聞社 1999.12 386.3 4-02-257447-X
サンタクロース物語 ジョゼフ・A.マカラー/著 原書房 2015.10 198.22274 978-4-562-05254-7
クリスマス・ウォッチング デズモンド・モリス/著 扶桑社 1994.11 386.04 4-594-01578-6
クリスマスおもしろ事典 クリスマスおもしろ事典刊行委員会/編 日本キリスト教団出版局 2003.10 386 4-8184-0508-6
キーワード
(Keywords)
クリスマス
サンタクロース
聖ニコラウス
靴下
金貨
祭礼
黄金伝説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000308208解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!