このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001052589
事例作成日
(Creation date)
2021/10/24登録日時
(Registration date)
2021年11月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年11月27日 00時30分
質問
(Question)
ゼムクリップがいつ頃発明されたのか知りたい。
回答
(Answer)
ゼムクリップは19世紀末には存在していました。1899年にアメリカのウィリアム・ミドルブルックが、クリップを作る機械の特許を取得しています。また、ゼム(gem)という呼称はこのクリップの販売で成功したイギリスのクシュマン&デニソン社が1892年より使用したブランド名に由来しています。
以下の資料に記載されていました。

・『ゼムクリップから技術の世界が見える:アイデアが形になるまで(朝日選書)』(ヘンリー・ペトロスキー/著 忠平美幸/訳 朝日新聞社 2003.8)
「1 ペーパークリップと設計」「ゼムクリップ」(p.25-30)に次の記述があります。
「「ゼム」の名で知られるようになったあのクリップの基本理念は、明らかに十九世紀後半には存在していた。コネティカット州ウォーターベリーのウィリアム・ミドルブルックが、クリップを作る機械(図1-4)の特許を取得しており、説明図に、この機械の存在理由として、完全な形のゼムがっはっきり描かれているのである。ついでながらミドルブルックの一八九九年の特許は、ゼムクリップの歴史として広く知られている「ノルウェー人ジョン・ヴォーレルによる発明」という通説が、本当は正しくないことの証拠にもなっている。ヴォーレルをはじめとする十九世紀末の発明家たちは、実際にあらゆる形の大きさの形のクリップの特許を取っていた(中略)けれども、ミドルブルックが取得しようとしていた特許は、ゼムクリップを安価に成形する手段だった。(後略)」(p.25-27)
また、図「1-4 ウィリアム・ミドルブルックのクリップ製造機の特許」が掲載されています。(p.26)

・『20世紀をつくった日用品:ゼム・クリップからプレハブまで』(柏木博/著 晶文社 1998.11)
「ぜム・クリップ」(p.126-127)に次の記述があります。
「ゼム・クリップの出現は、(中略)、一九世紀末のことだ。(中略)一九世紀半ばには針金を切断してピンを量産する機械が出現する。この機械は近代機械技術の象徴としてスミソニアン博物館に展示されている。ゼム・クリップの製造法の特許はコネチカット州のウィリアム・ミドルブルックが一八九九年にとっている。以後、多くの改良案が出されているが、結局ミドルブルックのデザインは今日のゼム・クリップとほとんど変わっていない。しかし、ミドルブルックはクリップにではなく、その製造機械の方に特許を取っていたのである。(後略)」(p.127)

・『文房具語辞典:文房具にまつわる言葉をイラストと豆知識でカリカリと読み解く』(高畑正幸/著 誠文堂新光社 2020.1)
「ゼムクリップ」(p.100)に次の記述があります。
「特許は出願されておらず起源は不明だが1899年にアメリカのウィリアム・ミドルブックがこの形のクリップを自動製造する機械の特許を出願しており、1890年頃には存在していたと思われる。ゼム(gem)という呼称はこのクリップの販売で成功したイギリスのクシュマン&デニソン社が1892年より使用したブランド名に由来している。」

・『1000の発明・発見図鑑』(ロジャー・ブリッジマン/著 小口高/[ほか]監訳 丸善 2003.11)
「産業の発展(1851年~1900年)」「クリップ 1899年」(p.168)に次の記述があります。
「最も一般的なクリップはゼムクリップとして知られており、イギリスの“Gem”という会社が初めてつくったものかもしれない。これに関わった発明家である米国の技師ミドルブルックは、1899年にクリップ製造機の特許をとっている。(後略)」

[事例作成日:2021年10月24日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術史.工学史  (502 10版)
その他の雑工業  (589 10版)
参考資料
(Reference materials)
ゼムクリップから技術の世界が見える ヘンリー・ペトロスキー∥著 朝日新聞社 2003.8 (25-30)
20世紀をつくった日用品 柏木/博∥著 晶文社 1998.11 (126-127)
文房具語辞典 高畑/正幸‖著 誠文堂新光社 2020.1 (100)
1000の発明・発見図鑑 ロジャー・ブリッジマン∥著 丸善 2003.11 (168)
キーワード
(Keywords)
ゼムクリップ(ゼムクリップ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000308081解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!