このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鳥栖市立図書館 (2310075)管理番号
(Control number)
鳥栖参ー098
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2021年11月17日 15時57分更新日時
(Last update)
2021年12月10日 16時20分
質問
(Question)
御手洗の滝の起源。
さらに、英彦山との関係が載っている資料はあるか。
回答
(Answer)
資料は以下の通り。

・A090.0/サ  『佐賀県大百科事典』 佐賀新聞社/ほか〔編〕 1983年
p102 (御手洗の滝:おちょうずのたき 詳細記載あり)
・A093.1/ト  『鳥栖の民俗』 鳥栖市史編纂委員会/編 1971年
p282~288
・A093.1/ト  『江戸時代の鳥栖 Ⅱ』 鳥栖市教育委員会/編者 1995年
p32 
・A092.1/ト  『鳥栖市誌 第1巻 自然・地理編』 鳥栖市教育委員会/編 2005年
p300(御手洗の滝のことは書かれているが、英彦山との記載はなし)

「鳥栖市立石町、沼川の上流にある滝。養父郡村誌には手洗滝(てあらいのたき)と
記している。(中略)この滝名は、昔、修験者がこの滝に立ち寄り、手を洗い、
身を清めたという伝説に由来する」
(「」内 A090.0/サ『佐賀県大百科事典』1983年 p102より引用)
回答プロセス
(Answering process)
佐賀県大百科で調べると、出てきた。読みは、おちょうずのたき。
英彦山のキーワードも出てくるので、鳥栖市誌をひらいてみると、答えが出てきた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000307713解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!