このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢吾妻-2021-007
事例作成日
(Creation date)
2020/12/19登録日時
(Registration date)
2021年11月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年11月04日 10時56分
質問
(Question)
大内氏(山口県)の時代の明との交易に関する文献を読みたい。
回答
(Answer)
下記の資料に大内氏と日明貿易(勘合貿易)の関わりについて記載があります。
〇『山口県の歴史』 山口県広報連絡協議会 1991年  
〇『山口県の歴史』  小川国治/編 山川出版社 2012年
〇『倭寇と勘合貿易』 田中健夫/著 筑摩書房 2012年
〇『岩波講座日本歴史 7』 家永三郎/[ほか]編纂 岩波書店 1963年
〇『日明関係史の研究』 佐久間重男/著 吉川弘文館 1992年
〇『列島の戦国史 3』 池享/企画編集委員 吉川弘文館 2020年
〇『国書がむすぶ外交』 松方冬子/編 東京大学出版会 2019年
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料の内容確認
下記の資料に大内氏と日明貿易(勘合貿易)の関わりについて記載がありました。
〇『山口県の歴史』 山口県広報連絡協議会 1991年
 p254-p257 「明との通交」
  
〇『山口県の歴史』  小川国治/編 山川出版社 2012年
 p226-p231 「関の役割と海運」
 
〇『倭寇と勘合貿易』 田中健夫/著 筑摩書房 2012年
 p105-p114 「対日明貿易における細川・大内二氏の対立」
 p114-p117 「大内氏の遣明船独占」
  
2、後日調査による追加資料
〇『岩波講座日本歴史 7』 家永三郎/[ほか]編纂 岩波書店 1963年
 p49-p80 「勘合貿易と倭寇」
 
〇『日明関係史の研究』 佐久間重男/著 吉川弘文館 1992年
 p149-p157 「第二節 義政時代の遣明船と明の対応」
 p157-p167 「第三節 寧波争貢事件と遣明船貿易に対する統制強化」
 
〇『列島の戦国史 3』 池享/企画編集委員 吉川弘文館 2020年
 p34-p44 「3 終末期の日明貿易」
 
〇『国書がむすぶ外交』 松方冬子/編 東京大学出版会 2019年
 p225-p245 「第五章 運用面からみた日明勘合制度」
 
△『山口県の歴史散歩』 山口県歴史散歩編修委員会/編 山川出版社 2006年
 p288 「室町・戦国時代の争乱と大内氏」
 記載は少量。
 
3、記載のなかった資料 
×『山口県の百年』 小川国治/[ほか]著 山川出版社 1983年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
中国地方  (217 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
山口県の歴史 山口県広報連絡協議会 1991.6 217.7 4-324-02760-9
山口県の歴史 小川国治/編 山川出版社 2012.7 217.7 978-4-634-32351-3
倭寇と勘合貿易 田中健夫/著 筑摩書房 2012.12 210.4 978-4-480-09504-6
岩波講座日本歴史 7 家永三郎/[ほか]編纂 岩波書店 1963.5 210.08
日明関係史の研究 佐久間重男/著 吉川弘文館 1992.2 222.058 4-642-02640-1
列島の戦国史 3 池享/企画編集委員 吉川弘文館 2020.7 210.47 978-4-642-06850-5
国書がむすぶ外交 松方冬子/編 東京大学出版会 2019.1 220 978-4-13-020308-1
キーワード
(Keywords)
山口県
大内氏
日明貿易
勘合貿易
遣明船
大内船
寧波の乱
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000307028解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!