このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
静岡県立中央図書館 (2110034)管理番号
(Control number)
静岡郷土-36
事例作成日
(Creation date)
2020年4月4日登録日時
(Registration date)
2021年10月25日 11時35分更新日時
(Last update)
2021年10月27日 17時28分
質問
(Question)
1933(昭和8)年7月、陸軍の富士山麓における演習(耐暑・渇水訓練)中に、歩兵が熱中症で亡くなる事故があった。これに伴う慰霊碑「八勇士の碑」はその後移転したと聞くが、現在はどこにあるか?
回答
(Answer)
・新聞記事検索により「静岡新聞」2015(平成27)年8月10日3pに、「周辺環境の変化に伴って4回移転し、」「碑は現在、裾野市運動公園の東側にある。」と掲載があった。
・『ゼンリン住宅地図 静岡県裾野市 202002』(2020年2月発行 当館請求記号S294.1/12)により、裾野市運動公園東側の陸上競技場と野球場の間、やすらぎの広場東端に「記念碑」の記号が記載されている。
・裾野市運動公園に問い合わせたところ「碑の位置は住宅地図の「記念碑」の位置だが、実際には公園の柵外にあり、公園内から見ることができる」とのことだった。

※裾野市運動公園の連絡先(月曜休園) (令和3年10月現在)
  〒410-1104  静岡県裾野市今里1616番地の1
  Tel.055-997-7277 Fax.055-997-7233
回答プロセス
(Answering process)
1.当館資料を「八勇士」で検索し「八勇士」と「碑」について事故の概要と碑に関する情報を確認したが、明確な位置は不明。
・『史跡が語る静岡の十五年戦争』(静岡県近代史研究会 1994.8)84p
   →「御殿場市神山(裾野市営斎場西北170m)」
・『御殿場・裾野・小山郷土史』下巻(勝間田二郎著 1997.10)116-119p
   →「大野の片すみ」119p
・『紙魚』(古文書を読む会編 2003.8)185-187p、90-93p
   →「大野原のはずれ」185p、「御殿場市神山地先」91p

2.利用者の情報から「移設」とのことで、新聞記事を検索。
 「静岡新聞」平成27(2015)年8月10日3pに「周辺環境の変化に伴って4回移転し、」「碑は現在、裾野市運動公園の東側にある。」とあった。

3.『ゼンリン住宅地図 静岡県裾野市 202002』(2020年2月発行 S294.1/12)で裾野市運動公園東側の陸上競技場と野球場の間、やすらぎの広場東端に「記念碑」の記号が記載されており、ここは、御殿場市(神山)に隣接。

4.念のため裾野市運動公園に問い合わせ、「実際には公園の柵外にあり、公園内から見ることはできる」と確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
『史跡が語る静岡の十五年戦争』84ページに掲載あり。
NDC
陸軍  (396)
参考資料
(Reference materials)
『史跡が語る静岡の十五年戦争』(静岡県近代史研究会 1994.8)
『御殿場・裾野・小山郷土史』下巻(勝間田二郎著 1997.10)
『紙魚』(古文書を読む会編 2003.8)
『ゼンリン住宅地図 静岡県裾野市 202002』(2020年2月発行)
キーワード
(Keywords)
陸軍歩兵第49連隊
陸軍歩兵第1連隊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
裾野市運動公園
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000306502解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!