このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-150
事例作成日
(Creation date)
2021年10月19日登録日時
(Registration date)
2021年10月19日 15時43分更新日時
(Last update)
2021年10月21日 18時55分
質問
(Question)
鎌倉幕府滅亡後から戦国時代にかけての信濃守護は誰か。当時の史料を確認する際に、国司と混同してしまうことがある。
回答
(Answer)
以下の資料に一覧あり。
1『国史大辞典7』 国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1986 【210.03/コク/7】
 p.341に、「鎌倉幕府守護一覧」あり。
 p.350に、「室町幕府守護一覧」あり。

2『日本史総覧2 古代2・中世1』 新人物往来社 1984 【210.03/イタ/2】
 p.281に、「鎌倉幕府守護一覧」あり。
 p.316に、「室町幕府守護一覧」あり。
 p.96-100に、「国司一覧(信濃)」あり。

3『信濃中世史考』 小林計一郎著 吉川弘文館 1982 【N209.4/56】 
 「信濃守護考」p.151-154 に、まとめとして信濃国守護一覧あり。

4『長野 第113号 信濃史必携』 長野郷土史研究会 2001 【N208/67】
 p.64-65に「信濃国守護一覧」あり。この一覧は、小林計一郎著 「信濃中世史考」所収との注釈があるので、上記1と同じものと思われる。
 p.58-62に「信濃国司一覧」あり。

5『室町幕府守護制度の研究 上』 佐藤進一著 東京大学出版会 1967 【322.1/46/1】
 p.186-196に信濃国守護についての記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1「守護」「国司」「中世」等のキーワードで当館蔵書の検索を行い、現物を確認。一覧にまとめられたものが掲載されている、上記1,3,4,5の資料を発見。

2 日本史関係の表などの参考資料が収録されている『日本史総覧』を確認。「守護」及び「国司」の一覧表を発見。

3 上記の資料を紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第7巻 (しなーしん). 吉川弘文館, 1986.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001850736-00 , ISBN 4642005072
今井尭 [ほか]編 , 今井, 尭, 1932-2009. 日本史総覧 2. 新人物往来社, 1989.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001995506-00 , ISBN 440401631X
小林計一郎 著 , 小林, 計一郎, 1919-2009. 信濃中世史考. 吉川弘文館, 1982.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001572019-00
信濃史必携 改訂再版. 長野郷土史研究会, 2001-09. (長野郷土史研究会機関誌 長野)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059097350-00
佐藤 進一/著 , 佐藤‖進一. 室町幕府守護制度の研究 : 南北朝期諸国守護沿革考証編 上. 東京大学出版会, 1988.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015744695-00 , ISBN 4130200216
キーワード
(Keywords)
信濃国司
信濃守護
長野県-中世-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000306221解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!