このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2021-025
事例作成日
(Creation date)
2021年9月6日登録日時
(Registration date)
2021年10月17日 14時49分更新日時
(Last update)
2021年11月27日 15時37分
質問
(Question)
島根県内の次の市町村の旗について制定経緯や、写真、図版などが掲載された資料はあるか。
1.松江市、2.旧鹿足郡津和野町、3.旧八束郡伊野村、4.旧那賀郡の各町村
回答
(Answer)
調査の経緯と、当館所蔵資料を紹介し、回答とした。

1.松江市
資料2~6の各市史や商工会議所誌を確認したが、制定経緯などの記述はなかった。
松江市史料調査課の研究員に調査を依頼したところ、地元の新聞である『山陰新聞』に関係記事があるとの回答を得た。
以下に、該当記事の概略を挙げる。
・明治31年11月26日
市の徽章について意匠を募り、審査の結果、一等は千鳥、二等は松皮菱に水。しかし、市長は市の徽章として適当ではないとし、別に考案、曲玉(まがたま、勾玉)の双対を採用予定。
・明治31年11月29日
曲玉の雙体とするのは、市長の考案で、市会議員の多くも賛成している。曲玉の形は万物生成の模象、貴重なり。この徽章で、実業振興、事業功績を発揚すべきか、松江商工会議所の建議にはかる。(徽章案掲示)
・明治31年12月22日
松江市会の開会、市徽章の件、亀の形に修正した旨を報告し、これに決定する。
・明治31年12月25日
松江市告示第六十二号において、明治31年12月24日付けで、松江市参事会 市長福岡世徳のもと、徽章が決定した。

2.旧津和野町
資料7p.70「町紋章の制定」に経緯と決定した紋章の図版(白黒)が載っている(町籏の図版はない)。
これによれば、町紋章は応募(大正10年7月末日締め切り)で、4回の審査の結果に選ばれた案に若干修正が加えられ、決定され、大正10年10月31日に、津和野小学校で決定式が開催されたとのこと。
津和野町は2005年(平成18年)9月に、日原町と合併したため、この紋章は廃止されている。

3.旧伊野村
資料8p.370「村紋章・村旗・村徽章の設定」
大正4年(1915年)1月20日、山崎伝市村長が村議会に対して、村紋章、村旗、村徽章の設置規定を議案として提出、全員の賛成で可決された。
この目的は村民意識の高揚と、村の発展を図るためで、決定した紋章は平仮名の「い」を図案化したもの。
それぞれの図案決定のいきさつは書かれていないが、当時の村旗の図版(白黒)やその大きさなどが書かれている。
なお、伊野村は昭和35年(1960年)4月1日付けで平田市に編入したため(p.518)、この村紋章などは廃止された。

4.旧那賀郡の各町村
旧那賀郡は、現在の浜田市ほぼ全域、旧桜江町などを除いた江津市の一部、浜田市合併前の金城町、旭町、三隅町、弥栄村が該当する。
これらの地域の市町村誌を確認したところ、該当の記述があったのは、下の2点のみであった。
・資料9
 p.8-9「市章と市民歌」
 浜田市の市章と浜田市民歌(昭和23年9月25日、浜田文化協会により制定発表)の歌詞・楽譜が掲載されている。
 また、p.30によれば、この市章は毎日新聞社の斡旋で案を公募し、昭和15年12月21日に開かれた第1回浜田市会で決定したとのこと。
 p.10-21には、合併前の町村の概略があり、浜田町、石見村、長浜村、美川村、周布村の町村章図版が掲載されているが、これらの制定経緯などは記述がない。

・資料10
p.624-628「第十四章 金城村章の制定」
金城村と合併前の各村の村章制定についてまとめられている。それぞれの制定年月日は下のとおり。
なお、村旗については記述がない。

美又村:大正5年7月21日村会諮問
今福村:大正12年12月8日村会諮問
伊南村:大正7年7月20日村会諮問
波佐村:昭和15年6月19日波佐産業組合開催振興委員会
雲城村:昭和14年9月に制定されているが、制定の状況は不明とのこと
久佐村:記録がないとのこと
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
国立国会図書館デジタルコレクション『那賀郡共進会展覧会誌:御即位記念 前編』(資料1)246-279,242-243コマは確認済み。
NDC
系譜.家史.皇室  (288 8版)
中国地方  (217 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】島根県那賀郡 編 , 那賀郡 (島根県). 那賀郡共進会展覧会誌 : 御即位記念 前編. 那賀郡, 1919.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001699062-00
【資料2】松江市史編集委員会 編 , 松江市. 松江市史 通史編 5 (近現代). 松江市, 2020.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I030449935-00 (当館請求記号:郷貸出217.32/マ/1-4), ISBN 9784904911556
【資料3】松江市誌編さん委員会 編 , 松江市誌編さん委員会. 松江市誌 : 市制施行100周年記念. 松江市, 1989.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069471122-00 (当館請求記号:郷貸出291.7/マ89)
【資料4】松江市誌編さん委員会 編 , 松江市. 新修松江市誌. 松江市, 1962.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001042391-00 (当館請求記号:郷貸出217.3/マ62)
【資料5】上野富太郎 著 , 上野, 富太郎. 松江市誌. 松江市, 1941.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000666573-00 (当館請求記号:092.92/3 ※貸出禁止資料)
【資料6】太田直行 編 , 太田, 直行, 1890-1984. 松江商工会議所四十年誌. 松江商工会議所, 1934.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000774364-00 (当館請求記号:貴重096.7/6 ※貸出禁止資料)
【資料7】岩谷建三 著 , 岩谷, 建三, 1908-. 近代の津和野. 津和野歴史シリーズ刊行会, 1978.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001408663-00 (当館請求記号:郷貸出217/143)
【資料8】伊野郷土誌編集委員会 編 , 伊野郷土誌編集委員会. 伊野郷土誌. 伊野公民館, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069417376-00 (当館請求記号:092.94/146 ※貸出禁止資料)
【資料9】濱田 : 濱田市制十周年紀念. 濱田市役所, 1951.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069421446-00
【資料10】金城村明治百年史編纂委員会 編 , 金城村明治百年史編纂委員会. 金城村明治百年史. 金城村役場, 1969.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069409507-00
キーワード
(Keywords)
徽章--歴史--島根県
市町村旗--島根県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000306174解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!