このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-143
事例作成日
(Creation date)
2021年10月15日登録日時
(Registration date)
2021年10月15日 17時59分更新日時
(Last update)
2021年10月16日 22時45分
質問
(Question)
享保3年に長野県下伊那郡で起きた地震による和田村(現・飯田市)での災害について書かれた史料を見たい。特に、地震による山崩れで遠山川の川筋が変わったことが書かれているものを見たい。
回答
(Answer)
『長野県史 近世史料編 第4巻(3)南信地方』 長野県編 長野県史刊行会 1983 【N209/11/4-3】に所収されている史料の内、享保3年の地震・災害にかかわるものを確認した。
    享保3年8月 満島番所地震倒壊につき御普請願  p.937-938
    享保3年閏10月 満島番所御普請仕様帳 p.938-940
この2編はあくまでも、満島番屋(現・下伊那郡天龍村平岡)の普請にかかわるもので、和田村の遠山谷における遠山川決壊がわかる史料ではなかった。
    享保3年9月 駒場村震災御救願 p.1004
これは、駒場村(現・下伊那郡阿智村)の窮状を訴えるものになる。

 『遠山 南信濃村史』 南信濃村史編纂委員会編 南信濃村 1976 【N243/91】 p.162では、史料として竜渕寺過去帳を引いている。
    享保三戌七月二十六日地震にて寺大破、石橋不用致、雨落之石用之也、八尺間石橋大町鎌倉小左衛
   門建之。
上記のほか、片町文書明和2年(1765年)を紹介している。
      乍恐書付を以奉願上候
    私扣地之内高拾弐石三斗四升四合目去ル四拾八年以前戌年七月大地震ニ而山落仕押出候(後略)
引用部分では、遠山川のことには触れられていない。『遠山 南信濃村史』の本文に、崩れた山塊が川をせき止め、のちに決壊し、川筋が西方に移動した旨と、和田宿の片町家の五人が茶摘みに出かけて岩の落下で圧死した記述がある。この出典は明記されていない。

 『伊那谷の災害と凶作』 増補版 村沢武夫著 北原技術事務所 1983 【N243/28a】p.24-26(15-16コマ)【最終確認2021.10.15】にも享保年間の災害として取り上げられていた。この資料に市村咸人氏の調査「遠山峡谷に出山を造りたる享保地震史料」を引用した旨の記載がある。引用部分は、『市村咸人全集 第8巻』 市村咸人全集刊行会編 下伊那教育会 1980 【N208/51/8】p.354-358に所収されている。しかし、川筋の変化に関する史料は確認できなかった。
『伊那谷の災害と凶作』は国立国会図書館デジタルコレクション 図書館送信サービス参加館内で見ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
1 問い合わせの個所を『長野県史 通史編 第巻』で確認する。『長野県史 近世史料編 第4巻(3)南信地方』の目次で和田村に関する史料を見ていく。江戸時代の和田村は幕府領にあたり、災害関係の史料で享保年間のものを見ていく。当該資料を確認できない。

2 和田村は昭和時代には南信濃村にあたるので、『遠山 南信濃村史』を確認する。地震や山崩れについての資料の引用はあったが、川筋の変化については本文の記述のみで、出典となる史料の明記はない。

3 『伊那谷の災害と凶作』 が、市村咸人著「遠山峡谷に出山を造りたる享保地震史料」を引用していたので、『市村咸人全集』で内容を確認する。 こちらも川筋の変化については本文の記述のみで、出典となる史料の明記はない。
事前調査事項
(Preliminary research)
『長野県史 通史編 第巻』p.
NDC
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
長野県/編集 , 長野県. 長野県史 近世史料編 第4巻 3. 長野県史刊行会, 1983.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015678835-00  (【N209/11/4-3】)
南信濃村史編纂委員会 , 南信濃村史編纂委員会. 遠山 : 南信濃村史. 南信濃村, 1976-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059162546-00  (【N243/91】 p.162)
村沢 武夫/著 , 村沢 武夫 , 村沢 武夫. 伊那谷の災害と凶作 増補版. 北原技術事務所, 1983-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059196362-00  (【N243/28a】p.24-26)
市村咸人全集刊行会 編 , 市村, 咸人, 1878-1963. 市村咸人全集 第8巻. 下伊那教育会, 1980.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001524066-00  (【N208/51/8】p.354-358)
キーワード
(Keywords)
南信濃村
享保
災害
地震
和田村(下伊那郡)
遠山川
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000306115解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!