このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110930
事例作成日
(Creation date)
2021年07月20日登録日時
(Registration date)
2021年10月14日 14時05分更新日時
(Last update)
2021年10月19日 09時54分
質問
(Question)
江戸末期から明治初期の長州藩に関することについて、以下が知りたい。
1.藩が先進国から輸入した洋書について、国別冊数、分野別冊数と、その関連資料
2.藩が先進国から輸入した船について、国別の数、種類別の数と、その関連資料
回答
(Answer)
1.長州藩所蔵の洋書について、国別・分野別の冊数がまとめられているリストの類は見当たらなかった。山口県文書館専門研究員にも照会したが、これらの一覧表などは未見とのことであった。

関係資料として、下記回答資料1-5を紹介した。

資料1は、福岡教育大学の小川亜弥子氏(幕末の長州藩の洋学の研究者)の著作で、幕末長州藩の洋学全般に関する研究書であり、全体像がつかめると思われる。p89-90に博習堂の蔵書についての説明と兵学関係蔵書リストがある。(安政6年(1859年)7月当時) 砲術書、陸軍書、海軍書の3分野の書名と冊数がわかる。ただし、国別は不明。
なお、博習堂は長州藩の洋学研究機関。学科は医学・兵学にわかれていたが、黒船来航の時勢をうけて兵学中心となった。(資料7『山口県百科事典』p629「博習堂」 の項目を要約 )

資料2は、萩明倫館(長州藩の藩校)の洋学書の目録及び解説書。p6に明倫館に受け入れられた洋学書で現在確認できるのは洋書16点(翻刻書含む)とある。また、p12に明倫館に受け入れられた洋学書の主題別の受入点数の表がある。ただし、漢籍や和書も含まれており、書名や国名も記載がない。「この表でみると兵学関係の図書が45点55パーセントをしめており、明倫館の洋学は兵学が基本であり最重要科目であった」と記されている。p39-68の「明倫館所蔵洋学書目録」には、書名、冊数などは記載があるが、漢籍も含まれている。

以下、長州藩の洋学教育に関する資料
資料3p131-181の「第三章 幕末山口藩の教育政策」にわかりやすくまとめてある。

資料4p123-133「洋学の受容と展開」では、幕末期の長州藩の洋学について簡単にまとめてある。
(以下要約)萩藩は、嘉永2年(1849年)に藩校である明倫館を拡充・移転した。その際、医学書を明倫館内に移し、済生堂と改称、一年後の嘉永3年(1850年)には好生館と改称する。好生館には「洋書」科が置かれており、萩藩は洋学の振興によって、医学のみでなく、海防等の兵学の知識を吸収していった。また、安政2年(1855年)~安政6年(1859年)にかけて、好生館の附属として西洋学所を設置し、後に博習堂と改称する。博習堂は総合的な(水陸両方の)西洋兵学の研究・教育機関であり、博習堂の科目は、兵学、理学、分析学、度学・数学、天学および地学の6科目であった。

資料5p781-806「第17章 文久期から慶応期の教育と洋学」では、長州藩の洋学についてまとめている。

2.の先進国から輸入した船については、資料6にあり。p361-362「旧長藩軍艦表」あり。安政3年(1856年)~明治3年(1870年)までに長州が造船購入した14隻の艦名、造船場所(国)、摘要などが一覧できる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国地方  (217 9版)
科学史.事情  (402 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.小川亜弥子 著 , 小川, 亜弥子, 1964-. 幕末期長州藩洋学史の研究. 思文閣出版, 1998.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002681389-00 , ISBN 4784209670 (p89-90)
2.[ハギ]永秀夫 著 , 蘒永, 秀夫. 萩藩明倫館の洋学. [ハギ]永秀夫, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008460547-00  (p6,12,39-68)
3.倉沢剛 著 , 倉沢, 剛, 1903-1986. 幕末教育史の研究 3 (諸藩の教育政策). 吉川弘文館, 1986.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001790797-00 , ISBN 4642032533 (p131-181)
4.小川國治, 小川亜弥子 共著 , 小川, 国治, 1936- , 小川, 亜弥子, 1964- , 石川, 松太郎, 1926-2009 , 津田, 秀夫, 1918-1992. 山口県の教育史. 思文閣出版, 2000. (都道府県教育史)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002944504-00 , ISBN 4784210598 (p123-133)
5.山口県 編 , 山口県. 山口県史 通史編 幕末維新. 山口県, 2019.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I030251956-00  (p781-806)
6.時山 弥八 著 , 時山 弥八. もりのしげり 増補訂正. マツノ書店, 2015.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I061777301-00  (p361-362)
7.山口県教育会 編 , 山口県教育会. 山口県百科事典. 大和書房, 1982.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001554871-00  (p629)
キーワード
(Keywords)
洋学
船舶--歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
山口県文書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000306060解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!