このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-141
事例作成日
(Creation date)
2021年10月14日登録日時
(Registration date)
2021年10月13日 17時45分更新日時
(Last update)
2021年10月17日 21時56分
質問
(Question)
北安曇郡小谷(おたり)村にある栂池(つがいけ)高原スキー場のゴンドラ「イブ」について、架設当時の山麓駅と山頂駅の駅名、および名称の変遷を知りたい。
 また、スキー場最寄りのバス停「栂池高原」についても、名称の変遷を知りたい。
回答
(Answer)
<ゴンドラ駅の名称>
 栂池高原スキー場のゴンドラ「イブ」は、昭和57年(1982年)に架設された。『栂池誌 川内・松沢耕地のあゆみ』栂池誌編纂委員会編 川内・松沢耕地会 2003 【N231/63】p.125-129に、イブの計画から架設、および平成6年(1994年)の栂大門駅と栂池自然園駅を結ぶ栂池ロープウェイ架設の経緯が書かれている。この記述の中で、イブは当初から中間駅のある二区間の索道として造られたことがわかる。
 平成26年(2014年)国土地理院2万5千分の一地図では、
  山麓:栂池高原駅
  中間:白樺駅
  山頂:栂の森駅
となっている。以前の地図には駅名の記載はない。『絶景!日本全国ロープウェイ・ゴンドラコンプリートガイド』 中島信著 扶桑社 2017【536.76/ナマ】p.98でも同様だった。
 『JTB時刻表』2021.10には、中間駅の掲載はないが、「栂池高原」-「栂ノ森」の記載がある。『JTB時刻表』1997.9でも「栂池高原」-「栂ノ森」となっている。

 『ゼンリンの住宅地図 白馬村・小谷村』 ゼンリン編・刊 1983 【N231/35/'83】から『ゼンリン住宅地図長野県北安曇郡白馬村 小谷村』 ゼンリン編・刊 2018 【N231/42/'18】までの所蔵分を確認したが、2004年版以前のものには、山麓駅は「栂池高原ステーション」と記されていた。中間駅の「白樺駅」も記されているが、山頂駅については記されていなかった。2009年版以降のものは、山麓駅は「栂池高原駅」、中間駅は「白樺駅」、山頂駅は「栂の森駅」となっている。小谷村の住宅地図の発行は何年かに一度の刊行となっており、当館で所蔵していない年もあるため、どの時点で名称が変わったのかはわからなかった。
 また、住宅地図の記述と時刻表の記述が異なっているが、どちらが正しいかの判断もできなかった。

<バス停の名称>
 『冬の信州 '76』 長野県観光連盟 1976 【N290.2/236/'76】 p.190に掲載されているバスの時刻表には、栂池・親の原スキー場線があり、「白馬駅」「白馬大池」「親の原」のバス停名があった。
 『冬の信州 '81』 長野県観光連盟 1981 【N290.2/236/'81】 p.94-95のスキー場案内の交通の項目に「親の原」という地名あった。また、p.167のバスの時刻表には栂池スキー場へ行く路線として、松本電鉄の3路線、川中島自動車が1路線掲載されていたが、バス停名は「親の原」となっていた。
 『信州の旅 '83』 長野県観光連盟 1983 【N290.2/310/'83】 p.208の栂池自然園へ行く路線の時刻表に「白馬駅」「白馬大池駅」「親の原」「東急山荘」「栂池自然園」のバス停名があった。
 『JTB時刻表』1986.3では、松本電気鉄道の白馬駅から白馬大池駅を経由して栂池自然園を結ぶ路線で、「栂池高原」がある。『JTB時刻表』2021.10でも、「栂池高原」となっている。
 また、『ゼンリンの住宅地図 白馬村・小谷村』 ゼンリン編・刊 2004 【N231/35/'04】ではバス停の記載があり、「栂池高原」となっているが、これ以前の所蔵する住宅地図には、同じ場所にバス停の記載はなく、「親の原」というバス停も確認できない。ただし、ゴンドラ乗り場を通り越した先に「旅館区前」「旅館街」「東急山荘前」のバス停を確認することができた。古い住宅地図に関しては、名前の記載がないバス停が書き込まれていることもあり、記入方法が一定していない。
回答プロセス
(Answering process)
1 栂池高原スキー場は北安曇郡小谷村にあることから、『小谷村誌 社会編』を見る。また、『栂池誌 川内・松沢耕地のあゆみ』でも確認する。どちらも駅名の記載はなかった。また、交通に関する項目で、バス停やバス路線についても確認するが、詳しいことは書かれていない。

2 索道の駅名ということで、『時刻表』を見る。バス停についても同時に確認する。

3 住宅地図で駅名とバス停を確認していく。

4 スキー場ガイドや旅行ガイドを見ていく。


<調査済み資料>
・『小谷村誌 社会編』 小谷村誌編纂員会編 小谷村誌刊行委員会 1993 【N231/46/3】
・『るんるん おたり』 白馬風の子 [出版年不明] 【N231/55】
・『スノーランド in 信州 冬 2005-2006』 長野放送(発売:龍鳳書房)2005 【N784/52】
・『ニッポンのゲレンデ 2013』 実業之日本社 2012 【N784/65/'13】
・『ニッポンのゲレンデ 2017』 実業之日本社 2016 【N784/65/'17】
・『北安曇誌 第5巻』 北安曇誌編纂委員会編・刊 1984 【N231/13/5】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
運輸工学.車両.運搬機械  (536 10版)
冬季競技  (784 10版)
日本  (291 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000306047解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!