このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
早稲田大学図書館 (3310007)管理番号
(Control number)
016-20211013-03
事例作成日
(Creation date)
2020年02月14日登録日時
(Registration date)
2021年10月13日 14時42分更新日時
(Last update)
2021年11月25日 12時52分
質問
(Question)
「毒」を表すイメージカラーとして紫が使われることが多いと感じるが、なぜ紫で表現されるようになったのか。
回答
(Answer)
理由を示す学術的な資料は見つからなかった。色に関する事典類や文献の探し方と、参考になりそうな資料(a)~(h)を案内し、内容を見て検討するようお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
1)本学の統合検索システムWINE検索範囲[所蔵資料と電子資料]
◆キーワード:紫毒、紫色毒⇒参考になりそうな資料ヒットせず

◆キーワード:「シンボル事典」「色彩事典」など⇒事典類多数あり
『イメージ・シンボル事典/ アト・ド・フリース著; 山下主一郎主幹; 荒このみ[ほか]共訳』(a)
 →p.510 purple紫色「死・服喪に関係」
『色の百科事典/ 日本色彩研究所編』(b)
 →p.124~色彩感情紫:「死、服喪」(イメージ辞典、シンボル辞典から抜き書きとのこと)
『カラー・イメージ事典/ 日本カラーデザイン研究所編』(c)
 →p.135~紫のイメージ:高貴
『サイン・シンボル大図鑑: ミランダ・ブルース=ミットフォード著; 今井澄子[ほか]訳』(d)
 →p.282 紫とスミレ色:贅沢、富裕、権力、節制等
『色彩用語事典/ 日本色彩学会編』(e)
 →p.43色の意味紫:位の高さ、不安、厳粛、神秘
『シンボル事典/ 水之江有一編』(f)
 →p.284紫色:権力と崇高、すみれ色は死と喪を表わす。
『図説世界シンボル事典/ ハンス・ビーダーマン著; 藤代幸一[ほか]訳』(g)
 →p.426紫色:霊性
『世界シンボル大事典/ジャン・シュヴァリエ,アラン・ゲールブラン共著;金光仁三郎[ほか] 共訳』(h)
 →p.965~紫色:節制、聡明、慎重、喪など2)レファレンス協同データベース⇒それぞれ参考資料の掲載あり

◆キーワード:「紫毒」「紫イメージ」「紫シンボル」「色彩シンボル」など
・色彩に対するイメージについて日本ではなく世界の文化的背景が書かれた本はあるか
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000193780
・日本と英国の色の感覚、観念の違いについて載っているものが見たい。
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191493
・日本と海外の色彩感覚の違いについて知りたい。
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217509
・トイレの男女マークに、“赤”と“青”が使われるようになったのはなぜか知りたい。
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205868
・アメリカ文学に出てくる色彩が、どのような意味を持っているのかを調べたい
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167770
・「黒い太陽」という概念がヨーロッパ文化の中でどのような意味を持っているか。
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000078564
・色からイメージする人間の感情(例えば赤なら激しい、熱い等)をまとめた本はありますか?
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155253

3)CiNii Articlesキーワード検索
紫色毒:参考になる資料なし
紫色シンボル、紫色象徴、紫色イメージ:参考になる資料なし
色彩シンボル、色彩イメージ、色彩象徴、色彩文化:→検索結果要検討
・不安と紫色イメージの関係: 青年期大学生の不安傾向から安永英彦,日本色彩学会誌35, 152-153, 2011-05-01
 ⇒引用文献あり:色彩好悪と色彩象徴の経年比較伊藤久美子,デザイン学研究55(4), 31-38, 2008
・色彩好悪と色彩象徴の経年比較・色彩とその象徴性の研究: 調査方法と文化的側面の差異に注目して,鈴木恒男, 中川明美,日本色彩学会誌30, 148-149, 2006-05-01
 ⇒紫は悲しみの色とのこと
・色彩象徴性の心理的基礎に関する一分析」伊東三四,日本色彩学会誌22, 34-35, 1998-05-01

◆Web OYA-bunkoya ⇒参考になる資料なし

◆Googleキーワード:紫毒理由
 ⇒紫色と毒の関係について考察しているページがいくつかあり。おそらくこの問題意識は主にゲームの分野で気付かれていて、まだ歴史が浅く、分野としてもまだ研究の対象となっていないため、図書や学術論文があまり存在していないのではと推察できる。

◆Google Scholar ⇒見るべき成果なし
事前調査事項
(Preliminary research)
関連文献: http://openworldnews.net/archives/1069729918.html https://toda.sg/offline/dokudoku/ 調査済み事項(データベース): WINE,CiNii Articles
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000306020解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!