このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
2126
事例作成日
(Creation date)
2021年10月07日登録日時
(Registration date)
2021年10月09日 14時19分更新日時
(Last update)
2022年06月30日 13時29分
質問
(Question)
「女性が生理の間は神社にお参りしてはいけない」ということを調べたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供

『宮田登日本を語る11 女の民俗学』(380.8/ミヤ/11)
 →不浄感に関する内容を発見



 <係より>
  下記の資料も回答の参考になります
  ・『いつまで続く「女人禁制」』(367.2/ミナ/S)
    →P79~86内下記項目参考
     1.「ケガレ」思想の拡大
     2.『延喜式』に見られる死体排除と女性排除
     3.「ケガレ」と「女人禁制」
     4.「触穢思想と女性差別、部落差別」

  ・『女人禁制の人類学-相撲・穢れ・ジェンダ-』(387/スズ)
    p114~8.女性の穢れの時代的変化②-規定の精緻化


 〈追記〉
下記の資料にも記載有。

『日本女性生活史1 原始・古代』(367.2/ジヨ/S)
『「女人禁制」Q&A』(387/ミナ)
『日本宗教史4 宗教の受容と交流』(162.1/ヨシ/4)

※検索キーワード追記
「女性␣参拝」「女性␣宗教」「女性␣不浄」
回答プロセス
(Answering process)
1インタビューより下記に絞り探査
  ・生理の時の禁忌
  ・月経面に対するケガレの概念

2.業務検索機にてキーワード「女性␣穢」で検索
  →『女人禁制』(387/スズ)がヒット、これをきっかけに分類番号387の棚をブラウジング。お求めの資料なし。
 
3.業務検索機にてキーワード「女人禁制」で検索
  →20件ヒット。その中よりピックアップして次の2点を紹介。①を貸出。
   ①『宮田登日本を語る11 女の民俗学』(380.8/ミヤ/11)…月経に対する不浄感に関する内容を発見。
   ②『いつまで続く「女人禁制」』(367.2/ミナ/S)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 9版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
参考資料
(Reference materials)
宮田登 著 , 宮田, 登, 1936-2000 , 宮田, 登, 1936-2000. 女の民俗学. 吉川弘文館, 2006. (宮田登日本を語る ; 11)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008382010-00 , ISBN 4642071431
鈴木 正崇. 女人禁制. 東京 吉川弘文館, 2002. (歴史文化ライブラリー), ISBN 4-642-05538-X (当館請求記号 387/スズ, 当館資料番号 005683883)
源淳子 編著 , 源, 淳子, 1947-. いつまで続く「女人禁制」 : 排除と差別の日本社会をたどる. 解放出版社, 2020.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I030267591-00 , ISBN 9784759267914
キーワード
(Keywords)
生理(セイリ)
月経(ゲッケイ)
女人禁制(ニョニンキンセイ)
穢れ(ケガレ)
日本文化(二ホンブンカ)
一般書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000305865解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!