このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
6000023941
事例作成日
(Creation date)
2021/09/11登録日時
(Registration date)
2021年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年01月02日 00時30分
質問
(Question)
北海道の命名が、民衆にどのように広められたのか知りたい。実際の写真や書類などが見てみたい。
(高札を利用したのではないか。)
回答
(Answer)
下記資料①②を紹介。

① 『松浦武四郎』 (北海道博物館/[ほか]編集 勝毎光風社 2018.6)
  →p88 松浦武四郎が1868年4月、幕府の函館奉行所を引き継いだ行政機関である函館府の「判府事」として登用された記載あり。
   『1869年8月15日付の太政官布告で、蝦夷地を「北海道」と改称し、北海道に、石狩国石狩郡など、11国86郡を置くことが決定された。』

② 『日本初期新聞全集 24 明治2年7月(1869年8月)-明治2年8月(1869年10月)』 (ぺりかん社 1990.6)
  →現在の官報にあたる「太政官日誌」を確認。
   明治2年第88号8月15日の「太政官日誌」に北海道と改称された記載あり。


参考となる下記Webサイトを紹介。

・ Webサイト『北海道観光振興機構』  https://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/82
  →「蝦夷地から北海道へ」という章に、太政官布告の画像あり。
回答プロセス
(Answering process)
① 松浦武四郎の関連書籍を確認。
② インターネット検索。
③ 当時の官報(太政官日誌)を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
松浦武四郎北海道博物館/[ほか]編集勝毎光風社 (p88)
日本初期新聞全集24ぺりかん社
キーワード
(Keywords)
北海道(ホッカイドウ)
松浦武四郎(マツウラ タケシロウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000305526解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!