このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
10347266
事例作成日
(Creation date)
2021/09/08登録日時
(Registration date)
2021年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年10月21日 16時27分
質問
(Question)
洋ナシの品種「ドワイエンヌ・デユ・コミス」の起源・来歴を調べています。
(日本語資料を希望)

略称コミスと呼ばれているようです。
以下の資料に掲載されているか確認をお願いします。

『特産果樹』(間苧谷徹ほか編 日本果樹種苗協会 2006)
p181-211 セイヨウナシ 国会

『バラエティー西洋なし』(淺妻力 第一印刷所 1995) 国会

『果樹全書 ナシ・西洋ナシ 基礎生理・品種・基本技術・精農家の栽培技術』(農文協編 農山漁村文化協会 1985) 国会

村山秀樹「身近な野菜・果物 : その起源から生産・消費まで(29)セイヨウナシ(1)」(『日本食品保蔵科学会誌』 日本食品保蔵科学会編 41(1) 2015-01)p29-33 国会

村山秀樹「身近な野菜・果物 : その起源から生産・消費まで(29)セイヨウナシ(2)」(『日本食品保蔵科学会誌』 日本食品保蔵科学会編 41(2) 2015-03)p77-82 国会
回答
(Answer)
ご照会の記事の掲載箇所についてお知らせいたします。

『特産果樹』
図書 間苧谷徹, 小野祐幸, 木原武士, 仙台谷峰彦, 宇田川美代子 編. 日本果樹種苗協会, 2006.2 【当館請求記号RB161-J2】
項目名 ドワィエネ・デュ・コミス(Doyenne du Comice)(別名:ブーレ・ロバート、コミス)
ページ p.189
※「I 落葉果樹」の「9. セイヨウナシ」のうち、「2. 分類と品種」の「2)品種」、「(2) 中生品種」内の一項目です。
今回に限り、冒頭の来歴に当たると思われる部分を以下にお知らせします。
「フランス、アンジェ原産。1849年に初結実し直ちに命名された。米国には1850年に導入されており、わが国には明治時代の初めに入った。」(以下略)

『バラエティー西洋なし』浅妻力 編. 浅妻力, 1995.6 【当館請求記号RB169-G1】
項目名 (44)ドワイエネ・デュ・コミス(Doyenne du Comice)
ページ pp.100-101
※「5. 品種の解説(ABC順)」の「I 西洋なし」内の一項目です。
p.100に来歴等が記載されています。p.101はカラー写真です。
今回に限り、来歴部分を以下に抜粋いたします。
※最後の「(K)」は、凡例(p.7)によると、熊木茂氏執筆であることを示します。
「コミスの母樹は、1845年頃フランスのメーヌ・エ・ロワール県、アンジエにある園芸共進会(Comice Horticole)の果樹園で最初に作られた苗床から得られた。(K)」

『ナシ・西洋ナシ : 基礎生理・品種・基本技術・精農家の栽培技術 (果樹全書)』
農文協 編. 農山漁村文化協会, 1985.8 【当館請求記号RB169-17】
当該資料の目次及び「西洋ナシ」内の「原産と来歴」(pp.617-619)を確認しましたが、「ドワイエンヌ・デユ・コミス」という品種に関する記述は見当たりませんでした。

「身近な野菜・果物~その起源から生産・消費まで(29) セイヨウナシ(Ⅰ)」
雑誌記事 村山 秀樹 【当館請求記号Z18-1101】
掲載誌 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science / 日本食品保蔵科学会 編 41(1):2015.1 pp.29-33
※記事中に「ドワイエネ・デュ・コミス」についての記述が散見されますが、来歴については、
「5. セイヨウナシの代表的な品種」の「(5) 'ドワイエネ・デュ・コミス'」(p.32)に記載されています。
今回に限り、以下に抜粋します。
「「The pear of New York」には、フランス メーヌ=エ=ロワーヌ県の園芸共進会(Comice Horticole)で1849年11月に初結実したと記録されている。評判の良さから、すぐに外国に普及し、1850年頃にはアメリカに渡っている。」(以下略)
また、図4(p.31)にモノクロの写真があります。

「身近な野菜・果物~その起源から生産・消費まで(29) セイヨウナシ(Ⅱ)」
雑誌記事 村山 秀樹 【当館請求記号Z18-1101】
掲載誌 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science / 日本食品保蔵科学会 編 41(2):2015.3 pp.77-82
※こちらの記事には、ドワイエネ・デュ・コミスの起源・来歴に関する記述は見当たりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
以下は、質問者が調査したことです。
19世紀半ばにフランスのアンジェで育種された。
Turtaudiereという人物が資金を出し、実際に作業を行った責任者がDhommeという人物であったらしい。
育種に携わったこの2名の経歴、育種された経緯や背景、この梨の名前の由来について、固有名詞も含めて
日本語で書かれた(あるいは日本語に訳された)資料を探しています。
日本語で書かれた信頼性の高い資料(書籍、論文、専門誌の記事)を教えてください。

wikipediaフランス語版の”Doyenne du Comice”のページを無料オンライン翻訳ツールで英語に直し、コミスの誕生背景に関する情報を読みましたが、これが正しく書かれたものと信頼してよいのか、判断がつきません。また”Doyenne du Comice”でキーワード検索したところ、オックスフォード出版局の書籍『An A-Z of Food and Drink (1ed.)』の抜粋記事らしきものを発見しましたが、背景の一部しか分かりませんでした。
https://www.oxfordreference.com/view/10.1093/acref/9780192803511.001.0001/acref-9780192803511
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
サービス企画課(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000305452解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!