このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2021-19
事例作成日
(Creation date)
2020/06/16登録日時
(Registration date)
2021年10月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年10月01日 10時51分
質問
(Question)
福井県敦賀市にある気比神社に祀られている伊奢沙別尊とはどのような存在であるのか。神や人であった場合、親類の関係を知りたい。
回答
(Answer)
伊奢沙別尊は伊奢沙別命(いざさわけのみこと)、氣比大神(けひのおおかみ)、御食津大神(みけつのおおかみ)とも呼ばれています。
神として祀られていますが、天日槍命(あめのひぼこのみこと)と同一ではないかとする説があるようです。
(参考:『日本の神様読み解き事典』 川口謙二/編著 柏書房 1999年)
以下の資料に記載があります。
 〇『社寺縁起伝説辞典』 志村有弘/編 戎光祥出版 2009年
 〇『日本史大事典 2』 平凡社 1993年
 〇『神道事典』 国学院大学日本文化研究所/編 1994年
 〇『神道大辭典 第1巻』 臨川書店 1981年
 〇『神社辞典』 白井永二/編 東京堂出版 1997年
 〇『諸神・神名祭神辞典』 矢部善三/著 展望社 1991年
 〇『日本神名辞典』 神社新報社 1994年
 〇『「日本の神様」がよくわかる本』 戸部民夫/著 PHP研究所 2004年
 〇『すぐわかる日本の神社』 井上順孝/監修 東京美術 2008年
 〇『世界大百科事典 8』 平凡社 2007年
 〇『国史大辞典 5』 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985年
 〇『天日槍 : 帰化人第一号神功皇后外祖母家』 今井啓一 著 綜芸舎 1966年
 〇『日本の神様読み解き事典』 川口謙二/編著 柏書房 1999年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『社寺縁起伝説辞典』 志村有弘/編 戎光祥出版 2009年
  p171-172「気比神宮」の項目に「伊奢沙別命は気比大神とも言われ、境内の聖地土公に降臨された。」との記載あり。
 〇『日本史大事典 2』 平凡社 1993年
  p1242「気比神宮」の項目に「古事記にも主神の伊奢沙別命を御食津大神と名づけたとあり、食物の神となっていたことが知られるが、一説には神功皇后の母方の祖神である新羅王子の天日槍命だとされる。」との記載あり。
 〇『神道事典』 国学院大学日本文化研究所/編 1994年
  p635-636「気比神宮」の項目に「気比大神(伊奢沙別命)は神代より、この北陸海上交通の要地に鎮座したと伝える。」との記載あり。
 〇『神道大辭典 第1巻』 臨川書店 1981年
  p90-91「イザサワケノカミ」の項目に日本書紀に載っている逸話の記載あり。
 〇『神社辞典』 白井永二/編 東京堂出版 1997年
  p135-136「気比神宮」の項目に日本書紀に載っている逸話の記載あり。
 〇『諸神・神名祭神辞典』 矢部善三/著 展望社 1991年
 p423「気比神宮」の項目に「伊奢沙別命とは、御食津大神にして、御名義気比は食飯の義にして、大古より此処に鎮り座せしなり。」との記載あり。
 〇『日本神名辞典』 神社新報社 1994年 
  p52「伊奢沙和気大神命」の項目に逸話の記載あり。
  p170「気比大神」の項目に逸話の記載あり。
 △『日本古代神祇事典』 吉田和典/編・著 中日出版社
  p98「いざさわけのおほかみのみこと」、「いざさわけのかみ」の項目に逸話の記載あり。
 △『全国神社名鑑 上巻』 全国神社名鑑刊行会史学センター/編纂 全国神社名鑑刊行会史学センター 1977年
  p436「氣比神宮」の項目に神社に関する情報あり。
 △『神道史大辞典』 薗田稔/編 吉川弘文館 2004年
  p337-338「けひじんぐう」の項目あり。
  p339「けひのおおかみ」の項目に「大神の名を称えて御食津大神と名付けた。そこで今に気比大神という。」との記載あり。
 
2.後日調査の追加事項 
 〇『「日本の神様」がよくわかる本』 戸部民夫/著 PHP研究所 2004年
  p173-174「伊奢沙別命」の項目あり。
  「イザサワケ命は、福井県敦賀市の気比神宮の祭神で、ケヒ大神あるいはミケツ神とも呼ばれ、古くから航海の神、漁業の神、農業の神として北陸・敦賀地方の人々に信仰されてきた有力神である。」との記載あり。
 〇『すぐわかる日本の神社』 井上順孝/監修 東京美術 2008年
  p220-221「気比神宮」の項目に日本書紀に載っている逸話の記載あり。
 〇『世界大百科事典 8』 平凡社 2007年
  p680「けひじんぐう」の項目あり。
 〇『国史大辞典 5』 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985年
  p118-120「けひじんぐう」の項目あり。 
 △『日本大百科全書 18』 小学館 1987年
  p48「伊奢沙和気大神」の項目あり。
 
3.国立国会デジタルコレクション 
 「気比大神」で検索
 〇『天日槍 : 帰化人第一号神功皇后外祖母家』 今井啓一 著 綜芸舎 1966年
  p91-138「気比大神は天日槍命であろう」の章あり。渡来人の天日槍と伊奢沙別命が同一なのではないかと記載されている。「国立国会図書館/図書館送信限定」
 
4.天日槍命で所蔵調査の内容確認
 〇『日本の神様読み解き事典』 川口謙二/編著 柏書房 1999年
  p50-51「天日槍命」の項目に「阿加流比売を慕って来朝したと伝承される新羅の王子。」との記載あり。天日槍命の家系図あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 9版)
神衹・神道史  (172 9版)
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
社寺縁起伝説辞典 志村有弘/編 戎光祥出版 2009.12 175.033 978-4-900901-00-1
日本史大事典 2 平凡社 1993.2 210.033 4-582-13102-6
神道事典 国学院大学日本文化研究所/編 弘文堂 1994.7 170.33 4-335-16023-2
神道大辭典 第1巻 臨川書店 1981.11 170.33 4-653-00287-8
神社辞典 白井永二/編 東京堂出版 1997.9 175.033 4-490-10474-X
諸神・神名祭神辞典 矢部善三/著 展望社 1991.3 172
日本神名辞典 神社新報社 1994.7 172 4-915265-66-8
「日本の神様」がよくわかる本 戸部民夫/著 PHP研究所 2004.1 172 4-569-66115-7
すぐわかる日本の神社 井上順孝/監修 東京美術 2008.12 175 978-4-8087-0848-1
世界大百科事典 8 平凡社 2007.9 031
国史大辞典 5 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985.2 210.033 4-642-00505-6
天日槍 : 帰化人第一号神功皇后外祖母家 川口謙二/編著 柏書房 1999年 B10682098
日本の神様読み解き事典 川口謙二/編著 柏書房 1999.10 172 4-7601-1824-1
キーワード
(Keywords)
気比神社
伊奢沙別尊
伊奢沙別命
氣比大神
御食津大神
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000305306解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!