このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-210129
事例作成日
(Creation date)
2021/08/18登録日時
(Registration date)
2021年09月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年09月25日 00時30分
質問
(Question)
以前読んだ絵本を探している。「ねこと老婆が暮らしていて,ある時,別のくろいねこがやってきた。この黒猫が特別な能力としておばあさんの未来を映画にして見せることができるということで,その映画を見せたら,黒猫の姿はどこにもなく,黒猫はその映画の次の日に去っていった。」というあらすじと記憶している。20年くらい前に読んだような気がする。
回答
(Answer)
資料1 佐野 洋子作 絵『あのひの音だよおばあちゃん』(フレーベル幼年どうわ文庫 20), フレーベル館, 1982.9【J913/サ】
上掲資料を提供,この本が該当の本であることが確認された。
回答プロセス
(Answering process)
・NDLサーチにて児童書総合目録を検索。「ねこ」「老婆」等をキーワードにいくつか検索。「黒い猫 おばあさん」で検索したところ,頭書の資料が該当したもの。

・絵本ではなく,児童向け読み物と思われる。

・「ねことおばあちゃんが暮らしている」「ある日黒い豚が黒い猫を連れてきた」については質問者のプロットとほぼ同じと考えられる。

・質問者のプロットとは,若干異なるが,現物資料では,「黒い猫は家事等を完璧にこなし,手品もできる特別な能力をもつ猫である」「手品として,おばあちゃんの望んでいる風景を映像にして映し出すことができ,実際にそれを行った」「その映像のなかには,黒猫自身はおらず,おばあちゃんともともといたねこだけのくらしが描かれていた」というようにストーリーが展開されており,似たような展開といえなくもない。

・頭書の資料を提供,この本が該当の本であることが確認される。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
佐野 洋子/作 絵. あのひの音だよおばあちゃん. フレーベル館, 1982.9【J913/サ】:
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000305081解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!