このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000060203
事例作成日
(Creation date)
2021/07/31登録日時
(Registration date)
2021年09月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年10月24日 13時36分
質問
(Question)
肉を食べないことが地球温暖化防止になるという観点から書かれた本はあるか。できればフードマイレージ等にも言及しているもの。
回答
(Answer)
『完全菜食があなたと地球を救うヴィーガン』p132
「国連・気候変動に関する政府間パネル(IPCC)議長で、2007年に当時のゴア米国大統領と共にノーベル平和賞を受賞したパチャウリ博士は「肉の消費量を減らせば、地球温室効果ガスを効果的に減らせる」と主張しました」とある。

『フード・マイレージ』(日本評論社)p161
家畜の飼料を地元でまかなった場合と、輸入した場合の試算結果を載せている。

『みんなで考えよう食の未来と地球環境 1』(小峰書店)p21
「フードマイルって、なに?」の中で、「牛肉は39万トンをオーストラリアから輸入した(2007年)。16万トンの二酸化炭素を出したことになる。」とある。

『食料自給率の「なぜ?」』(扶桑社)p62~
フードマイレージと環境問題について記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
『ラジェンドラ・パチャウリ地球温暖化IPCCからの警告』所蔵なし

農業、畜産業、環境問題の棚をさがす。
「フードマイレージ」で所蔵資料、google books検索。
フードマイレージと肉食と地球温暖化を絡めて書かれたものは見つけられなかった。

児童書で、『みんなで考えよう食の未来と地球環境 1』(小峰書店)に、
牛肉のフードマイレージと二酸化炭素排出量について記載あり。

『食料自給率の「なぜ?」』(扶桑社)p62~
フードマイレージと環境問題について記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『完全菜食があなたと地球を救うヴィーガン』垣本 充/著 ロングセラーズ
『フード・マイレージ』中田 哲也/著 日本評論社
『みんなで考えよう食の未来と地球環境1』中岩 俊裕/文 小峰書店
『食料自給率の「なぜ?」』末松 広行/著 扶桑社
キーワード
(Keywords)
畜産(チクサン)
環境問題(カンキョウモンダイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000305052解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!