このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000059943
事例作成日
(Creation date)
2021/07/21登録日時
(Registration date)
2021年09月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年10月24日 13時35分
質問
(Question)
太陽の塔の黄金の顔は、どちらの方角を向いているのか
回答
(Answer)
万博のメインゲートの方向を向いていた(南向き)。
顔の方角に理由があるのかどうかは分らず。
回答プロセス
(Answering process)
・万博記念公園の園内マップを見ると、南向きに立っている。
https://www.expo70-park.jp/

・方角についての記載が見つからなかった資料。
『太陽の塔」新発見!』
『太陽の塔Walker』
『岡本太郎と太陽の塔』
  p114 駅からメインゲートを入った先に太陽の塔を中心とするテーマ館があった。
  p143 「正面の<太陽の顔>は、万国博に来た観客を最初に迎える顔として、頂部の<黄金の顔>は会場のどこからでも見えることを目的とし、夜間に目から照射されるライトは、万国博のシンボル・エキスポタワーと<太陽の塔>が対峙する姿勢をより強調するためのものである」

太陽の塔オフィシャルサイト
https://taiyounotou-expo70.jp/

・顔に日が当たるように南向き説。
『謎解き太陽の塔』(幻冬舎)p49~
 岡本太郎のエッセイ「黒い太陽」の中で、学校に行くのが嫌で太陽とにらめっこしながら、太陽と会話していたエピソードがあることを引用し、
「塔は南を向いて太陽とにらめっこをしている。太郎の幼少体験に照らしあわせると、南を向く日向の『太陽の顔』が、青空の太陽を見つめる少年太郎にあたる」としている。

・インターネットで検索すると、
大阪万博のシンボルであったエキスポタワーの方を見ているという説もあった。

(URLは2021.8確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『岡本太郎と太陽の塔』平野 暁臣/編著 小学館クリエイティブ
『謎解き太陽の塔』石井 匠/著 幻冬舎
キーワード
(Keywords)
万博(バンパク)
岡本太郎(オカモトタロウ)
大阪(オオサカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000305031解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!