このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福郷-144
事例作成日
(Creation date)
2021年01月28日登録日時
(Registration date)
2021年09月21日 17時26分更新日時
(Last update)
2021年09月21日 17時26分
質問
(Question)
黒田官兵衛が荒木村重を説得するために有岡城へ行き、幽閉された時に村重の家臣と親しくなり、その家臣の子供を養子にしたという。その家臣が誰かを知りたい。
回答
(Answer)
以下の参考資料から、福岡藩筆頭家老三奈木黒田一成の父、加藤又左衛門(重徳)であることがわかる。

参考資料1『新訂黒田家譜 第1巻』p.62
孝高記に、「加藤又左衛門といふ者有。(略)兵庫頭と同じく荒木に属して、伊丹の城にありけるが、孝高の獄中に苦ミ給ふを見て、いたハしく思る。其間久しく懇にあひしらひける。孝高其情ふかき事を感じて、又左衛門に語りていはく、我若無ㇾ恙して本国へ帰りなば、貴方の男子を一人我が所に遣すべし。松壽が弟のごとくに養育すべしと、堅く約し給ひける。是に依て有岡の城没落の後、其子加藤玉松幼少なりしが、孝高の許に来りけるを、孝高是に黒田の姓をさづけ、子のごとくに愛育し給ふ。玉松後に三左衛門と号す。」とある。

参考資料2『益軒全集 5巻』p.53
参考資料1と同記載が所収。

参考資料3『新修福岡市史 資料編近世2』
「御家人先祖由来記」と「増益黒田家臣伝」が翻刻されている。その二つの資料によると、

p.3-4
「御家人先祖由来記」の「黒田三左衛門」に、「睡鷗、幼少の時の名玉松と申候、中比三左衛門と申候、筑前ニて美作と改、隠居剃髪して睡鷗と号、本姓は加藤也、其父加藤又左衛門は摂州の住人にて伊丹兵庫頭一族也、(略)孝高公ヲ城中ニ禁獄し留めて帰さす、其間 孝高公久しく御難儀被成候時、睡鷗父又左衛門 孝高公ヲ深くいたハり奉り候、(略)若我運を開き「無恙」本国に帰なは其方の子一人我に給候得、我子松壽弟として養育すへしと御契約被成候」とある。
p.56-57
「増益黒田家臣伝」の「黒田本性加藤美作一成伝」に、「黒田美作一成本性ハ加藤也、幼名玉松と云、年長して三左衛門と名附、筑前にて美作と改む、隠居し剃髪して睡鷗と号す、父ハ加藤又左衛門と云 荒木摂津守か家臣なり、(略)荒木同心せす孝高を留て禁獄し返さす、其時孝高滞留の間、加藤又左衛門懇志不浅、孝高又左衛門に仰けるハ、我其方の志謝しかたし、無恙帰らハ其方の子一人我に給候へ、養育すへしと約し給ふ」とある。

参考資料4『三奈木村史資料 第1巻』p.6-7
「黒田一義系譜」によると、「一成ハ、伊丹左衛門太夫重徳ノ第二子タリ。(略)伊丹一族率ネ村重ニ属シ、重徳モ其属客タリ。此時重徳本姓ニ復リ、加藤又左衛門ト称ス。(略)村重、孝高ヲ囚エ、之レヲ土窖ニ幽ス。重徳、実ニ村重カ命ヲ以テ之レヲ監守ス。重徳、甚タ孝高ノ智才ヲ慕ヒ且ツ其寃ヲ憫ミ、夫妻慇懃ニ接待シ、陰ニ衣食ヲ給シ善ク之レヲ視ル。(略)孝高ハ其帰ニ臨ミ、重徳夫妻カ、己カ難厄ヲ保護セシ効労ヲ謝シ、為メニ重徳カ一子ヲ養ヒ、永ク其恩ニ報センコトヲ約セラル」とある。

参考資料5『ふるさと人物誌』p.9
「三奈木黒田一成」の項があり、「孝高の監視役を命じられた村重の家臣・加藤重徳は、監視をしているうちに孝高の智才を慕うようになり、2人は心が通じ合うようになりました。孝高は「そなたは私の命の恩人。もし私がこの城から脱出し、再び活躍するときがきたら、そなたの一子を立派な武士として育てたい」と、重徳と約束したのです。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
福岡藩基礎資料『黒田家譜』と「家臣伝」の両方から調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
川添昭二, 福岡古文書を読む会 校訂 , 川添, 昭二, 1927-2018 , 福岡古文書を読む会. 新訂黒田家譜 第1巻. 文献出版, 1983.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004384507-00
〔貝原 益軒/著〕 , 益軒会/編 , 貝原‖益軒 , 益軒会. 益軒全集 5巻. 国書刊行会, 1973.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015748509-00
福岡市史編集委員会/編集 , 福岡市. 新修福岡市史 資料編近世2. 福岡市, 2014.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I062141511-00
安陪光正 編 , 安陪, 光正, 1923-. 三奈木村史資料 第1巻. 西日本新聞社出版部, 1975.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001518607-00
朝倉市ふるさと人物誌編纂委員会/編集 , 朝倉市. ふるさと人物誌 : 朝倉に光を掲げた人々. 朝倉市役所, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I043550669-00
キーワード
(Keywords)
黒田官兵衛
有岡城
荒木村重
加藤又左衛門
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000304914解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!