このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110925
事例作成日
(Creation date)
2021年06月22日登録日時
(Registration date)
2021年09月19日 13時40分更新日時
(Last update)
2021年09月24日 17時07分
質問
(Question)
トンボのことを「勝虫(かちむし、かつむし)」と呼ぶが、その由来などが知りたい。
回答
(Answer)
下記資料1では、トンボは日本人にとって好ましい虫であった、とした上で「男性にとっては勝ち虫という縁起の良い虫として武具の文様に使われ」たとある。また、「トンボは前に進んで引くことを知らないことから「勝ち虫」とも呼ばれ」とある。さらに、「日本書紀」にみえる雄略天皇を刺したアブを、トンボが素早く飛来して加えて飛び去った、との挿話を引いて「トンボはすばやく攻撃力が強く、空中を飛び交う小虫を食べる勇敢な行動をとる虫として伝えられたのも「勝ち虫」のイメージを日本人に強くうえつけました。」とある。

資料2に、トンボが武具などの意匠として用いられる「勝虫」であるとした上で、「トンボは真直ぐに飛んで決して後戻りが出来ないという性質を重視し、武具や刀装に用いて、戦場に出かける武士の心得を表すと共に、常に前進して勝利への祈願とした。」とある。

資料3に、「「蜻蛉をかく勝軍虫と名づけしは、如何なる理由に本づけるかと云ふに、彼の蜻蛉は昆蟲類に属するも、その食物は蜂蝶の如く花の香を尋ね蜜を吸ふにあらずして、多くは空中を飛翔して、他の小動物を捕食する勇敢の行動あるものにして、雄略天皇が天皇の臂を咥へる虻を、蜻蛉の捕獲せるを讃め給ひて歌を詠まれ給ひしことは、日本書紀にも見えて、人の知る所なりとす。されば、何事も武事を重んぜる武士が、蜻蛉を以て勝ち軍虫と称して、これを箙の飾となし利運を祝福するに至りし」とある。」とある。
国立国会図書館デジタルコレクション:日本紋章学 475コマ目(インターネット公開)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879378/475

なお、資料3に雄略記「吉野の蜻蛉」として、上記エピソードが見えるが、勝虫の記述なし。
回答プロセス
(Answering process)
『日本国語大辞典』第2版(第3巻p824)に「勝虫(かつむし)」の項があり、とんぼ(蜻蛉)の異名。とある。用例としては『言海』を挙げている。
『大言海』p431によると、その起源について「雄略天皇ノ御腕ニ、虻ノ食ヒツキタルヲ、蜻蛉ノ来テ食ヒシコトアリ(雄略記)コレニ起ル名カト云フ」とある。また「勝ツヲ祝シテ、武具ナドニ、多ク、其象ヲツク」とある。

486の棚をブラウジング

自館蔵書検索にて、全文「虫 文化」で検索、ヒットした資料にあたる。

レファ協を確認、類似事例あり。
トンボが勝虫と呼ばれる理由(神戸市立中央図書館)
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195915

とんぼを勝虫(かちむし)と呼ぶことについて書かれている本は?(香川県立図書館)
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107041

また、『大漢和辞典』の「勝」の項には、熟語として「勝蟲(カツムシ)」の項があり、「蟲の名。とんぼの異名。」とあるが、用例は記載されていない。(中国での用例は多くないものと思われる。)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
昆虫類  (486 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.栃木県立博物館 編 , 栃木県立博物館. トンボ : 日本人に愛されてきた水辺のハンター : 企画展. 栃木県立博物館, 2003.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004199097-00 , ISBN 4887580231 (p2,8)
2.芦田正次郎 著 , 芦田, 正次郎, 1926-. 動物信仰事典. 北辰堂, 1999.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002773015-00 , ISBN 4892872296 (p172-173)
3.沼田 頼輔/著 , 沼田‖頼輔. 日本紋章学. 明治書院, 1926.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005734820-00  (p852-853)
4.小島, 憲之, 1913-1998. 新編日本古典文学全集 3. 小学館, 1996.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002534552-00 , ISBN 4096580031 (p161-162)
キーワード
(Keywords)
トンボ
民間信仰
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000304868解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!