このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
0000002046
事例作成日
(Creation date)
2021/09/18登録日時
(Registration date)
2021年09月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年09月19日 00時30分
質問
(Question)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ マールバラ公
このページに以下のような記載があります。
”貴族に序せられた後、新参のマールバラ公をからかおうと他の貴族から「君は誰の子孫なのか、教えてもらえるかな?」と問われた
時、彼はこう答えたと言われている。 「私は子孫ではない。祖先となるのです」”
インターネットで簡単に調べてみましたが、この出典がわからないので、似たようなことが書かれている書籍があれば教えてほしいです
回答
(Answer)
お探しの逸話が記載されている資料は以下のとおりです。

・川北義則∥著 『人生で捨てていいものいけないもの』大和書房 2011.12
→p150に次のとおり記載があります。「英国のマールバラ侯爵家は、ヨーロッパでも有数の家柄だが、初代ジョン・チャーチルは、英国史上屈指の将軍とされている。彼はすぐれた軍才を発揮し、一代でいまに続く名門貴族を興した。そのマールバラ公が貴族になったのち、新参者の彼を「きみは誰の子孫なんだ?」とからかった者がいた。英国は階級社会の国だが、三〇〇年前の当時はいまよりもその意識がさらに高かった。名家の出であることが何よりの肩書であり、成り上がりの彼には、とうてい持ち得ないものだったのだ。しかし、マールバラ公は毅然と胸を張り、こういい返したという。「私は子孫ではない。祖先になるのだ」」
しかし、この資料にも特に出典や参考文献は記されていません。

また、当館未所蔵の洋書に以下の記述があるようです。
・ Morris Mandel∥著『A Complete Treasury of Stories for Public Speakers』Jonathan David Co., Inc 1974
→p217に「(中略)To which the Duke of Marlborough replied , “ Sir , I am not a descendant ; I am an ancestor . ”」と記載があるようです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査より、世界の名言、格言に関する辞典等を確認するが記載なし。
日本語版ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A9%E5%85%AC
(最終確認日:20210627)の参考文献を確認。
・海保眞夫∥著『イギリスの大貴族』平凡社 1999.10
→p20-21に初代公爵の次女アン・チャーチルに関する記述があるが、探している記述はない。
・森護∥著 『英国の貴族 遅れてきた公爵』筑摩書房 2012.1
→p262-287に風雲児が一代で築いた=モールバラ公家という章があるが、探している記述はない。
・『英米史辞典』研究社、2000年
→p455-456に「モールバラ公」「モールバラ公妃」について記述があるが、エピソードに関するものはなし。

Googleで「私は子孫ではない。祖先となるのです。△マールバラ」で検索。
→様々な名言をまとめた個人ブログ「人の心に灯をともす」
https://ameblo.jp/hiroo117/entry-12150234417.html (最終確認日:20210627)の記事がヒット。
出典があったため川北義則∥著 『人生で捨てていいものいけないもの』大和書房 を確認。

Googleブックスで「I am not a descendant. I am an ancestor Marlboroug」と検索。
→『A Complete Treasury of Stories for Public Speakers』という書籍がヒット。p217に「(中略)To which the Duke of Marlborough replied , “ Sir , I am not a descendant ; I am an ancestor .」という記述がある。

インターネットで「マールバラ公爵△逸話」で検索。
→次のサイトがヒット
https://artsandculture.google.com/entity/m0crjtc?hl=ja (最終確認日:20210627)
「レディ・ヘンリエッタ・スペンサー=チャーチルは、(中略)オックスフォードシャーにあるブレナム宮殿を代々受け継ぐマールバラ公ジョン・スペンサー=チャーチルの長女。一族の歴史や逸話などを基にした『Blenheim and the Churchill Family: A Personal Portrait』などいくつかの書籍を発表。」とある。彼女の著作に典拠となる記述があるかは不明。
事前調査事項
(Preliminary research)
この段落は2011年8月13日 (土) 15:46に追加されているようです。

wikipediaの別の言語のページを見てみましたが、この段落自体がどの言語にも見当たりません。
日本語版でこの項目が追加された日時付近の版で英語版のページを見てみましたが、それもなさそうです。

Googleで「マールバラ公 子孫 祖先」と検索しました。
https://meigennavi.net/word/02/021179.htm
このページが見つかり、リンクから以下のページへ飛べました。
https://meigennavi.net/word/02/021666.htm
しかし、出典が特定の書籍などを指すわけではありません。
このページがいつごろ公開されたかも、Goolgleでは表示されず、HTMLなどを見ても手がかりがなさそうです。

この方のツイートも見つかりました。
https://twitter.com/simon_sin/status/979003211259367424
Twitterで「マールバラ公 祖先」と検索したところ、同じ方のこのツイートが一番古そうです。
https://twitter.com/Simon_Sin/status/102969573686517760
ツイート日時がWikipediaの編集日時と近く、Wikipediaの編集者名もTwitterアカウント名と類似しているため、もしかすると同一
人物かもしれません。
前述の格言サイトとどちらが先かわかりませんが、どちらかが何らかの書籍から得た情報ではないかと思いました。

次に「duke of marlborough 1st ancestor descendants」と検索しました。
ざっと見るとancestorもdescendantsもチャーチルを指す単語として使われているようなので調査終了。

次に「Duke of Marlborough 1st aphorism」と検索しました。
https://www.azquotes.com/author/19754-John_Churchill_1st_Duke_of_Marlborough
同じような内容のページが複数出てきますが、該当するような内容は見当たりませんでした。
あまり有名な言葉ではないのかもしれません。
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
川北義則∥著. 人生で捨てていいものいけないもの. 大和書房, 2011.12【159/カワキ】:150
海保眞夫∥著. イギリスの大貴族. 平凡社, 1999.10【361.8/カイホ】:
森護∥著. 英国の貴族. 筑摩書房, 2012.1【361.8/モリ】:
松村赳∥編著 富田虎男∥編著. 英米史辞典. 研究社, 2000.1【233/マツム】:
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000304857解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!