このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-128
事例作成日
(Creation date)
2021年9月17日登録日時
(Registration date)
2021年09月17日 15時59分更新日時
(Last update)
2021年10月27日 19時19分
質問
(Question)
飯塚道重「小諸御城下と「戌の満水」」の論文内で引用されている『洪水覚え書』の全文が見たい。
回答
(Answer)
『洪水覚え書』の所在は現在不明であり、全文が掲載されている資料も確認できなかった。

・斎藤洋一「古文書解読講座(第159回) 」『千曲』 第168号 2019 p.50-54に解説がある。

  (前略)飯塚さんは、『小諸市誌』発行後に見つかった史料として「洪水覚書」をあげ、「藩士の河合
  某が書き残したもので、全容をよくまとめてあるので、よく利用している」と語っておられます(信濃
  毎日新聞編『「戌の満水」を歩く』)。そしてこの本には、その冒頭も掲載されています。 (中略)。
  そこでこの「洪水覚書」を見たいと思って、何人かの方に所在をお尋ねしたところ、東御市に
  お住まいの佐藤悦夫さんが、小諸藩の家老を務めた牧野家に伝わる「満水覚書」のことではないかと
  教えてくださいました。
   早速「満水覚書」を見せていただいたところ、記されていることはよく似ていますが、表題が
  異なることと、「洪水覚書」は「藩士の河合某が書き残したもの」というところが大きく異なります。
  「満水覚書」には「河合某」の記述はないからです。したがって現時点で二つの史料が同じものという
  ことはできません。しかし、どちらも小諸の被災状況を伝える貴重な史料といえます。「洪水覚書」に
  ついてご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示をお願いします。

 
 また、全文ではないが以下の資料で一部『洪水覚え書』に関する記載が見られたので合わせて紹介した。

・『寛保2年の千曲川大洪水「戌の満水」を歩く』信濃毎日新聞社出版部 信濃毎日新聞社 2021 p.43-45
一部略で『洪水覚え書』の訳文を掲載している。
 
・飯塚道重「小諸城下と戌の満水」『千曲塾 第1集 報告書』 
      国土交通省北陸地方整備局千曲川工事事務所調査課企画・編集 2002 p.68-77
  『千曲』第107号で紹介されている箇所と異なる部分を含む引用を確認した。

<その他の調査資料>
・『小諸市誌 歴史篇3 近世史』小諸市誌編纂委員会編・刊 1991【N222/43/2-3】p.987-1010
・『信濃史料 索引』信濃史料刊行会編・刊 1972【N208/28A/31】
・『高原の城下町小諸藩歴史散歩』 飯塚道重 櫟 1998【215.2/イミ】
・『江戸時代の小諸藩』 塩川友衛編・刊 1997【N222/121】
・丸山厚至「古文書・言い伝え・痕跡から「戌の満水」を考察する(一)」『千曲』第165号 2018 p.6-21
・丸山厚至「古文書・言い伝え・痕跡から「戌の満水」を考察する(二)」『千曲』第166号 2018 p.9-22
・青木隆幸「「戌の満水」(「寛保の洪水」)試論 」『長野県立歴史館研究紀要』第20号 2014 p.2-13
回答プロセス
(Answering process)
1 質問者がみた論文を確認する。
p.35の参考資料で以下の記載を確認する。
 
 「小諸市誌近世編」(小諸市教育委員会)
 「小諸洪水流出改帳」(小山隆司家蔵)
 「洪水覚え書」(小諸藩士・河合某手記)

2 長野県に関する史料等のデジタルアーカイブサイトを調べる。
信州デジタルコモンズ」や「信州地域史料アーカイブ」でキーワード「洪水覚え書」「洪水」
「河合」「戌の満水」で検索をするが、『洪水覚え書』は確認できない(最終確認2021/10/22)。

3 市町村誌を確認する。
長野県市町村誌目次情報データベースで2と同様に検索し該当資料を確認したり、
1の参考資料で挙げられている『小諸市誌 歴史篇3 近世史』風災害の項目を見たりするが、
『洪水覚え書』の記載は見つからない(最終確認2021/10/22)。

4 『信濃史料』を調べる。
 『信濃史料 索引』でキーワードとなりそうなものを引き該当巻を見るが、
 『洪水覚え書』は確認できない。

5 キーワード「飯塚道重」や「小諸藩」で当館蔵書を検索する。
ヒットした資料を調べるが、『洪水覚え書』に関する記載はなし。

6 キーワード「戌の満水」で当館蔵書を検索する。
 『寛保2年の千曲川大洪水「戌の満水」を歩く』p.43に、『洪水覚え書』は『小諸市誌 歴史編三』が
発行された後に発見されたと、小諸市誌編纂委員の飯塚道重の言で記述がある。また『洪水覚え書』の
訳文が一部略で掲載されている。
※ここでは『洪水覚書』と記されている。

7 論文が掲載された雑誌である『千曲』を発行している東信史学会に問い合わせする。
この件に関して詳しいことを知っている斎藤洋一氏(小諸市古文書調査室室長)を紹介される。

8 斎藤洋一氏に問い合わせをする。
『千曲』第168号の記事を紹介して「よく問い合わせを受けるが『洪水覚書』の所在は不明であり、
  類似した『満水覚書』の所在のみ把握している」という回答を得る。
事前調査事項
(Preliminary research)
飯塚道重「小諸御城下と「戌の満水」」『千曲』第107号 2000 p.31-35

  …水、鉄砲の如く早く辰の刻より四つ時(午前八時~一〇時)までの内なり。水の引く事はたちまち
  なり。水高さ二、三丈にも及び候へども見届け申す者これなく、中沢川、松井川水出候事、六供、
  成就寺、尊立寺、宅応寺、実大寺、東は光岳寺門脇まで押し破り、丸屋一軒も残さず本町を押し流し、
  城内に入り候。(中略)泥水にて十間も流れて目を明け得る者なく、その上大石木山の如く流れ掛り、
  子を抱き親を助けながらたちまち死する者もあり。或いは大木に乗りて流れ行くもありその様々の
  死乱何程の人損じ候や。格別なるは家共流れくる内に、木に当り岩に当り候や、川中にて微塵に
  押し倒れ、二、三十人一度に流死の有様、目を驚かせ候事大変筆紙に尽くし難し…(『洪水覚え書』)
NDC
中部地方  (215 10版)
社会福祉  (369 10版)
河海工学.河川工学  (517 10版)
参考資料
(Reference materials)
信濃毎日新聞社出版部 編 , 信濃毎日新聞社. 寛保2年の千曲川大洪水「戌の満水」を歩く 増補改訂版. 信濃毎日新聞社, 2021.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I031508963-00 , ISBN 9784784073818 (【517.4/シナ】)
国土交通省北陸地方整備局千曲川工事事務所調査課/企画・編集 , 国土交通省北陸地方整備局千曲川工事事務所調査課. 千曲塾 : 報告書 第1集. 国土交通省千曲川工事事務所, 2002-03.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059350949-00  (【N517/179/1】)
キーワード
(Keywords)
戌の満水
寛保の洪水
洪水覚書/洪水覚え書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000304822解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!