このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-071
事例作成日
(Creation date)
2021年07月29日登録日時
(Registration date)
2021年07月30日 11時56分更新日時
(Last update)
2021年08月06日 16時23分
質問
(Question)
『秩父坂東湯殿山記行』に記された善光寺本堂の説明文で、本堂の大きさについて説明があるが、実際の本堂のサイズについて知りたい。また、「寺家四拾六ケ所有」という文が続くが、寺家とは何か。
回答
(Answer)
 善光寺は火災にあい、何回か再建されているが、現在の本堂は、下記のとおり宝永4年(1707年)に再建されており、『秩父坂東湯殿山記行』の成立年の享保11年(1726年)以前に完成している。『秩父坂東湯殿山記行』の著者がみた善光寺は、現存する本堂と思われる。

本堂の大きさについては、『長野県史 美術建築史料編 全1巻(2)建築・解説編』 長野県編 長野県史刊行会 1990 【215.2/ナガ/6-2-1】p.120-121 「善光寺本堂」に、
   (-前略-)現在の本堂は、元禄十三年(一七〇〇)の罹災後、松代藩主真田伊豆守(幸道)が幕府の
  命をうけ、幕府作事方大棟梁甲良(こうら)宗賀の設計にもとづき、その弟子木村万兵衛を棟梁とし、
  し、元禄十六年に着工し、宝永四年八月に供養したもので、このとき、寺地を北にうつして再建した。
  (-中略-)堂は正面五間、側面一四間の主屋の四周に裳階をつけ、縁をめぐらし、正面に向拝を、側面
  に階隠を設けた形で、(-中略-)屋根は裳階・主屋とも檜皮葺である。(-後略-)
とある。p.121には、善光寺本堂平面図 が掲載されている。
 また、『善光寺大紀行 女性にやさしい庶民の大寺』 田中欣一編 一草舎出版 2009 【188.45/タキ】 p.110-114にも記述があり、本堂の屋根の造り等、わかりやすく書かれている。p.111では、
   正面(幅)は八間で、三間の唐破風(からはふ)の向拝(ごはい)付き。奥行きは十六間で側面の前
  部分に脇向拝が付く。
とあり、資料によって大きさの記述が異なっている。
 『よくわかる善光寺参り』善光寺事務局監修 チクマ秀版社 2000 【N181/195】 p.53-57には、建築の特徴が記されており、
   本堂は、間口二三・八九メートル、高さ二五・八二メートル、奥行き五三・六七メートルの規模をも
  つ江戸中期仏教建築を代表する大伽藍です。
と、間ではなく、メートルでの記述がある。
 なお、善光寺の公式ホームページの「本堂のご案内」を参考に紹介した。【最終確認2021.8.3】

「寺家四拾六ケ所有」については、『善光寺の歴史と信仰』 牛山佳幸著 法蔵館 2016 【N181/292】p.231に、
   武士階級に属した文化人に対して、庶民層の善光寺参詣が盛んになったのは一八世紀の後半、とくに
  天明年間以降である。(-中略-)こうした参詣者の宿泊施設としては、山内の院坊四六か所のほか、大
  門町に旅籠屋が約三〇軒、東之門町に木賃宿が約二五軒あった.善光寺の院坊が宿坊の経営を生業とし
  ていたのは、それらが禅宗寺院の塔頭などとは異なり、中世の聖や御師の住房を前身とするものが多
  かったことによる。(-後略-)
とあり、院坊を指すものと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
1 善光寺本堂について、建築面から記述のある資料を探す。郷土分類N180の仏教、N521の建築から資料を見ていく。

2 『長野県史 美術建築史料編 全1巻(2)建築・解説編』 で善光寺についての記述を探す。

3 「寺家」を『日本国語大辞典』で見る。また、『国史大辞典』で確認する。「じけ 1 寺。寺院。寺当局。寺院の組織。2 僧侶。出家。寺の者。寺院内部で塔頭(たっちゅう=院家)に対する寺当局。寺格を表す。」等の記述があった。

<調査資料>
・『善光寺の匠と技』 相原文哉著 銀河書房 1987 【N521/100】
    善光寺建築の手法についてわかりやすく記述されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 10版)
日本の建築  (521 10版)
参考資料
(Reference materials)
長野県/編 , 長野県 , 長野県. 長野県史 美術建築資料編 全1巻(2)建築・解説. 長野県史刊行会, 1990-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059318535-00  (【215.2/ナガ/6-2-1】p.120-121)
田中欣一 責任編集 , 田中, 欣一, 1929-. 善光寺大紀行 : 女性にやさしい庶民の大寺. 一草舎出版, 2009. (「信州の大紀行」シリーズ ; 6)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010087972-00 , ISBN 9784902842579 (【188.45/タキ】 p.110-114)
よくわかる善光寺参り (』善光寺事務局監修 チクマ秀版社 2002 【N181/195】 p.53-57)
キーワード
(Keywords)
善光寺
善光寺本堂
撞木造り
寺院建築
寺家
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000302418解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!