このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
守山市立図書館 (2300027)管理番号
(Control number)
0014
事例作成日
(Creation date)
2011年06月20日登録日時
(Registration date)
2021年07月25日 16時54分更新日時
(Last update)
2021年07月30日 16時22分
質問
(Question)
醴池(あまがいけ)の由来について
回答
(Answer)
『守山市史 上巻』P146~によると
「『日本書記』持統天皇七年十一月己亥の条に、平城京から沙門法員、善住、真義らを遣わして、近江国益須寺の醴泉を飲ましめた旨を記している。」
「醴泉の涌水場所は益須郡の都賀山と称するところであり、益須寺に人びとを停宿させて治療にあたらせたところ全快したもの多く、よって、益須寺に水田四町と布六十端を献じ、また、益須郡の調役、雑徭を一年間除いた。醴泉を発見した葛野の羽衝と百済の土羅々女に褒賞をとらせたという」

『守山市誌 地理編』P526によると
「日本書記持統天皇7年(693)と8年の条にある記述の概要は、「近江国益須郡都賀山に清水の湧き出る醴泉があり、多くの病人が益須寺に泊まって治療している。この泉を発見した人に布や鍬の褒美を与え、郡の税金を免除し、役人の位階を1つ上に上げる」とあります。この醴泉はどこか特定できませんが、浮気、立入、吉身、梅田、泉などの各町に野洲川の伏流水が湧出していた池や沼沢地と考えられ、守山市の水源地帯のことです」

『滋賀の伝説』P86によると、
「甘香池(あまがいけ)(醴泉(こざけのいずみ))-守山市-
持統天皇の時代に、守山の地に、あまくて美しい水(醴)がわき出ていた。それを聞かれた天皇は、善住と真義という二人の僧をつかわして調べさせ、飲ませると病気にもきくことがわかった。
 この池を甘香池とよび、池の水がいろいろな病気にきくというので、ほうぼうの土地から、たくさんの人たちが病気をなおしにやってきた。
 多くの病人がなおったので、天皇は、この地方をおさめている役人の位を上げ泉を発見した葛野羽衝と百済土羅々女という人にたくさんのほうびをあたえた。」

『近江輿地志略 新註』P790によると、
「醴泉之蹤至今在寺門南、俗称曰甘香池」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
参考資料
(Reference materials)
『守山市誌 地理編』守山市史編さん委員会,守山市,2001(M290),p526
『滋賀の伝説』滋賀県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1981(388),p86
『近江輿地志略 新註』寒川辰清,藤本弘文堂,1976(S291),p790
『守山市史 上巻』1974(M216),p146-147
キーワード
(Keywords)
滋賀県
守山市
醴池
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000302193解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!