このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2021-020
事例作成日
(Creation date)
2018年12月16日登録日時
(Registration date)
2021年07月15日 13時52分更新日時
(Last update)
2022年01月25日 10時22分
質問
(Question)
「浮生六記」に関する研究書を探している。
回答
(Answer)
以下の資料とインターネット情報を紹介した。

1 図書
『中国文学のたのしみ』(松枝茂夫著 岩波書店 1998)
 p37-46「『浮生六記』の魅力」の項に、著者の訳書『浮生六記 浮生夢のごとし』(沈復作 岩波書店 1981)の解説改題あり。

『中国古典文学大系 第56巻』(松枝茂夫編 平凡社 1969)
 p337-403「浮生六記」の項に記述あり。
 p488-489松枝茂夫著「『浮生六記』について」あり。

『中国法制史研究 [第4] (法と慣習・法と道徳)』(仁井田陞著 東京大学東洋文化研究所 1964)
 p564-581「法と道徳 第4章 舊中國社會の義理と人情 ―浮生六記を主題として―」あり。章末の注(1)に、「「浮生六記」について中川善之教授の所見が発表されている(が執筆者未見)」、「「浮生六記」に言及したものとして、仁井田「中國社會と兄弟的仲間結合構造 -浮生六記と水滸傳」(随筆中國第三冠 昭和二三年四月七頁以下)、同「中國法制史」(岩波全書昭和二七年六月二三頁)などがある」とあり。

『世界ノンフィクション全集 33』(中野好夫[ほか]編 筑摩書房 1961)
 p317-437石田貞一訳の『浮生六記』が収録されている。
 p441-442上記作品に対する桶谷繁男著の「解説」あり。

2 インターネット情報
《大阪大学リポジトリ》( https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/?lang=0  大阪大学)池間里代子著「『浮生六記』にみえる花論 : 『紅楼夢』と比較して」(「中国研究集(57)」 大阪大学中国学会 p41-60 2013.12  https://doi.org/10.18910/58633
 『浮生六記』の花論について記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を確認する。
『中国学芸大事典』(近藤春雄著 大修館書店 1980)
 p690「ふせいろくき 浮生六記」の項に、参考文献として仁井田陞著の『浮生六記』と藤井正夫著の『沈復と芸娘』あり。

2 自館目録を〈浮生六記〉〈著者名:松枝茂夫〉で検索する。

3 《国会図書館オンライン》( https://ndlonline.ndl.go.jp/ 国会図書館)を〈浮生六記〉〈浮生六記 & 仁井田陞〉検索する。

4 《Japan Knowledge》(ネットアドバンス)を〈浮生六記〉〈松枝茂夫〉〈仁井田陞〉〈沈復〉〈中川善之〉で検索する。

5 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈浮生六記〉〈沈復〉〈藤井正夫〉検索する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年12月16日。
事前調査事項
(Preliminary research)
『浮生六記 浮生夢のごとし』(沈復著 松枝茂夫訳 岩波書店 1981)
NDC
中国文学  (920 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中国文学のたのしみ』(松枝茂夫著 岩波書店 1998), ISBN 4-00-001384-X
『中国古典文学大系 第56巻』(松枝茂夫編 平凡社 1969), ISBN 4-582-31256-X
『中国法制史研究』(仁井田陞著 東京大学東洋文化研究所 1964)
『世界ノンフィクション全集33』(中野好夫[ほか]編 筑摩書房 1961)
キーワード
(Keywords)
中国小説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
文学
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000301815解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!