このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2021-013
事例作成日
(Creation date)
2019年08月18日登録日時
(Registration date)
2021年07月06日 19時16分更新日時
(Last update)
2022年01月25日 11時29分
質問
(Question)
海外の妊婦検診事情について、検診の回数や内容などが知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料と情報を紹介した。

1 図書
『アメリカでお医者さんにかかるときの本』(あめいろぐ著 反田篤志監修 保健同人社 2014)
 p173-202「chapter 9 産婦人科」の項に、妊娠前検診、妊娠中の妊婦検診について記述あり。

2 雑誌
國光文乃著「米国における母子保健医療と出産の諸状況」(『公衆衛生 73巻8号』p622-625 医学書院 2009.8)
 p622「妊婦検診」に、回数と内容の記述あり。
横山美江[ほか]著「フィンランド-ネウボラの妊娠・出産・子育て-(「海外の母子保健や子育て支援から学ぶ」第4回)」(『保健の科学 59巻7号』p483-488 杏林書院 2017.7)
永井周子著「オランダ-異文化での出産-(「海外の母子保健や子育て支援から学ぶ」第8回)」(『保健の科学 59巻11号』p777-781 杏林書院 2017.11)
 p778「2. 助産師検診」の項に、「オランダでは、妊娠・出産とも、助産師が主たる 担い手として活躍する」とあり。また、筆者が受診した検診の体験談あり。

3 インターネット情報
(1)《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構)
寺川(鈴木)まゆ著「海外だより~ニューヨークでのドタバタ生活~」(『生物物理 56巻5号』p298-299 日本生物物理学会 2016.10  https://doi.org/10.2142/biophys.56.298 ) 
 筆者が受診した検診について、体験談あり。
奥野ひろみ[ほか]著「都市化が母子衛生に及ぼす影響に関する研究-ネパール国首都近郊農村部の母親への調査から-」(『国際保健医療 23巻4号』p247-256 日本国際保健医療学会 2008.11  https://doi.org/10.11197/jaih.23.247
 p250-251「妊娠中の管理と分娩の状況」に、妊婦検診に関する記述あり。
高田恵子[ほか]著「日本と開発途上国の看護の差異に関する研究-ラオスで活動した青年海外協力隊員への面接と報告書の分析-」(『北関東医学 60巻1号』p31-40 北関東医学会 2010.2  https://doi.org/10.2974/kmj.60.31
 p37表6に「出産までに 4回の妊婦健診を受けるように指導している」「妊婦健診は血圧測定とドップラーでの胎児心音聴取だけ」とあり。

(2)《群馬県地域共同リポジトリ》( https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/  群馬大学)
大久保麻矢[ほか]著「バングラデシュ農村部の妊婦健診と分析と今後の課題」(『The Kitakanto Medical Journal 5巻3号』p213-223 北関東医学会 2006.8  https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/handle/10087/3112

(3)《レディースクリニックつねざわ》( https://ameblo.jp/lc-tsunezawa/  レディースクリニックつねざわ)
《欧米先進国の妊婦健診事情》( https://ameblo.jp/lc-tsunezawa/entry-11877250797.html  レディースクリニックつねざわ)
 「各国の妊婦検診」として、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、スウェーデン、ドイツの6ヶ国について記載あり。(2014年6月13日の記事)
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈タイトル:妊婦健診 & フルテキスト:調査 & NDC分類:49 & 出版年月:1990-2019 & 自館所蔵〉で検索する。

2 《国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)を〈健康診断〉〈検診〉で検索する。

3 《国会図書館リサーチ・ナビ》( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国会図書館)を確認する。

4 NDC分類〈498〉の棚を確認する。

5 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈妊婦健診 & 海外〉〈妊婦健診 & 海外 & site:go.jp〉で検索する。
 《外務省》「世界の医療事情」( https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html  外務省)
 《厚生労働省》( https://www.mhlw.go.jp/index.html  厚生労働省)

6 《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構)を〈妊婦健診 & 外国〉〈妊婦健診 & 海外〉で検索する。

7 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈妊婦検診〉で検索する。

8 《Web OYA-bunko》(大宅壮一文庫)を〈妊婦健診 & 海外 & 事情〉〈妊婦健診 & (海外 or 事情)〉〈妊婦健診 & 海外〉〈妊婦健診〉で検索するが、質問に該当するものはなし。

9 《MAGAZINEPLUS》(日外アソシエーツ)を〈妊婦健診 & 海外〉〈妊婦健診〉で検索する。

10 《医中誌Web》(医学中央雑誌刊行会)を〈妊婦検診調査 & 各国〉〈妊婦検診調査 & 海外〉で検索する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2019年8月18日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
婦人科学.産科学  (495 9版)
参考資料
(Reference materials)
『アメリカでお医者さんにかかるときの本』(あめいろぐ著 反田篤志監修 保健同人社 2014), ISBN 978-4-8327-0692-7
『公衆衛生 73巻8号』(医学書院 2009.8)
『保健の科学 59巻7号』(杏林書院 2017.7)
『保健の科学 59巻11号』(杏林書院 2017.11)
キーワード
(Keywords)
妊婦検診
母子保健
母子衛生
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000301447解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!