このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001741
事例作成日
(Creation date)
2021/06/19登録日時
(Registration date)
2021年07月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年07月30日 13時04分
質問
(Question)
「落葉帰根」の出典を調べてほしい。
回答
(Answer)
『景徳伝灯録』巻五・第三十三祖慧能大師(宋・釈道原 著)
 
「葉落帰根」と記載あり。(※落葉ではない)
「葉落ちて根に帰す」
意味:葉は落ちて根もとに帰る。何事も結局はもとに帰る意。落ち着くところへ落ち着くの意。多くは根本を忘れぬことについていう
回答プロセス
(Answering process)
1.“落葉帰根”で当館所蔵資料を検索
 →2件ヒット。
 
 内容が該当しない。
 
2.商用データベース「ジャパンナレッジ」( https://japanknowledge.com/library/
 “落葉帰根”を検索
 →ヒットなし。 
 
3.「レファレンス協同データベース」( https://crd.ndl.go.jp/reference/
 “落葉帰根”を検索
 →ヒットなし。
  
4.Google検索“四字熟語”&“落葉帰根”
 →多数ヒットあり。
 
 インターネット上、「落葉帰根」は多数ヒットしたが、出典については記載がなかった。しかし、この中に下記のウェブサイトが掲載してあった。
  
 ・「葉落帰根」(ようらくきこん) | 円水社+(プラス) Blog ...
  (校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)の公式Webサイト)
 
 掲載記事の中に「葉落帰根」(1字目と2字目が逆)と見出しがあり、『剣南詩稿「八四・寓嘆」』などと記載あり。  
 
 
5.「国立国会デジタルコレクション」( https://www.dl.ndl.go.jp/
  『剣南詩稿「八四・寓嘆」』を検索したが、掲載確認できず。
 
6.「ジャパンナレッジ」と「レファレンス協同データベース」でも念のため、「葉落帰根」を再検索。
 →それぞれヒットなし。 
   
7.以下の四字熟語の辞典とことわざ辞典で「落葉帰根」と「葉落帰根」を調べたが、掲載無し。
  
 ・『新明解四字熟語辞典』三省堂編修所 編/三省堂/2013【R813.4/シ】
 ・『「言いたいこと」から引ける慣用句・ことわざ・四字熟語辞典』西谷裕子 編/東京堂出版/2012【R813.4/ニ】
 ・『小学館四字熟語を知る辞典』飯間浩明 編/小学館/2018【R813.4/イ】
 ・『四字熟語ときあかし辞典』円満字二郎 著/研究社/2018【R813.4/エ】
 ・『岩波ことわざ辞典』時田昌瑞 著/岩波書店/2000【R388.81/ト】
 ・『ことわざ・名言事典』創元社編集部 編/創元社/1980【388.8/SO81】
 
8.5の『剣南詩稿』の著者は陸游。
 “陸游”で当館所蔵資料を検索
 →数件ヒットあり。
 
  漢詩の棚で「陸游」と「陸放翁」(陸游の号名で同一人物)の本を直接確認。
 
 ・『漢詩選 13』集英社/1997【921/カ/13】
 ・『漢詩大系 19』集英社/1980【921/KA59/19】
 ・『陸放翁詩解 中』鈴木虎雄 著/弘文堂/1954【921/SU96/2】
 ・『陸放翁詩解 下』鈴木虎雄 著/弘文堂/1954【921/SU96/3】
  
 →掲載無し
 
9.『中国故事成語大辞典』和泉新 編/東京堂出版/1992【R823/チ】
 
 見出し語の読みの五十音順に配列してあったので「は」で引く。
   
 P961掲載 「葉落ちて根に帰す(葉落帰根)〔宋・釈道原『景徳伝灯録』巻五・第三十三祖慧能大師〕
 意味:葉は落ちて根もとに帰る。何事も結局はもとに帰る意。落ち着くところへ落ち着くの意。多くは根本を忘れぬことについていう。
 
 
10.「国立国会デジタルコレクションで宋・釈道原『景徳伝灯録』巻五・第三十三祖慧能大師〕を検索。
 
 →『景徳伝灯録』[2]コマ番号30、8行目に「葉落帰根」と記載あり。(一般公開資料)
  
  
 「落葉帰根」のお尋ねだったが、確認できた資料等では、「葉落帰根」と記載。
  
 以上、調査終了。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921)
参考資料
(Reference materials)
中国故事成語大辞典 和泉新/編 東京堂出版 1992.9 823, ISBN 4-490-10322-0 (P961)
景徳伝灯録 巻五・第三十三祖慧能大師 宋・釈道原 著
「葉落帰根」(ようらくきこん) | 円水社+(プラス) Blog http://ensuisha.jugem.jp/?eid=231 2021.6.5 (校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)の公式Webサイト)
国立国会デジタルコレクション 景徳傳燈録30卷. [2] https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2569894 2021.6.19 (コマ番号30 右8行目)
キーワード
(Keywords)
落葉帰根
葉落帰根
剣南詩稿
陸游
陸放翁
景徳伝灯録
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000301335解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!