このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000006361
事例作成日
(Creation date)
2019/12/21登録日時
(Registration date)
2021年06月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年06月25日 11時46分
質問
(Question)
安土のセミナリオについて載っている本が読みたい。
回答
(Answer)
セミナリオとは、戦国時代から江戸時代に設立された、日本人聖職者(神父)養成学校のこと。以下の資料に、安土のセミナリオについての記述あり。

『キリシタン遺物の研究』(竹村覚/著 開文社 1964年)によると、
天正七年(1579年)来日した巡察使ヴァリニァーノが、布教状況を視察したうえで、教育、文化、布教の計画を立てた。全国を(a)京都、すなわち機内を中心とした地方、(b)豊後、すなわち二豊と四国・中国の一部、(c)下(しも)、すなわち肥筑地方の三区に分け、各区にセミナリオとコレジオを一校ずつ設けることにした。
セミナリオは、通例、神学校という名称で呼ばれているが、実際は専門教育を施すためではなく、少なくとも設立当初は、中等学校程度の一般教育機関であり、神学や哲学を学習するのに必要な基礎的学課を中心に、ラテン語、ポルトガル語、歴史、数学、音楽、絵画、銅板術、楽器、時計の製造術などを教授する計画であった。(コレジオとは、修道会聖職者養成のためのもので、神学、哲学を中心として、高度の研究がおこなわれた、いわば現在の新制大学にあたるもの。)
天正八年(1580年)にまず有馬(長崎県)のセミナリオ、続いて天正九年(1581年)に安土のセミナリオが開校し、両校とも生徒数は二十数名で、多く上流社会の子弟を収容した。(p122-)

『切支丹風土記 第2 近畿 中国編』(宝文館 1960年)
「近江の切支丹」(助野健太郎/著)の章に、安土のセミナリヨ開設の際のヴァリニァーノと織田信長のやりとりのほか、開校後わずか一年後に本能寺の変のため移動を余儀なくされ、有馬のセミナリヨと合併するまでが記載されている。(p253-258)

『近畿キリシタン史話』(松田毅一/著 中央出版社 1949年)
第六章「安土とキリシタン」にセミナリオについて記述あり。(p88-94)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キリシタン遺物の研究 竹村覚/著(1964年)
切支丹風土記 第2 近畿 中国編(1960年)
近畿キリシタン史話 松田毅一/著 中央出版社(1949年)
キーワード
(Keywords)
セミナリオ、セミナリヨ、安土、織田信長、キリシタン、近江、バリニァーノ、バリニヤーノ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
事項
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000300659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決