このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相‐210001
事例作成日
(Creation date)
2021年05月30日登録日時
(Registration date)
2021年06月22日 10時53分更新日時
(Last update)
2021年07月29日 13時01分
質問
(Question)
「花」といえば現代では「桜」を指すが、昔は「梅」だった。いつの時代から、どのような理由で変わったのか知りたい。
回答
(Answer)
・『梅』有岡利幸 法政大学出版局 1999には、
「『万葉集』では「花」と歌われていた梅も、平安前期では「花」といえば桜花を指す」(p.v)とあります。
・『花』西山松之助 法政大学出版局 1978には、
「元来花見は、日本の農耕生活に結びついた桜の花の花しずめに発したもので、人びとの生活に根ざした宗教儀礼でもあった。(中略)このような民俗的行事が、中国文化に触発されて、宮廷の花宴になり、さらに一般的なあそびになっていった。」(p.15)とあります。
「梅の花は、当時(※奈良時代)の花の世界に主役として割り込み、伝統的な花の序列や価値観に動揺を与えた代表的なものだろう」(p.129-130)とあります。
『古今集』では、梅より桜が詠まれることが多くなる。宮廷貴族の文化生活のなかで季節感が誕生した。桜は何よりも美しい花として鑑賞されるようになり、御所の庭の梅が桜に植えかえられた、といったことが書かれています。(p.245-247)
・『植物と日本文化』斎藤正二 八坂書房 1979
p20~「梅」の章では日本における梅の受容の様子、p39~「桜」の章ではサクラと日本人の結びつきについて歴史的な経緯が書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
WEBOPAC「キーワード:花 文化」で検索すると『花 美への行動と日本文化 NHKブックス 328』がヒット。
WEBOPAC「キーワード:桜 文化」で検索すると『桜 2 ものと人間の文化史 137-2』がヒット。同シリーズに「梅」もあることがわかる。
WEBOPAC「キーワード:植物 日本 文化」で検索すると『植物と日本文化』がヒット。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
果樹園芸  (625)
論文集.評論集.講演集  (704)
日本文学  (910)
参考資料
(Reference materials)
有岡利幸 著 , 有岡, 利幸, 1937-. 梅 1. 法政大学出版局, 1999. (ものと人間の文化史 ; 92-1)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002839386-00 , ISBN 4588209213
西山松之助著 , 西山, 松之助. 花 : 美への行動と日本文化. 日本放送出版協会, 1978. (NHKブックス, 328)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I005629409-00
斎藤正二 著 , 斎藤, 正二, 1925-. 植物と日本文化. 八坂書房, 1979. (植物と文化双書)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001442932-00
キーワード
(Keywords)
花(美術上)
花(文学上)
植物(文学上)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000300572解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!