このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福島県立図書館 (2110004)管理番号
(Control number)
福島地域0336
事例作成日
(Creation date)
2020年08月18日登録日時
(Registration date)
2021年06月13日 13時25分更新日時
(Last update)
2021年06月13日 13時45分
質問
(Question)
1.江戸ー明治の二本松藩士、渡辺 敏(ワタナベ ハヤシ)と浅岡一 (アサオカ ハジメ)について載っている資料はないか。なお、二人は兄弟。

2.渡辺家の家系についてわかる資料はないか。代々、渡辺岡衛門という名前だった。

3.浅岡家の家系についてわかる資料はないか。
回答
(Answer)
1.渡辺 敏(ワタナベ ハヤシ)と浅岡一 (アサオカ ハジメ)について載っている資料について
①『歴史浪漫 ふるさとの人物史』 二本松市/〔編〕二本松市 1999
pp.17-18に「渡辺敏」、pp.39-40に「浅岡一」について記載があります。

②『二本松市史 第9巻 各論編』二本松市/編 二本松市 1989
pp.373-374に浅岡一と渡辺敏について記載があります。
また、巻末p.116に「渡辺敏」、巻末p.36に「浅岡一」の没年月日、出生地、死亡地、墓所、幼名と、略歴が載っています。(分量は四分の一ページ程度です。)

③『二本松寺院物語』 平島郡三郎/著 歴史図書社 1975 
pp.371-373に「渡辺敏」、「浅岡一」、「渡辺新助」についての記述があります。特に渡辺新助の死に様について詳しく書かれています。また、渡辺敏が渡辺新助の養子になった所以について(敏と梅窓(新助)が従兄弟の間柄だったことなど)が書かれています(p.373)。

2.渡辺家の家系について
上記資料③『二本松寺院物語』のp.369ーに渡辺家の家系についての詳しい記述がありました。
「渡辺岡右衛門家の祖卯右衛門某は、ー(中略)元和八年始めてわが傑俊公に仕え」(p.369)と書かれており、以降渡辺家の人物について記述されています。

ただし不明確な部分がございますので、正確な内容についてはご自身でご確認ください。
こちらの資料は「国立国会図書館デジタルコレクション」に収録されており、送信参加館内での閲覧が可能です。

【ほか渡辺・浅岡に関する記載】
④『二本松藩史』二本松藩史刊行会/編 臨川書店 1992(1927年に出版された資料の復刻版です)
をお調べしたところ、
p.333「渡邊新助 竹窓先生の孫、貞華先生の嫡子たり。ー(後略)」とありました。
p.384「渡邊竹窓 渡邊敏義の孫なりー(後略)」
p.411「渡邊敏義 通称岡右衛門ー(後略)」とあります。

こちらの資料は「国立国会図書館デジタルコレクション」 に 1927年版 が収録されており 、一般公開しています。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176680
(212コマに「渡邊新助」、238コマに「渡邊竹窓」、251コマに「渡邊敏義」の記述)

②『二本松市史 第9巻 各論編』
巻末p.115にも、「渡辺梅窓 竹窓の孫,貞華の子」、「渡辺貞華 父竹窓」、「渡辺竹窓 渡辺敏義の孫」とあります。

⑤『幕末二本松藩士名鑑 戊辰百五拾年』大友 秀夫/[著] 大友 秀夫 2018
pp.62-63に上記渡邊(渡辺)家の人のプロフィールが記載されています。

⑥『二本松市史 第5巻 資料編』二本松市/編 二本松市 1979
p.1025~に収録されている「給人調書 霞城武鑑」(「明和三年霜月改め」とあり)
に「御内御用達 父弥治兵衛 渡辺岡右衛門」との記載がありました(p.1026)。
父弥治兵衛については同資料に「郡代 二百五十石 渡辺弥治兵衛」とあります(p.1025)。
加えて、p.1033~に収録されている「給人調書」(作成年代未詳。『二本松市史 第5巻 資料編』のp.1046によれば弘化から嘉永はじめまでのものだろう、とのこと)にも「三百石 渡辺 岡右衛門」とありました。(p.1033)

⑦『福島県史 第10巻 上 資料編』 福島県/編 福島県 1967 
二本松藩に関しての記述
「寛政三年御家中覚」
三百石 渡部岡衛門 p.12
「嘉永四年九月御家中御役知行と屋敷」
一三百石 渡部岡衛門殿 p.16
百五十石 浅岡段介 p.19
「年不詳給人調書」
百五拾石 浅岡段介 p.24

3.浅岡家の家系について
③『二本松寺院物語』平島郡三郎/著 歴史図書社 1975
pp.204-206に浅岡家について書かれています。

⑥『二本松市史 第5巻 資料編』 二本松市/編 二本松市 1979
pp.979-1024に収録されている「新家譜」に、浅岡の家について書かれています。
(『二本松市史 第5巻 資料編』のp.1045によれば、「新家譜」とは、1679年をもって終了した「世臣伝」以降118年にわたる家臣系譜、とのことです。)

⑤『幕末二本松藩士名鑑 戊辰百五拾年』大友 秀夫/[著] 大友 秀夫 2018
p.2
浅岡家の3名について一行で簡単に紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000300251解決/未解決
(Resolved / Unresolved)