このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-147
事例作成日
(Creation date)
2021年5月26日登録日時
(Registration date)
2021年05月26日 12時36分更新日時
(Last update)
2021年07月28日 09時49分
質問
(Question)
戦後すぐに存在した「京都市音楽団」について知りたい。
回答
(Answer)
京都市音楽団は昭和20年(1945)11月に結成され,昭和24年(1949)3月31日に解散しました。【資料1・3~5・7】

終戦後,京都市の文化都市づくりのため,復員した海軍音楽隊を受け入れ,楽長2名,楽師7名,楽手56名で結成されました。実際の楽団への参加者は約40人で,本拠地は中京区西ノ京の京都市交通局の建物でした。【資料1・3・5~7】
財政難で解散後,団員の多くは京都市教育委員会へ配属され,その後の京都の器楽教育に功績を残しました。【資料1~3・7】

また,昭和31年(1956)に結成された京都市交響楽団へ,京都市音楽団経験者が数名入団しています。【資料3・6・7】
回答プロセス
(Answering process)
●京都の音楽史に関する資料を確認・・・【資料1~3】
●京都市の市政史に関する資料を確認・・・【資料4】
●国立国会図書館サーチで“京都市音楽団”をキーワードに検索・・・『新聞集成昭和編年史 昭和20年版 5』がヒット。
 目次情報より,京都新聞マイクロフィルム確認・・・【資料5】
●軍楽隊に関する資料を確認・・・【資料6】
●海軍に関する資料を確認・・・該当資料なし
●京都市交響楽団に関する資料を確認・・・【資料7】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762)
器楽合奏  (764)
地方自治.地方行政  (318)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京都楽壇史点景』(木村 和男/著,京都新聞社/編 人文書院 1996)p15~19“京都音楽団”
【資料2】『京都音楽史』(中原 都男/著 音楽之友社 1970)p64“京都市器楽指導員の依嘱と配置”
【資料3】『京都府吹奏楽史 京都府吹奏楽連盟創設30周年記念誌』(30周年実行委員会/編集 京都府吹奏楽連盟 1985)p19~20“戦後・京都吹奏楽界のあれこれ”
【資料4】『京都市会史 (明治22年〜昭和32年)抄本』(京都市会事務局調査課 1989)p40
【資料5】『京都新聞 昭和20年(1945)10月31日』2面“海軍軍楽隊を受入れ 京都市音楽団を編成”【マイクロフィルム】
【資料6】『海軍軍楽隊 日本洋楽史の原典』(楽水会/編 国書刊行会 1984)p215“戦後・京都における 海軍軍楽隊始末記”
【資料7】『京都市交響楽団30年史』(京都市交響楽団 1986)p33,p43,p47~48
キーワード
(Keywords)
京都市音楽団
軍楽隊
吹奏楽
京都市交響楽団
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000299300解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!