このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
練馬区立練馬図書館 (2300093)管理番号
(Control number)
R1004405-57
事例作成日
(Creation date)
2021年04月04日登録日時
(Registration date)
2021年05月09日 17時07分更新日時
(Last update)
2021年05月09日 17時07分
質問
(Question)
世界一大きなカエルを知りたい。
回答
(Answer)
・『カエルの不思議発見』 松井孝爾/著 講談社 1999.6 ISBN4-06-257255-9
*p.39に「世界最大のカエルは?」という項目があり、「世界の最大種は意外にもスリム揃いのアカガエル科にいる。アフリカのカメルーンと赤道ギニアの森林に棲むゴリアスガエルで、最近の記録では一九八九年四月、カメルーンのサナガ川で捕えられた個体が、体長三六・八三センチメートル、後肢を伸すと八八センチメートルほどあった。体重は三・六キログラム。旧約聖書(サムエル記)に出てくる巨人ゴリアテに由来する名に恥じぬ巨体だ。」と記載。
・『かえる大百科』海老沼剛/著 エムピージェー 2008.7 ISBN978-4-89512-553-6
*p.45に「最大のカエル・最小のカエル」というコラムがあり、「カエルの中で最も身体の大きな種類はなんだろうか? 答えはカメルーンなどに生息するゴライアスガエル。この巨大ガエルはなんと体長だけで30㎝以上、足を伸ばすと全長で87㎝にも達するものがいるというから驚きだ。」と記載。
以上から生息地がわかったため、
・『カエル 1 ユーラシア大陸、アフリカ大陸とマダガスカル、オーストラリアと周辺の島々のカエル』海老沼剛/著 誠文堂新光社 2006.2 ISBN4-416-70603-0を確認すると、p.68にゴライアスガエルの項目があり、学名、分布など詳しい解説が記載されている。
他に、
・『カエルの知られざる生態』松橋利光/著 誠文堂新光社 2010.1 ISBN978-4-416-21000-0
*p.29に写真
・『Croak!』黒川宇吉/著 実業之日本社 2017.1 ISBN978-4-408-45616-4
*p.86~87に形態や生態、イラスト
・『カエル』マーク・W.モフェット/著 ほるぷ出版 2012.1 ISBN978-4-593-58455-0
*p.26にゴライアスガエルを子どもが持ち上げている写真(比較で大きさがわかる)
などがあった。
また、世界最小のカエルはキューバ産のヒメガエルで、体長は〇・八五~一・二センチメートル(前述『カエルの不思議発見』p.42)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
カエルの不思議発見 松井孝爾/著 講談社 1999.6 487.85, ISBN 4-06-257255-9
かえる大百科 海老沼剛/著 エムピージェー 2008.7 666.79, ISBN 978-4-89512-553-6
カエル 1 海老沼剛/著 誠文堂新光社 2006.2 666.79, ISBN 4-416-70603-0
カエルの知られざる生態 松橋利光/著 誠文堂新光社 2010.1 487.85, ISBN 978-4-416-21000-0
Croak! 黒川宇吉/著 実業之日本社 2017.1 487.85, ISBN 978-4-408-45616-4
カエル マーク・W.モフェット/著 ほるぷ出版 2012.1 487.85, ISBN 978-4-593-58455-0
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000298118解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!