このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000201617
事例作成日
(Creation date)
20210210登録日時
(Registration date)
2021年05月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年05月10日 14時53分
質問
(Question)
第二次世界大戦で孤児になった子どもたちについて調べています。  
①「1947年の全国孤児一斉調査での佐賀の記述」 
②「①以外の佐賀の戦争孤児」に関する資料はありますか。
回答
(Answer)
1.「1947年の全国孤児一斉調査での佐賀の記述」については、次の資料に記載がありました。  
(1)『全国戦災史実調査報告書 昭和57年度』 日本戦災遺族会 1983 
「全国孤児一斉調査結果(昭和23年2月:厚生省児童局企画課調)」 
p.164 「孤児の男女別年齢別保護者別(昭和23年2月1日現在)」 
佐賀県 男:1183、女:886、年齢別(1~2歳:14、3歳:5、4~7歳:222、8~14歳:922、15~20歳:906)、施設に保護されているもの:216、祖父母、兄、姉、親戚、知人その他により保護されているもの:1775、保護者なくして独立して生活を営むもの:78 
p.165 「孤児の総数種別調(昭和23年2月1日現在)」 
佐賀県 戦災孤児:420(41)、引揚孤児:300(47)、一般孤児:1336(123)、棄迷児:13(5)、以上の内浮浪者の経験がある者:93(76) 
p.166 「浮浪児保護状況調」 佐賀県 本月中の浮浪児数(本月中増加数):4、本月消耗数(保護セル数:4) 
p.206 「未収容の浮浪児数調(昭和22年6月15日:厚生省児童局)」 
佐賀県 未収容の浮浪児数(男):5、未収容の孤児(男):5   

2.「(1)以外で佐賀の戦争孤児」については、当館の調査した資料では、確認できませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369)
参考資料
(Reference materials)
(1)日本戦災遺族会. 全国戦災史実調査報告書 昭和57年度. 日本戦災遺族会, 1983.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001632453-00
キーワード
(Keywords)
棄迷児
浮浪児
戦争孤児
引揚孤児
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000298052解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!