このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20201000200
事例作成日
(Creation date)
2020/02/26登録日時
(Registration date)
2021年04月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年04月22日 00時30分
質問
(Question)
昭和40年代に成田山周辺の大字が、成田市成田から、花崎町や上町などに分割されたと聞いた。その時期と理由を調べたい。
回答
(Answer)
『広報なりた 下巻 広報縮刷版』p.661‐p.662に掲載されている、「広報なりた 昭和49年4月13日発行 特集号」に記事がある。大字名の変更日は、昭和49(1974)年4月12日である。大字成田の全域と大字土屋、郷部、寺台、不動ヶ岡の各一部の地域の大字が変更された。「旧大字成田を、成田、田町、東町、本町、仲町、幸町、上町、花崎町、新町、馬橋、囲護台、南平台の十二大字とし、これに関連して、隣接する大字土屋、郷部、寺台、不動ヶ岡と大字成田との飛地などを整理しました」と書かれている。その理由は、「市からの通知や郵便物が届かなかったり、成田市成田〇〇番地とたずねられても町名の見当がつかないなどの不便の改善をはかろうと行われた」と書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
『成田の地名と歴史』p.158に大字の歩みの「成田」がある。「近現代」の部分に、「1974(昭和49)年4月、大字成田における郵送の不都合などを改善するため大字成田全域と土屋・郷部・寺台・不動ヶ岡の各一部の大字名を変更した。」と書かれている。『成田市史年表』p.398‐p.399の1974(昭和49)年4月を見ると、4月12日に大字の変更がされたことが書かれている。この出典として『広報なりた』の特集号が挙げられているので、広報縮刷版で確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『成田の地名と歴史,,大字別地域の事典』 大字別地域の事典編集会/編 成田市 2011.3 213.5
『成田市史年表』 成田市立図書館/編 成田市 1991 L 210
『広報なりた,下巻,広報縮刷版』 成田市役所 1975.3 318.535
キーワード
(Keywords)
成田市
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地域(成田)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000297456解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!